君とコーヒー・・・

 こう言うのを目の当たりにできるからボクは喫茶店が好きなんだと思いました 

ホワイトデーだから何かドラマが起きないかなーって

何日か前に若い男の子から

『14日、彼女の誕生日なのでそれっぽいコースターを描いてもらえませんか?』って電話が来て

『ケーキを注文するのでそれっぽい感じにデコレーションしてもらえませんか?』って電話が来て

そんな感じで彼氏が彼女のためにと、事前にこっそりそんなお願いをされる事はたまにあって

コースターくらいで喜んでもらえるならボクも嬉しいし喜んで引き受けているんだけど

その後も何回か『当日は3時頃に行きますのでどうぞよろしくお願いします!』とか

『やっぱり4時頃になりそうです、スミマセン!』とか

『絶対彼女にバレたくないので自然にお願いします!』とか何度かいろいろお願いをされて

昨日も朝から『これから大平山を出発します!ゴマシオ到着は4時です!』なんて律義に連絡が来て

『こりゃあよっぽど入念だなー』なんて

『こんなに入念に計算して、まさかここでプロポーズとしちゃうのかなー』なんて

きっと面白い事が起こるに違いないとちょっとだけ期待して待っていたんだけど

あれだけ4時と強調していたのになんでか3時に来ちゃっては

ゴマシオに来るのは3回目と言っていたベテランのはずの彼氏が

昨日に限ってはガッチガチに緊張していて、入ってきた途端にストーブにつまずいては

『オットット!』って照れ隠しからかそのままトイレに入っていって

何でか分からないけどストーブにつまずいたのを無かった事にしようとしていて

『絶対彼女にバレたくない!』なんて言ってた割に見るからに動揺している感じで

でもその感じって言うのがいかにも背伸びした男の子って感じがして

ボクはそう言うのがすごく好きだなーと、良いなーと思いました


その後も『モロッコごはん、ミーちゃん風、サンドイッチ、あとボクにアイスコーヒー!』なんて

『食後にもう1度飲み物とデザートを注文しますから!』なんて

なんかいつも以上に饒舌に『それ言わない方が自然じゃないかなー』って事までしゃべっては

こっちに気を使ってかあきらかにいつも以上にたくさんの注文をしてくれてね

一通り食事が済んだのを確認して彼氏がタバコを吸いに外に出たので

『ちょっと伏線張っとこうか!』なんてこっちも気を利かせたつもりで

お皿を下げに行ったついでに1人になった彼女に『どこから来たの?』なんて

いかにも何にも知らないように声を掛けたりしては

『カワイイの書いてください!』なんてお願いされて

食後のカプチーノとケーキを2種類の注文を受けては

さりげなくさりげなく、誕生日っぽいそれっぽい感じのコースターとケーキ、カプチーノを出して

少し早足で厨房に戻ってはこっそり二人の会話に聞き耳を立てていたんだけど

いくら聞き耳を立ててもなんだか一向に盛り上がっている様には思えなくて

『アレ?どうしたんだろう?』なんてこっそり客席を覗いてみたら

盛り上がっているはずの二人がそれぞれにちびまるこちゃんの漫画を読んでいて

とくに会話が弾んでる様子もなく、ただ黙々とそれぞれにケーキを食べていて

『えー、ウソ―、何コレ―、私のために準備してくれたの、嬉しいよ、本当に嬉しい!』なんて

『何言ってるんだよ、それよりホラ、ケーキ食べよう、誕生日おめでとう!』なんて

そんな絵に描いた様な熱いイチャイチャを見たかったボクは唖然としてしまって

それどころか『誕生日おめでとう!結婚しよう!』が飛び出るんじゃないかと

無い話じゃないからなーと、密かにちょっと期待していただけに

『え、じゃあ何であんなに入念な連絡をしてきたんだろう?』って

『あ、そうかBGMが足りないのか!そうだそうだ、これならきっと盛り上がる!』なんて

とっておきのラブソング、尾崎豊の『I LOVE YOU』を流してみたんだけど

北の国からのレイちゃんなら『えー、尾崎!私も好き!』なんて言ってくれたんでしょうが

他に誰もいない喫茶店、二人のための『I LOVE YOU』

ボクがその男の子だったら大きめの雑誌に隠れて彼女のオッパイくらいこっそり触っただろうに

ただ空しく他に誰もいない店内に響き渡る『I LOVE YOU』

まるでボクが悪いみたいなこの感じは何なんだろうって

帰り際、会計を済ましてから少し話したら

ふたりとも照れながら恥ずかしそうに笑っては『また来ます』なんて言ってくれて

名残惜しそうに彼女が彼氏におねだりしては

レジ前の焼き菓子を1つ買ってくれて

多分きっとそうなんだよね

何だって大袈裟に声を大きくすればたくさんの人の耳に届くだろうけれど

でもそれが本当って限らない事が生活の中にはゴロゴロあって

目の前で起きてる事がボクの本当の事でだからボクにはちゃんと伝わって来て

何事もなかったみたいにただの喫茶店だったんだよね

なんか上手く言えないけどこの感じがボクの好きな喫茶店みたいで

なんか上手く言えないけどこう言うのが1番ドラマチックだなーと思いました


今週はずっとお客さんが多くて『やったね!』って喜んでいたけど

ジンクス通り、今日はボク1人で営業だったためお客さんが少なくて残念でした
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-15 17:09 | Gomashio日記 | Comments(3)
Commented at 2013-03-16 22:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gomashioatama at 2013-03-18 14:23
非公開さん
コメントありがとうございます!
日常が1番ドラマチックと言うか、思ってたより何にもなかったけどでもそれが良いなーと思いました!
雪解けしましたのでまたはるばる遊びに来て下さいね!はるかぜ吹いたよ!
Commented by ナイキランニング at 2013-09-16 06:17 x
Hi there! I know this is kinda off topic however , I'd figured I'd ask. Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog post or vice-versa? My blog covers a lot of the same topics as yours and I feel we could greatly benefit from each other. If you are interested feel free to send me an email. I look forward to hearing from you! Terrific blog by the way!
<< 春分の日 3/20(水)の営業... 『大森靖子の淋しい歌合戦』・・・ >>