音・・・


 みうらじゅんの本を読んでいたら

ちょっと昔話をしてみたくなりまして

今日は

ボクが初めて実家を出た18才の時のお話


「採用してもらえるならどこでも良いですよ」

なんて

面接中、心にも思っていないことを言ったせいか

または日ごろの行いが今以上に悪かったからか

ボクの初めての配属先は仙台に決まりました


初めての1人暮らしに向けて

準備することはそれこそ山ほどあったはずなんですけど

周りの友達も何かと準備で忙しくしていたんですけど

18才はヤリタイ盛り

引越しの準備より今を生きるのに精一杯

そのせいもあって

実家からは

布団と洋服

あとはラジカセを1つ持っていくだけ

仙台での最初の1年間は

部屋にテレビもない状態で暮らしていました


テレビもパソコンもない生活は

1人ぼっちの淋しい気持ちを増幅させましたが

音楽を聞くしかない部屋の中で

考えたり

悩んだり

落ち込んだり

迷ったり

そうやって過ごした時間は

今考えれば

それはそれでちょっと贅沢

あの時書いたラブレターは

今のボクには到底書けないくらい繊細だっただろうし

あの時聞いていた歌は

時間が経っても忘れることがありませんね


なので

パソコンはそれこそ

それはそれは死ぬほど便利なんですが

買うだけ買って満足してしまっている山積みのレコードたちに

昔好きだったあの曲に

もっともっと耳を傾けようかなとそんなこと

今日は少しセンチメンタルになってしまいます
f0080704_23341527.jpg

[PR]
by gomashioatama | 2007-02-09 23:35 | Gomashio日記 | Comments(0)
<< 休憩中・・・ ルルが効く・・・ >>