<   2006年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

革ジャン・・・


 革ジャンが好きです

ジャンでなくても

革が好きなのです

こんにちわ シェフです


この間秋田に帰った時もそうでしたが

友だちが集まると

みんなの服を見渡してみますと

みんなアウターは

革、革、革です

それこそ

どこかの回し者のように

みんな揃えたように革をまとっているものですから

パッと見は異様な感じがしますね


ボクもこの間

またしても古着のライダースを購入したんですけど(家に同じようなのが2個あるのにね)

さすがはレディースのSサイズ

ピタピタ感がたまりませんね

ボク

動きづらいくらいピタピタしてないと

逆に着た感じがしないのでダメなんですよね

確かに

ショットとか良いメーカーのは

そりゃあカッコイイから

ほんとうはそっちを買いたい気持ちもあったんですけど

なんと言ってもサイズが命

いくらカッコ良くても

いくら良いメーカーでも

腕周りの太さ(バイカーは筋肉質ですからね)

肉厚ボディーは

残念ながら軟弱なボクの体にはちょっと似合いませんでしたね


なので

偉そうに良いますと

自分に似合う服を着ようと思うんです

高いお金を出すより

ブランド買いするより

やっぱり似合う服を

似合う服を見つけることが重要ですね


つまり

ショットのライダースがカッコイイんじゃなく

ショットのライダースを着た

たいちゃんが

ミツルくんが

カッコイイと言うお話です


今日から夜勤

抗鬱剤は捨ててしまおう
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-30 14:27 | Gomashio日記 | Comments(0)

処方箋は・・・


 薬が効いたのか

または

息つくヒマなく仕事が続いたためか

または

さっき久しぶりに(って言っても1週間くらい振りに)

NOBUくんと電話で大笑いしたからか

何となく気分も回復気味

気分の落ち込みをなんのその

マダムとふたり

ビールなんか飲んで上機嫌です

こんばんわ シェフです


やっぱり

薬なんかに頼っちゃいけないですよね

ようは気持ちの持ちよう

処方箋は友だち

NOBUくんなのです

落ち込んだら誰かとおしゃべりをする

友だちとおしゃべりすれば

それだけで元気になれるんです

カンタンなヤツですね

ボク


なので

みなさん心配御無用

オッケー

気分爽快

今日は飲み潰れよう

なんて非常に軽い気分なのであります


最後に

gomashio-movie第2弾

そろそろクランクインの匂いが漂ってまいりましたよ

出演予定の皆さん

着々と準備の方よろしくお願いします
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-29 23:20 | Gomashio日記 | Comments(9)

アマゾンのお産婆さん

とゆう番組を見ました。

かなりリアルなんだけど、私は好き。

出産シーンが度々登場するからきっと

旦那ちゃまがいたら確実に見ないだろう番組。

何かほんとに、ありのままなの。

一番驚いたのは

出てきたんだけど、え??

死んでないこれ???


へその緒が首にぐるぐる巻きで、泣かないし

動かないし

目は開いてるけど、一点を見たままうごがないし

だけど、映像は??語(アマゾンって何語はなすんだ?)

でも、みんな冷静・・・・。

見てるあたしだけ

え?

えーーーっ??

うえぇーーー??

そんで、口の中に指とかぐりぐり入れて

鼻とかつまんだり、背中叩いたり

必死に息させようとしていた。

その後、無事に産声を上げてホッと一安心。


やっぱり出産って凄いわ。

5~6人の人が出産してたけど

アタシみたいに、ピーピー泣いたり

悲鳴?奇声??出してる人いなかったよー(笑)


思ったのが

アマゾンの子供も生まれた時は、黄色。

アマゾンの産婆さん、船こいでるのにはいてるのはスカート。

・・・・・、

まあどうでもいいことなんだけどね。


コレ、NHKの番組なんだけど

大手テレビ局のドキュメンッタリーとは一味も

ふた味も違う。

確かに高度な編集技術も

上手いこと構成されてるわけでもない

でも、あえてリアルなまま伝えているからこそ

なにか深く見入ってしまったのかもしれない。



エンドロールを見ていたら

制作は【フランス】でした。

さすが・・・・。

なんて、ここでも少しフランスびいき。


なんともまとまりのない文章になっちゃったけど

今日一番の刺激?

衝撃だったからつい

ツイ書いてしまいました。


あ、

そうそう、

旦那ちゃまが飲んだとゆう、抗鬱剤

アレ、実は「精神安定剤」だから余計安定??

いや、気分が沈んで

どん底になってたらどーしましょ(笑)
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-29 21:03 | Gomashio日記 | Comments(0)

憂鬱なのか何なのか・・・


 今日は午後から仕事なのに

あまりにも

気分が乗らない日が続いたもので

昨日も早めに就寝してしまいました

朝は6時に起きて

昨日見ようと思って借りてきた

「すきだ」

と言う

宮崎あおいちゃん主演の映画を見たんですけど

それでもぜんぜん気分は晴れず

もじゃもじゃの新曲を練習しても

とろろごはんを食べても

ちっとも心が晴れない

ちょっと間違うとうっかり

「あ~、何かツライ」

みたいな気分に浸かってしまうものですから

このままだと

マダムにも

さんちゃんにも悪いので

ついさっき

生まれて初めて

抗鬱剤を飲んでみました

鬱を抑える

「抗鬱剤」

ちょっと怖いですけど効果が楽しみです


なので

結果は

今夜

今夜発表します

超ハイテンションになれるのかボク
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-29 15:02 | Gomashio日記 | Comments(2)

最近思ったこと

この頃テレビでは、教育を見直す番組

いじめ問題の特番

なんかが連日放送されてるんだけど

考え方が子供のまま大人社会に入って

だから大人のいじめ

パワーハラスメント?だっけ?

とかもあったり、何か変な世の中だなーって。

実際アタシもよくわかんない事だらけで

25才になってはいるけど、立派な大人じゃないし

ただ思ったのが

子供に何かしてあげるのは、もちろん大事な事なんだけど

その前に口で言うよりも

頑張ってる大人の姿を見せてあげる方が

ずっと理解しやすいのかなー??

って。



中学校の部活の事とか思い出したら

なんで、何のためにアタシは毎日あんなに頑張ってたんだろう??

と、疑問に思って

よくよく、考えてみたら

周りに頑張ってる大人の影があったんだなーっと。

10キロを走るのに自転車で追いかけるんじゃなくて

一緒に走ってた先生。

一緒になって汗だくになってた先生。

一緒に泣いてくれる先生。

3も部活を掛け持ちしてたけど

さらにそれに加えて勉強も頑張ってた先輩。

ただ口でああしろ、こうしろ!!

って言われるだけなら、とっくに投げ出してたんだろーな・・・。


なんてことを、お風呂にはいりながら

ボケーっと

考えちゃってました。

だから?

だから、

結局のところ、ウチはCafeをやるべきなんです(笑)

サンちゃんが、寂しさのあまりグレる・・・・

とゆう自体だけは避けたいものだわっ。



今日はどんよりしてて

サムイ・・・・。

冬になってきたなぁー***

そろそろ、タルトタタンが食べたくなったきたああぁ(><)

チャイも美味しい季節♪

さむ~い

ブルブルッってしながら

あったかいマグを両手で抱えて飲むの

いいなー、そうゆうの♪


なんて、可愛いこと言っといて

今日の晩ごはんは、モツ煮込みなの。

女の子なのに実は、ここだけの話

ダイスキ・・・(笑)

昨日の夜から仕込んでて、だんだんいい感じになってきたよぉー。

イヒヒッ。
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-28 12:04 | Gomashio日記 | Comments(0)

法則は・・・


 良い曲だと思う曲を

1つづつ思い返してみたら

小沢健二も

Fishmanesも

曽我部恵一も

bonobonsも

みんな

「baby」

「ベイビー」

を歌詞に使っていることに気がつきました

「baby」



口に出すと恥ずかしいけど

歌に乗せるとカッコイイのです


なので

もじゃもじゃ兄弟も

「baby」



照れずに

「bady」

を歌ってみようと思っているそうです

そう

新曲は

「baby」

この冬みなさまに

もう一度もじゃもじゃの歌声を

歌声を届けれたらな思います


まあ

「こまち」はウンザリだと

西荻窪から来るのは厄介だと

さんざんブーを

ブーを垂れるんでしょうけどね
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-27 18:26 | Gomashio日記 | Comments(2)

夜が早い。

きずくとすぐ暗くなってて

風も冷たくなってきて

ああー冬なんだなって・・・・・。

特に何もしてないんだけど

あっとゆう間に夜になって

サンちゃんを寝かしつけながら

ハッとして、2時ってことが続いてる・・・・。

あーダメダメ生活だわ。


サンちゃん1歳すぎたけど、まだ立つ気はないらしいし

言葉も宇宙人語だー。

姪っ子たちが早かったせいか気にはなるけど

まあ、個性だからいいとしよう。

最近はまね事??をたくさんしてくれます。

ペンをはし代わりに、何か食べてるフリ

お風呂でシャンプーボトルプッシュして、頭ゴシゴシ

あたしの体から泡をすくって、自分の足をナデナデ

まあ、サンちゃんなりにたくさんの事を吸収してるんだなーと

ゆっくりゆっくり。

とはいえ、昨日

サンちゃん運動会びりけっつ

だったらヤダねーって。

ワタシも旦那ちゃまも足は速いほうなので

もちろんサンちゃんにも、そこらへんは多少期待しちゃう(笑)


そうそう、

昨日 JET のタイちゃんからサンちゃんに贈り物が・・・。

お気に入りだったモジャモジャ兄弟のテープを

自ら壊してしまったサンちゃんに

リニューアルバージョン

新曲つきが届いたの。

相変らずノリノリのサンちゃん♪

前回おまけにトトロだったのですが今回は

キンニクマンでした。

嬉しいね、こうゆうの。

こうゆう事してくれる友達がいるって事。


そう言えばこの前

だんなちゃまとミウラ君が遊んだ時に

ミウラ君が「こーちゃんは良くできた人だよ!って伝えておいて」

と言ってくれてたそう・・・・。

旦那ちゃまの友達達の中でも

ミウラ君と話す機会とか少ないし

私自身、ミウラ君のことはチョビットしか知らなくて

なんだけど

そんな風に思ってくれてたことを知って

なんだかとっても嬉しくなりました。

ここのところ、自己嫌悪になりやすくて

旦那ちゃまに少し(ってことにしておこう)あたちゃったり・・・

そんななのに

こうゆうタイミングで、そんな事言ってもらえて

嬉しさ倍増だね。

ほんと、みんなに感謝だわ。
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-27 12:46 | Gomashio日記 | Comments(0)

やっぱりさ・・・


 やっぱりですよ

見る側よりも

ヤル側の人間でありたい訳です

「ヤラれたね」

なんて

「ヤリたいね」

なんて

口で言ってるだけじゃあやらないのと一緒

結局何にも変化がない訳です

誰かにやられる前に自分が行動しないと

指をくわえて見ているだけだと

最初から言わない方がマシですね


なので

自分にプレッシャーは大好物

口だけにならないように

ちゃんとしないとね

うーん

Cafeをやろう

そんでその前に

映画を撮ろう

舞台をやろう


あッ

今売っているアンドナウに

gomashio film fesの記事が載っているらしいです

白黒らしいですが

小さいらしいですが

ぜひ見てみてくださいね
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-27 00:20 | Gomashio日記 | Comments(0)

うらやましい・・・


 ものすごい事になったみたいですね

昨日の大曲

QBOくんの主催するミュージックイベント

「RUSH」

残念ながらボクは行けませんでしたが

大盛り上がりだったみたいで

正直ヤキモチですね

自分がいない場でおもしろいことが起こってると

「あ~、やっぱり向こうに住んでないとなんともならないな~」



自分だけ取り残された感じに

少々、打ちのめされた気分にすらなります

「いいな~、いいな~」

って

そればっかりだと淋しいですけど

ほんとうにうらやましいです

ずりーな

大曲市民
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-26 18:00 | Gomashio日記 | Comments(4)

小沢健二とかピチカートファイブとか・・・


 カラオケで

小沢健二とかピチカートファイブを歌う女の子がいたら

顔がタイプでなくても

オッパイが小さくても(性格がキツイのは無理ですが)

それだけで少し

その子の事を好きになる自信があります

こんばんわ シェフです


さてさて

ボクの小沢健二好きは有名な話ですが

「音楽ルーツはなんですか?」

なんて聞かれた際には間髪いれず

「小沢健二です」

と答えてしまう自信がありますが

1度だけボク

小沢健二を裏切った事があります


ちょうど二十歳くらいの時って

自分なりに背伸びする時期がくるじゃないですか

その頃なんだかね

ボクの周りでもブラックな音楽がカッコイイとされてる時期で

ボク

「小沢健二」とか「スチャダラパー」とか

「ピチカートファイブ」とか「コモエスタ」とか

そんな感じの

「渋谷系」と言われる音楽が好きだったんですけど(もちろん今でも大好きですけど)

あまりにも東京トライブ

あまりにもIWGPな勢いに押されて

「渋谷系」カッコ悪いなって思っちゃったんですよね

今思えばね

周りに流されてる自分が

もちろん1番カッコ悪かったんですけどね

なんとなく

カッコイイ人達って洋楽ばかり聞いてるイメージもあって

地に足つかない状態で

とりあえずブラックなレコードばっかり買っていたんですけど

ボク完全に見失っちゃっていましたね

自分が聴きたい音楽

いやね

ブラックな音楽はカッコイイと思いますよ

今だってそれなりに買ったり聞いてみたり

三浦くんの選曲で首がもげるほどノっちゃったりすることも多々ありますよ

でも

QBOくんや三浦くんみたいに

「極めてます」みたいな感じまでいけない自分がカッコ悪い

モテそうだから「ブラック」

モテそうだから聞いてた感じの自分がイヤなんですよ

自分の好きなモノ完全否定して

不純な自分に嫌気が差したんですよね

「ダメだな~ボク」って


それで

まあすぐに

すぐにって言っても2年ぐらいして

「ボクはブラックじゃないな」



「ボクはやっぱりラブリーなんだな」



自分が好きな音楽を

他人じゃなくて

自分の好きな音楽を純粋に聴く楽しみを復活させたんですけど

今でも後悔しているのはね

仙台で良く行っていたリサイクルショップで

以前から欲しくて欲しくてたまらなかった

小沢健二の「LIFE」アナログ盤が

たったの700円で売っていたにも関らず(今やヤフオクで1万円コース)

ブラック最高潮のボクは

「ダセーよ、オザケン」

って

こんなに好きなのに買い逃した時の事

二日後ぐらいに

「やっぱり好き」

「ワタシ、やっぱりあなたの事が好き」

なんて

ありがちなドラマみたいにお店に駆け込んで見たものの

「あ、アレね、アレ昨日売れちゃったよ」

の御返答



なので

好きなモノには正直であろうと思います

それが他人には伝わらなくても

自分だけ楽しんじゃえばいいんじゃないかと
[PR]
by gomashioatama | 2006-11-24 22:41 | Gomashio日記 | Comments(2)