<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

壁に手を当てて『ありがとう』って3回唱えたんだよね・・・

 今年もたくさんの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです

おかげさまで本日で今年の営業を無事に終える事できました

本当に本当に来てくれた皆さんにありがとうってキスしてまわりたいです

最終日の今日は

1番最初のお客さんがタミさんで

1番最後のお客さんが柴田くんと飴子さんで

年末の忙しい最中でも変わらずに

いつもどおりの普段どおりのこの光景に

誰もいなくなってからちょっと胸が苦しくなりました


6時になって看板をひっくり返しに真っ暗な外に出て

壁に手を当てて『ありがとう』って3回唱えたんだよね

ボクたち3人のちっぽけな家族は

ゴマシオキッチンが好きで好きで仕方ありません

来年もまた続けていくだけ

ボクたちにはここしか残ってないもんね
f0080704_1831815.jpg
f0080704_1833282.jpg
f0080704_183433.jpg

[PR]
by gomashioatama | 2012-12-30 18:05 | Gomashio日記 | Comments(8)

年末年始の営業について・・・

 一度消えた雪がまたしっかりと積りましたね

何度天気予報とにらめっこしてみてもクリスマスは大寒波で冷え込むみたいで

でもまあクリスマスに雪がないなんて全然ロマンティックじゃないし

これも演出かと思うと雪かきも全然苦しくなくて

むしろもっこもこに積ってそれでせっかくだから

雪だるまをたくさん作くってクリスマスらしくしたいなーと思いました


一緒に過ごす相手がいる人もそうでない人も

クリスマスはやっぱり寒いくらいの方が誰かに会いたくなって良いのかなーって

何と言っても冷たいホッぺなんてのは女性の大きな武器ですからね

『寒いね』って白い息で話しかけられて

『冷たい?』ってホッぺに手なんか持っていかれたら

誰だって頭の中に山下達郎のクリスマスイブが鳴り響くし

誰だってその人の事を思いっきり抱きしめたくなるはずです


さて、そんな具合に1年で1番ロマンティックなクリスマスはすぐ目前ですが

電話でお問い合わせを頂く回数も増えまして

大変遅くなりましたが年末年始の営業日についてお知らせ致します

年末は12/30(日)まで通常通り営業致します

12/31(月)~1/2(水)の三日間は

大変ご迷惑をお掛けしますが、お正月休みとさせて頂きます

年始は1/3(木)より営業を再開致しますので

どうぞお間違えのないようにお願い致します


お正月期間中はハイコーフェスでも大変好評を頂いた

悪い事しか書いていない恐怖のおみくじ

『さんちゃんの地獄おみくじ(1回10円)』を用意したり

餅食いで有名なボクの大好きな『お汁粉』も販売する予定でいます

大きなところやデパートみたいに派手なことはできませんが

『地味』でも『らしい』ことを続けていけたらと思っています


あんなに楽しみしていたクリスマスが終われば今年はもうすぐ終わりで

こんなに楽しみにしているお正月が来ればまたあたらしい年が始まるだけ

この間、久しぶりに友達とゆっくり話すことができて

営業時間に友達とゆっくり話してるようじゃあ本当は全然ダメなんだろうけど

『オレには羨ましいけどねー』って

『そりゃあ絶望もあるけど、でも希望もあるじゃないか』って言ってくれて

ボクらが守りたいモノは本当にちっぽけなモノで

ボクが信じているモノも本当にちっぽけなモノで

ボクには他になんにもないと思っていたので

でもボクらにまだまだ希望があるのなら

それならまだまだ大丈夫なんだろうなーと

『晴れてきたから、そろそろ本当にお客さん来る頃だから帰れば』って

『いやー、今日は絶対流行りはしないと思うけどなー』なんて笑いながら

ボクはまたこーちゃんとふたりして誰かが来るのをじっとじっと待ちました



昨日『僕のレテパシーズ』をBGMに営業していたら

ちょうどコーヒーを飲みに来てくれていたハゼくんが

『これ誰ですか?』って反応してくれてそれがすごく嬉しかったです

今日もいつも来てくれる人たちがいつもどおり来てくれたんだけど

いつもどおりなんて簡単に言っちゃいけないくらい本当に感謝しています

漫画を貸してくれたり

1人でボーっとしていたり

盛岡に行く途中にわざわざ遠回りしてお菓子をたくさん買ってくれたり

人気のないタマゴサンドをお土産に買って行ってくれたり

年賀状を書いていたりしていて

いつもどおり奇跡みたいな1日でそれが嬉しかったです
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-21 17:16 | Gomashio日記 | Comments(2)

クリスマスなんか大嫌い・・・

 こーちゃんが最近、もの凄い勢いで朝から晩まで

あたらしいお菓子の開発をしたり、キッシュを焼いたりしているのに触発されまして

ボクもなんか作らないとなーって

ボクが喫茶店で食べたいメニューの第3位くらいに入る

『タマゴサンド』を黒板メニューに追加してみたのですが

『私がもしお客さんならぜったいタマゴサンドは注文しないよー』って

こーちゃんの反対も押し切っては

薄切りのサンドイッチ用のパンを準備して注文が入るのを待っていますが

案の定まだ1つも注文が入っておらず、こーちゃんから首を絞められています

『ドーナッツ』といい、『クリームパン』といいボクが好きなモノは大抵大ヒットせずで

大ヒットと言えば秋に出した『柿1個10円』くらいで(これは少数の人に大ヒット)

こーちゃんからの信頼がさらに崩壊しそうですが

それでもボクはボクが大好きな喫茶店を信じていたいし

こーちゃんもきっとそんな喫茶店を信じてくれているような気がします


さて、昨日こーちゃんも書いていましたがもうすぐクリスマスですね

いつも来てくれるお客さんたちが口々に

『ここの店はいつ来ても本当に季節感ないよねー』って言っていたのを

『変わらない』とか『流されない」なんて具合に

褒め言葉だと思って受け止めてやっているんですが

クリスマスイブに出会ってはクリスマスイブに入籍するくらい

ボクもこーちゃんもクリスマスが好きなので

世界中探しても珍しく、家には『サンタ』も常駐しているしね 

クリスマスイブ、今年はちょうど祝日に当たるようですし

クリスマスの日くらいはクリスマスっぽくしたいなーって

『キラキラしたものを見るとパワーをもらえる』ってタミさんの言葉を信じて 

中国製の送料を合わせても2000円しないクリスマスイルミネーションを準備して

年に1度だけクリスマスくらいはゴマシオをキラキラさせようと盛り上がっています

盛り上がったモノは抑えきれなくて、昨日の夜は早速さんちゃんと二人して

安いくせに10メートルもあるイルミネーションを部屋中にぐるぐると取り付けては

ケーキの仕込みで忙しそうにしているこーちゃんも無理やり引っ張って来て

電気も消灯して真っ暗な中でスイッチオン

普段から薄暗い電球で暮らしているようなボクらには全然似合わない

赤、青、緑、黄色のカラフルな光が部屋中をキラキラさせて

それがまるでラブホテルみたいにキラキラしていてボクはちょっと感激しました

ラブホテルに感激したと言うとすごく聞こえが悪いけど

でも本当にあのキラキラはラブホテルみたいに安っぽくて甘ったるくて

そのくせなんでかロマンティックで胸がギューとなるようで

キラキラにどんなパワーがあるのか分かりませんが

キラキラした人間を見ると元気になるのとおんなじなのかなーと

ボクは今、ぜんぜんキラキラしていないんだけど

でもできるなら毎日キラキラしていたいなーってそう願って

ボクはしばらくそのキラキラから目が離せませんでした


年に一夜だけ

ラブホテルみたいなクリスマスイルミネーションが点灯する喫茶店

クリスマスなんか大嫌いって人も少しだけ笑ってくれたら嬉しいです


こちらはクリスマスに見たい映画『ボーディーガード』です

クリスマスにあんまり関係ない内容ですがクリスマスに見るとグッときます

分かりやすいくらいにラブストーリーなのであっさり見られて良いです

マライヤキャリーよりボクは断然ホイットニーヒューストン派で

中学校の英語の時間に初めてこの映画を見て

あんまり良くてサウンドトラックを買ったほどです
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-14 14:29 | Gomashio日記 | Comments(2)

世界で一番だったなんて

大袈裟なタイトルですが

世界で一番積雪量のある都市が日本だったとは

ここ最近で一番ショックでしたよ、私は。

詳しくどこがと言えば、新潟だったり青森だったり諸説は多々あるから

そんなのはどっちでも良くて

問題なのはね

ただ、こんなにも降り続いては雪かきをして

がんばれー!こーちゃん!!ロシアなんてもっと寒いのよ!

あんたこんな程度でヒーヒー言ってたら笑われるよ!

とか自分を応援して3年くらいやってたのですよ私は。

世界にはもっと寒い国が五万とあるのよ!ってね。

しかし、ロシアは建物が全てヒーティング設計だったり

北欧なんかも湿度がないとか、寒すぎるからとかで積雪量はそんなになくて

世界の豪雪地帯は都市化されていないんだってさ

ショックだったよー。

こっちは住んでるのにさ~・・・とか文句タラタラな私。

だから中度半端に寒くて湿度があってドカ雪が降り続く日本海側・・・

うう~



姪っ子10才にタラタラと説明したら

それさー。さっきあたしも調べたんだよ!ネットで。

と言われました。

「なぜ、雪はふるのか」と入力したそうです(笑)

最近の小学生は発達しておるようです。

もうじきバカにされるのでしょう、すでにされていますが・・・。


そう言えば真夏の34度とかの炎天下で

子ども達と5人で姫神公園の大滑り台だけしに行った時

登るのが精いっぱいでみんな途中でヒーヒー言ってて

だから、頑張れ頑張れこーちゃん!ってつぶやいたら

全員に、「自分かい!」

と、突っ込まれました。

どうやら私は自分を応援する癖があるもようです。

ふつーさー、ちいさい子を応援しない??

なんて言ってたけど、最終的にみんなが自分を応援しながら

せっせと山に登ったりもしたなー。

季節はいまと真逆の真夏の出来事でした。


 
そんな事はさておき、

最近のこのブログでの私のキャラがおかしくないですか?

やたら怖い人と言うか

やくざみたいな事言ってる人になってないですかー?

これはきっと罠です。

女子高生の子なんて、帰宅通路を変更してぐるっとまわって

キャーこわい!なんて言いながら帰ってるんじゃないかと

心配になっちゃいました。

そんなことないのにねー、ね?


さむいからって雪だるまを作ったら

陽が出てきて、無残にとけていました。

だから雪だるまクッキーなんかも焼いてみて

外を見たら

???さんちゃんが乗れる雪だるまを作っていました。

2台も。

雪だるまライダー鬼版。←命名するならこんな感じのもの。

す、すごい。

この冬、一体何台の作品が出来るのでしょうね。

もうすぐ、クリスマス♪
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-13 11:21 | Gomashio日記 | Comments(7)

君しかいないから・・・

 一晩であっという間に街中が雪景色で

こんな光景はもういつ来てもおかしくなかったんだけど

いざ目の当たりにするとやっぱり身が引き締まります

きっとどこかに「冬」に切り替わるスイッチがあって

誰かがそのスイッチをポチリと押したみたいに

朝早くからどこの家でも一斉に雪かきが始まって

すれ違う人、すれ違う人が口々に

「始まったなー」とか「春まで頑張りましょう」とか

そんな風にお互いがお互いを励ましあっているのが

まるでこれから地獄の世界でも始まるかのようで

それがちょっと大袈裟でなんだかちょっと面白かったです


この2日間と言えば

朝早くから絶望的に大きな雪の塊を見てウンザリもするんだけど

雪かきも始めてしまえば良い運動で「ウリャー」とか「トリャー」とか

道路の真ん中で大人が大きな声を出しても全然変じゃないし

朝から声を出すから悪いものが出ていくようで気分も良くて

ボクみたいに「悪い気」をため込む人はぜひこの冬

雪かきをして「気」のコントロールをすると健全だと思います

とにかくとにかくこれから続く長い冬をご機嫌に暮らせますようにと

あれやこれややってどうにかこうにか春を待ちながら暮らしていこうと思います


それにしても雪かき1つ取っても

子供の頃はぜんぜん分かっていなかった事が次々と

大人になってちゃんと秋田に住むようになって

こうやって自分で雪かきするようになって改めて

やっぱり父さんはすごいんだなーって感心しています

ボクん家に限らず、どこの家でもそうでしょうが、広い敷地をたいてい1人で

朝起きればちゃんと道路までの道がキレイに出来ていて、それが当たり前で

そんな当たり前の事にボクはちゃんと感謝していたのかなーって

そんな幸せな事をちゃんとありがたく考えていたのかなーって

ボクは父さんが作ってくれたその道を歩いていただけで

なんにも知らないままに大人になっちゃったから

今になっていろいろ考えては、やっぱり父さんは偉大だなーって

男は強くなくちゃいけないなーと

強くならなきゃ優しくなれないなーと

いつまでもひ弱な自分を物凄く恥ずかしく思ったりしています


そう言えば

ボクが小さい時から思い出してみても

父さんが自分の欲しいモノを買ってるとこなんか全然見たことないなーって

父さんの部屋のレコードは吉田拓郎とさだまさしで止まったままだし

夏はTシャツ、冬はセーターで流行の服を着てるところも見たことないし

何が好きだったのかなーって思い出してみてもいまいちピンとこなくって

欲しいモノは全部手に入っていたのかなー

それとも自分よりボクらのことばかり考えていたのかなーと

きっと我慢していたんだよなーって

我慢してそれでボクを育ててくれたんだよなーって

「36曲入りで500円だもんな!」なんてね

我慢もせず簡単にCD1枚を買ってしまった自分が

苦しいくらいに情けなく感じちゃって恥ずかしく思えました


毎日の晩酌に熱燗をヤカン一杯飲むのは明らかに飲み過ぎだけど

でもケロッとしてボクら兄弟と相撲をしてくれて

今思うとバカだけど子供相手に結構な大技も出るから

ふすまを破ったりガラスを割ったりして母さんから物凄く怒られたりするんだけど

その大相撲はボクが小学校を卒業するまで続いたし

ボクがプロ野球が好きだからとプロ野球名鑑を毎年買って来てくれて

「衣笠の凄いところ」や「ブーマーの凄いところ」を教えてくれたりして

(ちなみに衣笠の凄いところは休まないところ、ブーマーはボール球を振らないところ)

土曜日の夜だけは子供も夜更かしOKで一緒にゴールデン洋画劇場を見るんだけど

特に武田鉄矢ファンの父さんの解説も聞きながら見る

武田鉄矢主演の「刑事物語」は何回見たか分からないくらい本当に好きで

そう言えば最近はこーちゃんからも

「ナオの父さんって武田鉄矢に似てるよね」なんて言われるようになって

そしたら最終的にボクも

このまま遺伝で年を取ったら武田鉄矢みたいな顔になるのかなーと思ったら嬉しくって

そうそう、ゴールデン洋画劇場が終わってねるとんが始まるまでの間は

「腹減ったな」っていつもサッポロ1番塩ラーメンを作ってくれて

いつも料理なんかしないから麺がベロベロにのびちゃって

おまけに卵を落としてグチャグチャにしたまさにベロベロラーメンなんだけど

自分は一口だけ食べて「旨い!」なんて言っては

結局ラーメンは食べずにコップ酒を飲みだしちゃって

なんでか分からないけどそんなことばかり覚えています


別に父さんが病気でも死んでしまう訳ではないけど

あの時とおんなじシチュエーションでもう1度だけで

父さんが作るあのベロベロラーメンを食べながら

なんかいろんな事を話してみたいなーと

今日ボクは本当に久しぶりに1人で晩御飯を食べたんだけど

なんでか分かんないけどそんな事を思いながら

味気ないごはんを1人でただただ食べました


こちらは「刑事物語」と同じく父さんと一緒に良く見た「タンポポ」の名シーン

ボクのチャーハン好きはきっとこの映画から来ていると思います
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-10 19:42 | Gomashio日記 | Comments(2)

思い出の卒業アルバムが届きました・・・

 年末のお楽しみにしている方も多いと思います

ハイコーフェスの思い出を1冊の本にした

「ハイコー卒業アルバム 2012年度版」がたった今、無事に到着しました

今年の帯コメントは平井正也さんで

本当にグッと来るコメントを書いてくれています

今年は写真をたくさん載せたくて

ページ数を20ページほど増やしたデラックス版です

1冊6000円もするのでゴマシオか近江くんのお店でしか見ることができませんが

思い出は後から不意にやって来ます

どうぞ時間がある時に1度見に来てくれたら嬉しいです


雪の土曜日

今日はビックリするくらいにヒマで空白の時間も何度もあって

「土曜日なのになー」って本当にビックリしています

さっきから何度もアルバムを見ては面白い人を探して笑ってばかりいます
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-08 15:55 | Gomashio日記 | Comments(2)

ボクは突然悲しくなるのさ、だから大好きなんだよ・・・

 風も強くて、雪もジャンジャン降って来て

きっと明日の朝には積ってしまうんじゃないかなーって本当に心配しています


もはやゴマシオ名物みたいになっていますが

冬の入りの頃には毎年決まって夕方は4時から5時に掛けて

カラスの群れが近所の電線に止まっていたり

上空を旋回したりしてなんだか物々しい感じなんだけど

「わー、今日のカラスの群れ凄いよ!」って

いつもこの時間に来てくれる常連さんから教えてもらって外に見に行ったら

いつもの何倍もの数のカラスの群れが飛んでいて

それはいつも見る物騒に思えたカラスの群れなんかじゃなくて

なんでかものすごくボクには綺麗なものに見えました

ボクはみんなバラバラで良いと思っているので

別に友達でも親友でもみんな同じじゃなくても良いと思っているんだけど

あんな広い空なのにね

真っ直ぐにみんなおんなじ方向に飛んで行ったカラスの群れを見て

こんな風に書くと「何?どーしたの?」なんて思われそうだけど

なんだかちょっとうらやましいなーって、スゲーなーってそんな風に思いました


今日は「今日辺り来てくれんじゃないかなー」って

朝からこーちゃんと話していたお客さんが軒並み立て続けに来てくれて

少し時間差はありましたが

おんなじ時間帯に上手い具合に勢ぞろいしてくれて 

お客さんにしたら別にどうでも良い事かも知れないけど

1人づつ離れた席に座ってはポツリポツリと思い思いにしている姿を見て

「これがゴマシオキッチンの4年間の歴史なんだよね」って思ったら

失礼かも知れないけど本当にちっぽけで

ボクはそれが面白くて面白くて嬉しくて仕方ありませんでした


「こんな風に毎日が面白いことだらけなら良いのにね」って

「面白い事を守りたいなら、自分から作っていかなきゃいけないんじゃない?」って

こーちゃんがそんな風に言った訳じゃないけど

なんでか分かんないけ急にクリームパンを作り始めて

明日はクリームパンを焼いてお客さんを待っています

「王様のクリームパン」

こーちゃんの作るクリームパン、旨い、旨い
f0080704_21562867.jpg
f0080704_2157157.jpg
f0080704_21573170.jpg
f0080704_21575345.jpg
f0080704_2158968.jpg




「ボクのレテパシーズ」の歌を聞いていたら

どうしようもない、何にもないような気分になったよ

ボクは突然悲しくなるのさ、だから大好きなんだよ

久しぶりにライブがしたいなーと思いました

しょーもない歌しか歌えないけど

またなんかいろんな衝動が出てきたみたいで嬉しいです
[PR]
by gomashioatama | 2012-12-06 22:00 | Gomashio日記 | Comments(0)

カエルちゃんの好きなカレーライス・・・

 「今日は何が食べたい?」って聞かれた時には

とりあえず必ず「カレーが食べたい」と答えることにしています

正直に言えば「イカのお寿司」とか「ジャーマンポテト」とか

「かもめのちくわを油で炒めたヤツ」とか「トリモツの煮込み」なんかがあるんですが

そんな風に答えても話がややこしくなるだけだし

第一「面倒臭い人だなー」って思われるかも知れないし、なんだか潔くない気がして

「カレー」とか「かつ丼」とか「醤油ラーメン」とか「オムライス」とか

女性にモテたいのでボクは

日頃からそんな風に答えるように心掛けています


「カレーやんないんですか、またカレーが食べたいです」って声を

11月の終わり、立て続けに何人かのお客さんに言われて

「じゃあ12月入ったらね」って約束していたので先週からまたカレーを出しています

カレーって自分でもちょちょいと作れるし

どこに行っても大概は食べられるし

高級なカレーなら違うのかも知れませんが

まあどこで食べてもボクなんかカレーはカレー味なんだけど

「直樹さん、今日はカレーがあるじゃないですかー!」って少し興奮してハゼくんも

「でも今日は残念ながらハラペコじゃないんですよ」なんて冷静を保ってた割に

「カレーって食べると元気になりません?」なんて汗ダクの笑顔で

「もう噴き出しちゃいますよ!ティッシュ下さい!早くティッシュ!」って

文字にしてみたら一体何に使うか怪しいものですが

大盛りのカレーをぺロリと平らげて満足気で

とにかく昨日も今日もお昼の注文がカレーばかりで

本当にみんなカレーが好きなんだなーと

カレーの安定感は凄いなーって感心しています


そう言うボクも仙台に住んでいた頃に良く通っていた

「カレーとコーヒーの店」ってキャッチコピーも潔過ぎてカッコいい

「カレーとコーヒーの店 さふらん」って言う喫茶店の

780円で食べれるハンバーグフライカレーが本当に大好きだったし

食べ放題の赤い福神漬けとグチャグチャにして食べるカレーは絶品で

食後にコーヒーを飲みつつ、備え付けのスポーツ新聞も読むのがたまらく大好きでした

(仙台に行く機会がある人はぜひ寄ってもらいたい素晴らしい喫茶店です)

ボクが憧れる「いかにもなんでもない」喫茶店の感じがそこには詰まっていて

ゴマシオに集まって来てくれるお客さんもきっとそんなのが好きなのかなーって

「えー、せっかく遠くから来たのにカレー」ってお客さんもいると思いますし

「えー、せっかくロマンティックな季節なのにカレー」ってお客さんもいると思いますが

だからってものすごく美味しいカレーを作る事も出来ないけど

若い女の子がね、その子は「カエルちゃん」ってボクが勝手にこっそり呼んでいる

いつも決まった曜日の決まった時間にゴマシオで彼氏とデートしている女の子なんだけど

「カレーが本当に大好きなんです!」って

「辛いけど好きなんです!」って水をたくさんおかわりしてね

間をあけずに二日連続でカレーを食べに来てくれてそれが本当に嬉しくて

おんなじお金払っても美味しいモノは他にたくさんあるのにね

「またすぐにカレー食べに来ます!」って二人して笑っていて

カレーが好きな女の子って本当にカワイイなーって

カエルちゃんの好きなカレーライス

カレーの好きなカエルちゃん

カエルちゃんが飽きるまでボクもしばらく

このままカレーを作り続けたいなーってそんな風に思いました
f0080704_17355614.jpg

[PR]
by gomashioatama | 2012-12-04 17:36 | Gomashio日記 | Comments(0)

17歳・・・

 今日もバッチリ晴れましたね、冬の太陽は本当に嬉しいです

『普通って何だろう?』って考えてたら頭が痛くなっちゃって

昨日の夜は早く寝ちゃったのでサボった分を

朝からベシャメルソースの仕込みをしたり

週末明けなのでいろいろとなんだかバタバタと準備に追われましたが

月曜の朝からすごくご機嫌にしています

ご機嫌にしていたおかげがどうか分かりませんが

平日にも関わらず今日はビックリするくらいお客さんが来てくれて

追加のごはんを2回も炊く羽目になって嬉しかったです

『幸せ過ぎて怖いね』って最近のこーちゃの口癖なんですが

それでもいつか幸せが泡みたいに消えちゃうのかなーって

先の事を考えると本当に怖いことだらけなんだけど

『幸せ過ぎて怖いなんて、君は本当に幸せだよね』って

いつまで幸せでいられるか分からないけど

とにかくとにかくボクとボクの家族とボクの愛する皆さんと

ボクやゴマシオキッチンを愛してくれる皆さんが

毎日ご機嫌に面白おかしく暮らしていけますようにと

ボクは今日も明日もお客さんが来るのを待っています


待っていますと言えば

前の記事で女子高生に傘を貸したらお返しにリンゴをもらった話を書いたら

ゴマシオに来てくれるもう1人の女子高生も週末ゴマシオにお茶しに来てくれて

その子は中学生の頃から来てくれている近所に住む女の子で

中学生だった頃からなんとも不思議な雰囲気がある子で

その子がゴマシオに来てくれたおかげで

ボクが中学生の時、初めて女の子とデートした時に注文した

思い出のレモンスカッシュがメニューに追加されるくらいで

ボクはその子に思い入れがあってとてもカワイイ子だなーって思っていて

なんかこのタイミングで女子高生が立て続けに来てくれるなんて

偶然にしては良く出来てるなーなんて思っていたら

トレンディードラマのワンシーンみたいにこーちゃんが近づいてきては

『君が違う女子高生からリンゴを貰って、鼻の下伸ばしてたから、嫉妬して来たんやな!』って

『女の感やな、女の感、悪いことは出来ませんなー、やっぱり女は怖いわ―!』って

『ほら見てよ、アップルパイじゃなく、ガトーショコラだったよ注文!』って

『そりゃあ他の女子高生に貰ったリンゴは食べられませんよねー!』って

『それ、君が1番ヤキモチ焼いてるんでしょ?』って言ってみたかったけど

グツグツに煮込まれてしまったボクの大切なリンゴ

あの有名な『リンゴ連続アップルパイ事件』の二の舞になってはいけないと

そこは反論せずにグッと我慢してやり過ごしました


『彼氏できた?』、『まだです』って

『好きな人は?』、『いません』って

もう何度も繰り返しているその子とのお決まりの会話をして

結局は本当に偶然に修学旅行のお土産をわざわざ持って来てくれたみたいで

中学校の修学旅行の時もディズニーランドで買って来てくれた

ミッキーマウスのキーホルダーをお土産に貰ったのですが

今回は金閣寺で買ってきてくれたキティーちゃんのキーホルダーを貰って

ボクは特別にキティーちゃんが好きな訳でもなんでもないけど

でもその子に貰ったキティーちゃんは本当に嬉しくて嬉しくて

『また来てね!』ってお別れした後、すぐに家のカギに取り付けました

きっと多分だけど

ボクみたいな人がキティーちゃんのキーフォルダーを付けてたら面白いだろうなーって

きっとその子はそんな風に思って選んでくれたのかなーって

なのでボクはボクのカギに付いているキティーちゃんだけは本当に大好きで

本当に本当におじいさんになっても大事にしようってそう思いました


『さんちゃんにも』って貰ったもう1つのお土産はエルモのぬいぐるみで

さんちゃんも相当によほど嬉しかったのか

『良い匂いがするなー、イチゴの匂いだ!』なんて

何度も何度もそのぬいぐるみ抱きしてめていて

『そんなところも親子やわー』って

こーちゃんの冷たい視線を浴びながら3人で大笑いしました


キティーちゃんが好きだからと言う訳ではないけど

キティーちゃんがらみで今1番ライブで歌を聞いてみたい女の子です

ハイコーフェス前にCDを買っていたんだけど

その時はバタバタしてあまり聞きこんでいなくて

ここずっと毎日も聞いていたら好き過ぎて気が狂いそうです





[PR]
by gomashioatama | 2012-12-03 18:33 | Gomashio日記 | Comments(2)