小沢健二とかピチカートファイブとか・・・


 カラオケで

小沢健二とかピチカートファイブを歌う女の子がいたら

顔がタイプでなくても

オッパイが小さくても(性格がキツイのは無理ですが)

それだけで少し

その子の事を好きになる自信があります

こんばんわ シェフです


さてさて

ボクの小沢健二好きは有名な話ですが

「音楽ルーツはなんですか?」

なんて聞かれた際には間髪いれず

「小沢健二です」

と答えてしまう自信がありますが

1度だけボク

小沢健二を裏切った事があります


ちょうど二十歳くらいの時って

自分なりに背伸びする時期がくるじゃないですか

その頃なんだかね

ボクの周りでもブラックな音楽がカッコイイとされてる時期で

ボク

「小沢健二」とか「スチャダラパー」とか

「ピチカートファイブ」とか「コモエスタ」とか

そんな感じの

「渋谷系」と言われる音楽が好きだったんですけど(もちろん今でも大好きですけど)

あまりにも東京トライブ

あまりにもIWGPな勢いに押されて

「渋谷系」カッコ悪いなって思っちゃったんですよね

今思えばね

周りに流されてる自分が

もちろん1番カッコ悪かったんですけどね

なんとなく

カッコイイ人達って洋楽ばかり聞いてるイメージもあって

地に足つかない状態で

とりあえずブラックなレコードばっかり買っていたんですけど

ボク完全に見失っちゃっていましたね

自分が聴きたい音楽

いやね

ブラックな音楽はカッコイイと思いますよ

今だってそれなりに買ったり聞いてみたり

三浦くんの選曲で首がもげるほどノっちゃったりすることも多々ありますよ

でも

QBOくんや三浦くんみたいに

「極めてます」みたいな感じまでいけない自分がカッコ悪い

モテそうだから「ブラック」

モテそうだから聞いてた感じの自分がイヤなんですよ

自分の好きなモノ完全否定して

不純な自分に嫌気が差したんですよね

「ダメだな~ボク」って


それで

まあすぐに

すぐにって言っても2年ぐらいして

「ボクはブラックじゃないな」



「ボクはやっぱりラブリーなんだな」



自分が好きな音楽を

他人じゃなくて

自分の好きな音楽を純粋に聴く楽しみを復活させたんですけど

今でも後悔しているのはね

仙台で良く行っていたリサイクルショップで

以前から欲しくて欲しくてたまらなかった

小沢健二の「LIFE」アナログ盤が

たったの700円で売っていたにも関らず(今やヤフオクで1万円コース)

ブラック最高潮のボクは

「ダセーよ、オザケン」

って

こんなに好きなのに買い逃した時の事

二日後ぐらいに

「やっぱり好き」

「ワタシ、やっぱりあなたの事が好き」

なんて

ありがちなドラマみたいにお店に駆け込んで見たものの

「あ、アレね、アレ昨日売れちゃったよ」

の御返答



なので

好きなモノには正直であろうと思います

それが他人には伝わらなくても

自分だけ楽しんじゃえばいいんじゃないかと
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-24 22:41 | Gomashio日記 | Comments(2)
Commented by みぽ at 2006-11-27 09:57 x
私も公には言ってませんが、今でもピチカート好きですよ。中学時代の私にとってピチカートが「東京」という存在でした(笑)「東京は夜の7時」とかね。東京ってオシャレで楽しいんだって!
スチャダラパーの「サマージャム95」(95だよね?)は今でもダルイ夏に聞きたくなる秘かな名曲。「今夜はブギーバック」?懐かしすぎて曲名も定かではありませんが(笑)もやたら聞きましたね。
カヒミカリィ もかわいかったが最近居るかな?私的には小沢健二と深津絵里カップル、カヒミと小山田圭吾カップルも東京の憧れカップルでしたな。
曽我部話といいシェフは引き出したくさんもってますね~
Commented by gomashioatama at 2006-11-27 16:57
みぽさん
ピチカート、ボクはマジック・カーペットラブが1番好きです。
「そしていつかぼくたちにも子供が生まれるだろう
 でもいつまでもふたり遊んで暮らせるなら
 同じベットで抱き合って死ねるなら・・・」
のくだりは、もう涙なしではいられません。
今だに結婚式で流したい曲No.1ですね!
サマーJAMはボクも思い出深い曲ですね!
「夏、クラブ、ナンパ、思い出、テキーラ」ですもんね!
みぽさんとは何かと話が合うみたいなので、いつか「思い出交換会」しないといけないですね!
<< うらやましい・・・ さびしいとか・・・ >>