いいものを見た週末。

淋しい歌合戦が続いておりました。

やっぱり目の前で歌を聞けるのはとても贅沢だと思いました。

映像や、CDから聞こえてくるものとは

何かが違う。

鏡に映った自分と人から見られる自分はどっちが自分なのだろう

とか

いつも話してる声と、録音された自分の声はどっちが

本当の声なんだろう

それが微妙に違うように

やっぱり生で見るのは迫力とか

その人のもつオーラみたいなものまで一緒に見れる、感じ取れる

だからスゴイと思った。

楽しかった。

そしてなにより、一番楽しみにしていた人が

一番いい顔をしていた。



平井正也さんのうたは歌詞が素晴らしい

ごく当り前ののようでいてなかなかむずかしい事

言われてみたい言葉がぎっしりつまっている



うきぐもの、あきひとさんとあきひとさんもサイコーで

日の傾きかかったあの時間にぴったりはまっていて

男の人であんなにきれいで透き通った声を聞いたことがないってぐらい

澄んでいた。



とっても楽しい時間だった。

淋しい歌合戦のはずのなのに。

もちろん淋しさは後からジワリジワリと忍び足のように

私に近づいてきましたが・・・。


愛と平和とか、ラブ&ピースとか(…おんなじかっ)世界平和とか

たしかにそうなんだけど

やっぱり家族や友達や、自分が一番大事で

よく神社でお参りする時に

みんなが幸せになりますように

とか

みんなが笑顔でいられますようにって思うんだけど

みんなって、結局どこからどこまでなんだろって思って

違う事をお願いしていたりする。

誰だって愛されたいんだよね。

愛が100%になってはいけないど

そんなことになったら、もう仕事だって何だってできなくなってしまいそうだし

危ない人になってしまうそうだけど

でもいつでもどこかに

ちょっぴりの愛がなかったら生きてけないよなー

・・・とか思う。


そんな事をぐるぐるを頭の中で考えたりしています。


最近気づきました。

朝、寝ぼけながら床をはいていると

毎日毎日はいたりふいたりメンドクサイナー

あ~昼まで寝てみたい

とか悶々と思いながらやっていたりするのだけど

歌をかけてみたらそっちにきがむいて

お!?コレってこんなにいい歌だっけ??

いいねーいいねー♪

と、

そんなことはどうでもよくなる

とゆう事を発見しました。



最近写真を撮る回数も減りました。

出かける機会が減ったとも考えられるけど

自分の目で、耳で記憶した思い出って貴重だなって。

好きな歌は、その時一緒に聞いてた人や

過ごした時間と一緒に思い出になってく様な気がする。


ファインダーごしの映像より実物

ピントが合わないなーなんていってる一瞬に

その一瞬の良い顔を見のがすかもしれないし。

大好きなものは自分の目で見て

自分の手で触るのが一番いいんじゃないかな



そう思うのでした。
[PR]
by gomashioatama | 2011-07-11 18:13 | Gomashio日記 | Comments(4)
Commented at 2011-07-11 18:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 渋谷 at 2011-07-12 08:38 x
ゴマシオさん

音楽も勿論だけど、
いろんな「大切な気持ち」を教えてくれる、
淋しい歌合戦。本当にありがとう。

「あっちー、あっちー」言って。
突然、海に行きましょう。
Commented by gomashioatama at 2011-07-12 10:08
非公開さん
 
こう毎日が真夏日だととろけちゃうねー。
でも熱い日は何もしなくても
精一杯生きてる感じになるから
大丈夫みたいです。
つめたものが飲みたくなるね!
Commented by gomashioatama at 2011-07-12 23:00
渋谷君
いつも本当にありがとうございます。
いろんなメロディーや歌詞から
これって、こうゆう気分になったからできた歌
なんだろうなーとか
いろんな気持ちを考える事が良くあります。
でも聞く人それぞれ微妙に解釈
考える事が違いそうだよね。

こんなに暑いから
カリカリベーコンは、日光フライパンでできないカナ?
<< レットブル・・・ ひとりになって淋しいなって言い... >>