鬼が来た夜・・・

あの頃はスゴく良かったと思います

中学校三年生の時だったと思います

秋田の長い冬

いつにも増して晩酌の量が増え

ヤカンいっぱいの熱燗を飲み干し

随分気分が良い父さんと一緒に

出稼ぎに出て父親不在のご近所さんをまわり

「節分に鬼がいないのは淋しいだろう」と

デンロク豆の鬼のお面を被り

「鬼が来たぞー」と各家庭に押し掛けました

ビックリするのは子供たちばかりではなく

何の予告も無しに来た来客に

みんな唖然としていたのを覚えています

付いて行ったボクもバカですが

連れて行った父さんもバカだなーと

でもそんな人に育ててもらったから

だから何かスゴく幸せな思い出が多いのかなーと思いました


男親にしか教えられないことをボクもさんちゃんに教えてあげたい

父さんがお金持ちだって家より

厳格で常識があるって家より

父さんが面白い

ただただ優しいって言うのがボクの理想です


スキー教室のあの日

女子のグループを受け持っていた父さんが

スキーウェアーのポケットからスルメを出して渡している姿がパンクでした

あんな風になりたい

あの感じを伝えて生きたいよ

さんちゃんにも
[PR]
by gomashioatama | 2011-01-30 23:19 | Gomashio日記 | Comments(2)
Commented by しんた at 2011-01-31 08:18 x
先日はありがとうございました!

そんな父親同感です!!

ポッケにスルメっ!
かなりパンクだな!
Commented by ゴマシオ at 2011-01-31 13:31 x
しんちゃん
こちらこそおめでとーございます!
ベイビーとても可愛かったよ!
子育ては大変だと言うけれど、どうせすぐに大きくなっちゃうんだから、大変なこともイライラしちゃうことも、「今だけなんだ」と思うと逆に貴重な時間、「淋しく」思えてくるよ!
落ち着いたらお祝いしよう!慎ちゃんもちゃんと寝ようね!
<< 最近の沁みるコーヒー・・・ 友達とハンバーグを食べます・・・ >>