君しかいないから・・・

 一晩であっという間に街中が雪景色で

こんな光景はもういつ来てもおかしくなかったんだけど

いざ目の当たりにするとやっぱり身が引き締まります

きっとどこかに「冬」に切り替わるスイッチがあって

誰かがそのスイッチをポチリと押したみたいに

朝早くからどこの家でも一斉に雪かきが始まって

すれ違う人、すれ違う人が口々に

「始まったなー」とか「春まで頑張りましょう」とか

そんな風にお互いがお互いを励ましあっているのが

まるでこれから地獄の世界でも始まるかのようで

それがちょっと大袈裟でなんだかちょっと面白かったです


この2日間と言えば

朝早くから絶望的に大きな雪の塊を見てウンザリもするんだけど

雪かきも始めてしまえば良い運動で「ウリャー」とか「トリャー」とか

道路の真ん中で大人が大きな声を出しても全然変じゃないし

朝から声を出すから悪いものが出ていくようで気分も良くて

ボクみたいに「悪い気」をため込む人はぜひこの冬

雪かきをして「気」のコントロールをすると健全だと思います

とにかくとにかくこれから続く長い冬をご機嫌に暮らせますようにと

あれやこれややってどうにかこうにか春を待ちながら暮らしていこうと思います


それにしても雪かき1つ取っても

子供の頃はぜんぜん分かっていなかった事が次々と

大人になってちゃんと秋田に住むようになって

こうやって自分で雪かきするようになって改めて

やっぱり父さんはすごいんだなーって感心しています

ボクん家に限らず、どこの家でもそうでしょうが、広い敷地をたいてい1人で

朝起きればちゃんと道路までの道がキレイに出来ていて、それが当たり前で

そんな当たり前の事にボクはちゃんと感謝していたのかなーって

そんな幸せな事をちゃんとありがたく考えていたのかなーって

ボクは父さんが作ってくれたその道を歩いていただけで

なんにも知らないままに大人になっちゃったから

今になっていろいろ考えては、やっぱり父さんは偉大だなーって

男は強くなくちゃいけないなーと

強くならなきゃ優しくなれないなーと

いつまでもひ弱な自分を物凄く恥ずかしく思ったりしています


そう言えば

ボクが小さい時から思い出してみても

父さんが自分の欲しいモノを買ってるとこなんか全然見たことないなーって

父さんの部屋のレコードは吉田拓郎とさだまさしで止まったままだし

夏はTシャツ、冬はセーターで流行の服を着てるところも見たことないし

何が好きだったのかなーって思い出してみてもいまいちピンとこなくって

欲しいモノは全部手に入っていたのかなー

それとも自分よりボクらのことばかり考えていたのかなーと

きっと我慢していたんだよなーって

我慢してそれでボクを育ててくれたんだよなーって

「36曲入りで500円だもんな!」なんてね

我慢もせず簡単にCD1枚を買ってしまった自分が

苦しいくらいに情けなく感じちゃって恥ずかしく思えました


毎日の晩酌に熱燗をヤカン一杯飲むのは明らかに飲み過ぎだけど

でもケロッとしてボクら兄弟と相撲をしてくれて

今思うとバカだけど子供相手に結構な大技も出るから

ふすまを破ったりガラスを割ったりして母さんから物凄く怒られたりするんだけど

その大相撲はボクが小学校を卒業するまで続いたし

ボクがプロ野球が好きだからとプロ野球名鑑を毎年買って来てくれて

「衣笠の凄いところ」や「ブーマーの凄いところ」を教えてくれたりして

(ちなみに衣笠の凄いところは休まないところ、ブーマーはボール球を振らないところ)

土曜日の夜だけは子供も夜更かしOKで一緒にゴールデン洋画劇場を見るんだけど

特に武田鉄矢ファンの父さんの解説も聞きながら見る

武田鉄矢主演の「刑事物語」は何回見たか分からないくらい本当に好きで

そう言えば最近はこーちゃんからも

「ナオの父さんって武田鉄矢に似てるよね」なんて言われるようになって

そしたら最終的にボクも

このまま遺伝で年を取ったら武田鉄矢みたいな顔になるのかなーと思ったら嬉しくって

そうそう、ゴールデン洋画劇場が終わってねるとんが始まるまでの間は

「腹減ったな」っていつもサッポロ1番塩ラーメンを作ってくれて

いつも料理なんかしないから麺がベロベロにのびちゃって

おまけに卵を落としてグチャグチャにしたまさにベロベロラーメンなんだけど

自分は一口だけ食べて「旨い!」なんて言っては

結局ラーメンは食べずにコップ酒を飲みだしちゃって

なんでか分からないけどそんなことばかり覚えています


別に父さんが病気でも死んでしまう訳ではないけど

あの時とおんなじシチュエーションでもう1度だけで

父さんが作るあのベロベロラーメンを食べながら

なんかいろんな事を話してみたいなーと

今日ボクは本当に久しぶりに1人で晩御飯を食べたんだけど

なんでか分かんないけどそんな事を思いながら

味気ないごはんを1人でただただ食べました


こちらは「刑事物語」と同じく父さんと一緒に良く見た「タンポポ」の名シーン

ボクのチャーハン好きはきっとこの映画から来ていると思います
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-10 19:42 | Gomashio日記 | Comments(2)
Commented by オレンジピール at 2012-12-12 17:58 x
雪が積もりましたね。マスターのお父様のお話、、
なんだか沁みました。何気ないけど今考えると幸せだったなと
思う事っていっぱいありますね。
雪道がきつくなりましたけど、またおじゃましますね♪



Commented by ゴマシオ at 2012-12-13 14:52 x
オレンジピールさん
コメントありがとうございます!
本当になんでもない幸せが至る所にあったんだなーと思うと、
やさしくなれる気がしてきますね!
まだまだ冬はこれからですが、安全運転でまた遊びに来てくださいね!
<< 世界で一番だったなんて 思い出の卒業アルバムが届きまし... >>