午後のドーナツ・・・

 昨日ドーナツの話をしたので早速今日は朝からドーナツを揚げて誰かが来るのを待っています
f0080704_14454633.jpg


Jaajaの名曲から頂いた『午後のドーナツ』って名前も気に入っていて

キッシュとは打って変わって1つ売れたらポンポンポンと

1人で2つ食べてくれたお客さんもいてあと3つで完売で嬉しいです

今日はお腹一杯になるまでドーナツを食べなくても済みそうです

買ってくれた皆さん本当にありがとうございます


さて、ドーナツがある喫茶店って凄く良いなーって勝手に思っていて

喫茶店でドーナツと言えばその筋ではかなり有名な老舗の喫茶店

京都の六曜社地下店が有名ですが

コーヒーとフォークソング好きの人はご存じでしょうが

高田渡さんの愛弟子のシンガーソングライター、オクノ修さんがマスターの喫茶店で

いつかいつかと思っていてもなかなか京都まで行く用事もなく

オクノさんのコーヒーはまだ1度も飲んだこともないんだけれど

何かって言うとボクは本で読んだり雑誌で見たりする

オクノさんの喫茶店哲学をカッコいいなーとずっと思っていて

ボクの中では勝手にゴマシオに珈琲豆を卸してもらっている

石田珈琲店の石田昌史さんと並んで師匠だと思ってやっています


1000円出して飲む高級ホテルのティールームのコーヒーではなく

何種類もの豆から選んで注文するような難しいコーヒーでもなくて

メニューなんか見なくても『コーヒー』って言えばそれが出て来る

『喫茶店で飲む450円の味がするコーヒー』を何十年も提供し続けているそうで

なんかその、焙煎がどうとかブレンドがどうって具合に

コーヒーの美味しさを追求し続けるんじゃなくて

『喫茶店で飲む450円の味がするコーヒー』って言うのを追求してるって言うのに

ボクは心底カッコいいなーって勝手に共鳴しています


まだまだ足元にも及びませんが

ボクもいつかオクノさんみたいな

ちゃんと胸張った喫茶店のマスターになりたいです


オクノさんの名曲から『夜がそこまで』

ハゼくんが年取ったらオクノさんみたいになりそう怖いです
[PR]
by gomashioatama | 2012-11-16 14:44 | Gomashio日記 | Comments(0)
<< 鉛色の空を見ている・・・ 冬眠してる場合じゃねーよ・・・ >>