目が痛え・・・

 11月はボクの暦の中では印象が薄目なのですが

『えー、もう今年も2ヶ月しかないんだなー』って

カレンダーを見る度に1年の早さが怖くなって

気を締め直して今日から11月の始まりです


月初めで気を締め直したはずなのに『カプチーノ』を注文されたお客さんに

うっかり『カフェラテ』を出してしまって

出した瞬間に『しまった!』って、もう1度『カプチーノ』を淹れ直して

締めても締めても抜けてるなーと

まだまだボクの大好きな喫茶店には程遠いなーと反省しました


そのせいもあってか、秋の終わりの3連休は初日でしたが

週末にしてはお昼もお客さんが少なめで

夕方からはガラーンとしたもので、残った大量のご飯を見て苦笑いしています

最近は週末にご飯が残るような事がなかったので

それどころか追加して1日に1.5升くらいは炊く事の方が多かったので

久しぶりにこーちゃんと噛み締める様にチャーハンにして食べました

チャーハンは本当に凄い、1人で3合くらいのご飯を食べれちゃう魔法の食べ物です


今週は息の長い、ずっと通ってくれているお客さん達が日替わりで来てくれた1週間で

その中の1人に、70歳くらいのボクがこっそり『死神爺さん』って呼んでいる

ヒョロリと背が高くて、寡黙で白髪でパリッした服装で

昭和の愛すべき喫茶店からタイムスリップして来たみたいな

如何にも『喫茶人』って感じのすごく品がある

サンドイッチとコーヒーが好きなお爺さんがいて

ここ何回か満席で空振りに終わっていたのが余程に悔しかったのか

いつものサンドイッチとカフェラテアイスをあっという間に食べ終えると

続け様にコーヒーとケーキを追加注文してくれて

いつもと同じ様に本棚からは『コーヒーもう1杯』と言う漫画を1冊取り出して

誰もいない店内で、コーヒーをすすり飲むようにしては

ケーキを勿体ぶりながらゆっくりと口に運んでいて

その人が誰で、何が好きで、何をやっているかなんて全然知らなくても

その人が誰で、何が好きで、何をやっているのか想像して

『あー、この人はきっと昔は病院の院長で、定年して時間を弄ばせていて

いつもいつも良い喫茶店はないかと街中の喫茶店をしらみつぶしに巡っていて

それでこんなちゃんとした看板もない様な寂れた喫茶店が見つけて

ビートルズが流れる、若い頃に好きだったあの喫茶店と思い出を重ねて

初めてその喫茶店でデートをした、死に別れた奥さんの好きなサンドイッチをお墓に供える為に

だから時々サンドイッチを2つテイクアウトして帰るんだ!』って

そんな『ありもしない』事をいつもいつも想像しながら

改めてボクと君の喫茶店について考えたりもしました


いろいろ話をして仲良くなったお客さんもいれば

ほとんど話したこともないのになんとなく心で分かり合っているつもりのお客さんもいて

6年間ずっと劇団員だと思って接していた人が高校の先生だったりして

そんな人に向かって、『やっぱり劇団は大変ですか?』なんて話してビックリする事もありますが

隠すつもりはないけど言うまでもない事って言うか

言わなくて良い事や聞かなくても良い事が君とボクの喫茶店にはたくさんあって

関わり方はそのお客さん毎にそれぞれですが

時間とか回数とか積み重ねてきた歴史はやっぱり愛おしくて

『票は愛です!』って大島優子ちゃんはそう言った事でネットで叩かれたりもしていましたが

ボクもそう思うと言うか、来てくれた数だけやっぱり嬉しいし

何かする度に反応してくれたらそれが嬉しくて

遠くの人だってそうです、帰ってくる度にわざわざ来てくれたら

その1回が例えば10回くらいに嬉しく感じるし

そのおかげでボクは好き勝手喫茶店をできている訳で

あなたの事なんか全然知らないけど

あなたがいて、あなたがいて、あなたがいてくれて本当に良かったなーと思っています


ゴマシオを始めた頃に比べたら年々お客さんがたくさん来てくれる様になって

以前に比べたら『ゆっくり』とは『のんびり』とは

『いつ行ってもお客さん全然いなくて良いなー』って

いわゆる『自分だけの居心地の良い店』ではなくなってしまったのかも知れませんが

わざわざコーヒー1杯のために1時間も時間を潰してくれたり

わざわざお客さんの少ない時間帯を狙って来てくれたり

『今日は誰もいないと思った!』って、わざわざ悪天候の日を狙って来てくれる人までいて

そんな『わざわざ』の積み重ねでボクと君の喫茶店が生かされていると思うと

『当たり前』の様に通ってくれたそんなたくさんの皆さんに支えられて

それでそれを『当たり前』みたいに思ってしまっている自分が恥ずかしくて

もらった『恩』をちゃんと返していけるくらいになります

そんな喫茶店にしなくちゃなーと改めてそんな風に思いました


11月は勤労感謝の日があるので照れずにみんなに感謝を伝える月間にしたいです

ボクに会いに来てくれるあなたと同じ様に

ボクも会いたかったあなたに会えると、それが本当に嬉しいです


『ブログってなんで書くんだろう?』って思う事があって

それでなんか距離を取っちゃったと言うか

自分で書いてる事の全部が全部、『自己顕示欲』に思えてしまって『自分語り』で

『クソですね!』って、カッコ悪いなー』って思ってしまって

それであんまりいろいろ書くのがイヤになったと言うか

『オレを好きな人はゴマシオに来てくれるから、わざわざ書く事なんかないんじゃないか?』って

わざわざ、わざわざでここに書く事なんか1つもないと思ったけど

そもそもボクは『こころ』を売り物にした喫茶店をやりたかった訳で

ちょいちょいとブログを書く癖を取り戻したいなーと改めてそう思ったのも

あなたとあなたとあなたが『いつも見てます』って言ってくれるからで

うっとおしくても、お節介でも、自己顕示欲でも、かまってちゃんでも

ボクはボクと向き合って、ボクはあなたと向き合って

あなたとあなたとあなたに手紙を書く様に書いていかなきゃなーとそう思ったんです

ありがとう、とても大事な事に気がついた気がします


12/2に場所は東京ですが

『僕のレテパシーズ』と『マーガレットズロース』と『KETTLES』が対バンします

ボクの中では夢の対バンなので許されるならゴマシオを1日休んで東京に行きたいです

『KETTLES』、ライブを見た事がないけど

『夢の中まで』のPVがとても好きで見る度に感動してしまいます

『真面目にやるから良いって訳ではないし、適当だから良いって訳でもないし、

真剣にやってますよで済まされるもんでもないから、正面から向き合いたい』って

コイケさんの言葉にいちいち痺れてしまいます

気が悪い時なんか車の中でこの曲ばかり聞いていて

高校生に戻れるなら近江くんと二人であのむさくるしかった工業高校の学祭で

この曲のコピーバンドをして熱くなりたいです


最後のところのコイケさんの目がとても良いよね
[PR]
by gomashioatama | 2014-11-01 21:33 | Gomashio日記 | Comments(0)
<< 夕方に飲んだインスタントコーヒ... 『大森靖子全国ツアー ❤爆裂!... >>