たね・・・

 何かを発信するという事は

やっぱりとてもエネルギーがいることですね


「ものすごく良かった」と言う声とは裏腹に

人づてに

ボクらの映画を悪く言っている人の話を聞きまして

まあ別に

おもしくないのは人それぞれですから良いんですけど

ビックリするほどおもしろかったら(ボクはもちろんビックリするほどおもしろいと思うんですが)

それこそ1000円くらいもらって上映会をする訳で

シロウトが作ったから500円

500円でアレなら(マダムのお菓子代を引けば、実質300円くらいのもので)

ボクがお客さんだったら

ぜったい大満足だと思うんだけど

どーなんでしょうね


人はそれぞれ

価値観が違うからおかしいね

結局ボクも

「ボク」と言うフィールドの中が大好きな訳で

「ボクら」の中に陶酔しているだけかもしれませんしね


でもまあ思うんです

ボクはきっと

そんなことを言う人とは

ボクをキライな人とはきっと

これからもぜったい

交じり合うことはないんだろうなって


なめんなよ

インテリヤロー

なめんなよ

このやろう
[PR]
by gomashioatama | 2007-05-10 22:35 | Gomashio日記 | Comments(2)
Commented by sue at 2007-05-10 23:05 x
はじめまして、こんばんわ。私もあの上映会に行ったものなんですが、一人で行きまして、すごくいい刺激を受けて帰宅できまして。だからまた上映会があったら見たいです。顔を知ってる人だったり、言葉を交わしたことがうっすらとあるかもしれないからではなく、どんなないようかとかじゃなく、いえ、お話も素敵だったのですが、映画を作ったのですごいと思いました。しかも楽しくなんてなんて素敵なんでしょー。とか思ったりしました。

作っても人に見せないと。作ったら人に見せないと。なんて思いました。すごい恥ずかしいんですけど、そういう行為は恥ずかしいんですけど、見てほしいから表現するんだろうなと思いました。長々と失礼しました。

次回作も仙台上映会も成功するといいです。
Commented by gomashioatama at 2007-05-10 23:31
sueさん
ありがとうございます。
sueさんのような声が何よりも励みになります。
ボクらはみんな、特にボクがですけど、目立ちたがり屋でお調子モノなんです。おだてられれば気分が良いし、叩かれれば凹んでしまいます。
でもやっぱり、楽しいことを発信することをやめれません。
自分が楽しくて周りも楽しんでくれたら最高ですもんね。
映画もcafeのボクの自己満足かもしれません。それでもそれをやってみたい。やってみないと分からないですもんね。
どうかこれからもボクらの活動に遊びに来てください。
多少落ち込んでいるタイミングに、コメントほんとうにどうもありがとうございます。
<< 風の強い日・・・ おとなになんかならないで・・・ >>