その時ボクは考えるんだ・・・

 毎日とは言いませんが

平日の午前中や閉店前は

それこそガランとしたもので

ストーブの上に上がった

タライの蒸気がシュウシュウと言うのを聞きながら

その時間も有効に使わなくてはと

仕込みやら何やらをやっているのです


店内にマダムとふたりっきりなので

ちょっとふざけ合いながら

BGMを思いっきり変えてみたり

ボクお得意の神に祈りを捧げてみたり

本棚の本をパラパラっとめくって

そういえばこの本を読んでいた頃はこーだったねとか

こどもが生まれてからは

ふたりだけの時間と言うのがあまりなかったので

たしかに

こんな時間があると言うことは

お店としては喜ばしくないことかも知れませんが

何か特別な時間なのです


「あの時、ボクはこんなに君を好きだったんだよ」とか

「あら、私だってそうよ」とか

「君のおかげでボクはほんとうに幸せなんだ」とか

「あら、私こそ幸せよ」とか

他人が聞いたら笑ってしまいそうなことを

言い合ってはクスクス笑い合っています


ただ

そう言う時に限ってお客さんが来てくれるので

「油断してたね」なんて言いながら

ボクはコーヒーを煎れることになるのです
[PR]
by gomashioatama | 2008-12-02 14:59 | Gomashio日記 | Comments(1)
Commented at 2008-12-02 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ボクは君が大好きだから・・・ 知らなかった・・・ >>