<   2013年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

何にもしなくて良い日・・・

 久し振りに連休をさせてもらって気分良くなりました

春になって客足が良くなった最中に連休なんかしてお客さんには悪い気もしましたが

春休みって事で従姉妹の子どもたちがウチに泊まりに来ては

「春のパジャマパーティー」なんて名前もついて一晩中たっぷり遊んでは

翌朝からは子ども3人のリクエストでラウンドワンに行って

1番の思い出と言えば、「ペニス!」って言葉が子どもたちの間で大流行して

行く先々、至るところで「ペニス!ペニス!」で親が大慌てで

(例えばテニスをペニスって言ったり、意味もなくペニスと叫んだり)

昨日は昨日で

こーちゃんや友達と朝からストーブにあたってはコーヒーを飲んだりダラダラしたり

どうせ行くとこもないから思い立っては桂プラザまでパンチ焼きそばを食べに行ったり

なけなしのお小遣いをはたいては漫画倉庫でこーちゃんに服を買ってあげたり

夕方にはもう仕込みやら晩ご飯の支度で何だかいつもの日常だったし

せっかくの二日間、まるで春休みっぽい休日の使い方ではなかったけど

「あー、今日は本当に楽しかったね、パパ」って

たまにしかバットに当たらないけどバッティングセンターで100球以上も打ったり

ボーリングを何ゲームもしてクタクタになったさんちゃんが

布団に入りながら何度もそんな風につぶやいては眠りについてくれて

「わー、この人、風呂入らないで寝ちゃったよー!」って呆れ笑いしながら

でもこんなので充分幸せって思えるからボクたちはやっぱり幸せだなーと思いました


今思えば、ボクは去年の夏まで本当に忙しい生活をしていて

それこそ寝る間を惜しんででも忙しくしている生活が良いと思っていたんだけど

でも時々こんな風にダラダラする時間がなくては気が滅入ってしまうし

何より「忙しい」の奥に隠れて知らない間に誰かの事も嫌いになってしまう事があって

それで、それが本当に気持ち悪くて結果して自分の事も大嫌いになって苦しい時があって

こんな風にオフの時間に誰かとダラダラ時間を共有するのが特効薬になったりしていて

家族とだったらいつもより長く一緒に布団に入っていたいし

恋人だったらいつもより長く抱き合ったり、手を繋いだりしたいし

友達だったらやっぱりダラダラとコーヒーを飲んでくだらない話をするのがしっくりくるし

なので家族も恋人も友達もみんなそうだけど

誰かと仲良くできる秘訣はこのダラダラする時間なのかなーって

何にもしてないみたいで、でもこの時間がなかったら

ボクみたいなのはバランスが保てなくなるんだなーってそう思いました


誰だって一生懸命に生活しているのだから

喫茶店みたいなのがあって良かったなーって

コーヒーみたいなのがあって良かったなーって思いました

ボクが見ている喫茶店

ボクたちこのちいさな喫茶店であなたがダラダラしている姿をボクは心底愛おしいと見ています

何にもしなくて良い日、それが正解って日があっても良いんじゃないかと思っています
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-29 12:04 | Gomashio日記 | Comments(0)

あと何と何と何が変われば・・・

 調子に乗ってまるっと二週間営業しっぱなしなんだねーって

お客さんがいない時間は休みみたいなものだけど

そろそろダラダラとこーちゃんと

コーヒーを飲んだりお菓子を食べたりしたい気分です


久し振りに島崎智子さんのyoutubeを見たら

この「つばめ」って新曲が良すぎて興奮しました

とにかくちょっと疲れたみたいでコーヒーとビールをガブ飲みしたい気分です


[PR]
by gomashioatama | 2013-03-25 20:50 | Gomashio日記 | Comments(0)

いらっしゃいましてのさようなら・・・

 春分の日って事できっと誰かは来てくれるのかなーって

思い立って定休日を返上して営業した水曜日は

いくら祝日とは言え、ブログやホームページを見てくれている人なんてきっと一握りで

これでお客さんが誰も来なかったらバカみたいだねって、イヤんなっちゃうなーって

朝からこーちゃんとブーブー言いながら開店の準備をしていたんだけど

いつもの週末みたいに朝一のタミさんから始まって

しばらく「餅と餡子」についての話をして

その後も「おなじみのお客さん」が次々に何組も来てくれて

「当然ですよ、ブログ毎日見てますから!」なんて言われるからなんだか照れるけど

「おなじみのお客さん」なんて簡単に書いちゃったけど

秋田市からって人や男鹿からって人もいて

遠くからで言ったら岩手からなんて人もいて

しかもつい先週来てくれたのにまた来てくれたりしてね

近いとか遠いとか抜きにゴマシオって喫茶店が

そんなたくさんの皆さんの休日の1つに組み込まれている事

こんなちっぽけな喫茶店が目的地になってくれているのが本当に嬉しくて

結果、柴田くんと飴子さんが3回来てくれたのに3回とも座れないくらいで

でも1年を通して本当に毎週毎週2度、3度と来てくれる柴田くんと飴子さんは

冬の間は特に、この喫茶店のガラーンとした悲劇の姿をたくさん見ている訳で

そう言えばこの間も

秋田市から決まってカフェラテを飲みに来てくれる女の子が満席で座れなくて

「冬はイヤだったけど、でもゴマシオがいつもガランとしてて良かった」って

「なんか春が来たなーって思いました」なんて言ってて

ようやく本当に春が来たんだなーとそんな風に思いました


今日からさんちゃんが春休みで児童館に行くまでの1時間

朝は8時半から公園に行ってふたりで野球をして楽しみました

サワちゃんに広島土産でもらった広島カープの帽子を被っては

赤いジャンバーを着てプロ野球ごっこをして楽しみました

春みたいに気持ちが良くてふたりで何度もホームラン競争をしました


朝イチは前に雨の日に傘を貸してあげたらお礼にリンゴをボクにくれた女の子

春から都会の大学生になるその女の子が友達を連れて最後のお別れを言いに来てくれて

「明日こまちで行きます、また夏休み帰ってきます」って

いつも学校帰りの制服姿だったのに今日はオシャレをして髪にはパーマが掛かってて

こーちゃんとボクが付き合ったのも、こーちゃんがちょうど高校3年生の時だから

そうかちょうどこの子くらいの時だったんだなーって

まだこんなにも可愛らしい頃からこーちゃんと一緒にいるんだなーって

こんな頃からキスしたり抱き合ったりしていたかと思うと

なんかそれがたまらなく面白くって

その子を見てるとあの頃のこーちゃんを思い出しちゃって

ずっとずっとそのまま見とれていたいそんな気分になりました


出会いの春が4月なら別れの春は3月で

でもそれはきっとしばしの別れ

またその子が夏休みにここに帰って来てくれる事をボクは心から望んでいるし

次の季節にまた「待つ」楽しみができたので

ボクの仕事はきっと「待つ」事なんだなーって

今日も明日も明後日もあなたの事やあなたの事をそうやって

ずっとずっと待ち続けたいとそんな風に思いました


4/28にゴマシオに歌いに来てくれる

「大森靖子」さんのファーストアルバム「魔法が使えないなら死にたい」が発売になりました

早速いろいろな大手のレコード店でも特設コーナーが設けられているようで

「高円寺で1番紅白に近い女の子」大森さんの天下取りが始まったようです

ボクも昨日届いたそのアルバムを1日中ゴマシオでも車の中でも聞いていますが

本当に音楽業界をひっくり返すんじゃないかなーって、そんな風に思いました

CDの中には大森さんが自分自信に宛てた手紙みたいなのが入っていて

去年の夏の魔物ロックフェスでの話に酷く感動しました

せっかく出演できた大きなロックフェスで

でも自分に与えられたのはステージがあるとも書かれていない屋内の湿ったちいさなスペースで

その場所から走って外に出ては有名バンドが歌っている大音量の屋外のメインステージに向かって

「全員ぶっ潰してやる。結局、私はこれかよ。」って生音で叫んで歌ったエピソードに

ボクが大森さんの歌を好きな理由が分かった様な気がしました

もう1つCDの中にレコ発ツアーの日程が大森さんの写真付きで入っていて

その中にちゃんとゴマシオキッチンって書かれていて

日程的には後ろから2番目

カッコ良く言うとセミファイナルなのでそれが凄く嬉しかったです

歌合戦の前座は久し振りに

ボクと近江くんと三浦くんのバンド「月岡リリー」も出るような出ないようななので

そちらも少しだけ楽しみに待ってくれたら嬉しいです
f0080704_17341090.jpg



今回もチケットの予約が皆さん軒並み早いのでもし気になる方はお早めにお願いします

同じ日、仙台では東北一のロックフェス「アラバキロックフェス」があるけど

その日、世界で1番面白い事がここでだって体感できる予感がします

ギターとアイドルが大好きなボクの友達の近江くんもビンビン大絶賛の大森靖子さんです

[PR]
by gomashioatama | 2013-03-22 17:40 | Gomashio日記 | Comments(0)

君は奇跡なんか信じないかい?でもボクは信じているよ・・・

 こーちゃんが運転した後に車に乗る事が何回か続いて気付いたんだけど

こーちゃんが車に乗った後は決まって『くるり』の『奇跡』って曲が流れていて

そのCDは随分前のCDだからなんで今頃って感じがしたんだけど

ボクは急にいろんな事を考えたり思ったりで、それで曲が終わるまでの6分間

ボクは何でか最後まで車を走らせる事ができなくなりました


『くるり』の『奇跡』って曲は

菅野美穂が可愛すぎるチオビタのCMでも流れているから知ってる人も多いと思うけど

チオビタのCMの雰囲気そのままに日常を歌っている歌で

劇的な変化じゃなくて日常にあるものを『奇跡』って歌っている歌で

変な意味でも何でもないけど

こーちゃんは今そんな事を考えているのかなーと

こうやって次にボクが乗った時に

丁度良くこの曲を流れる様にこっそり仕組んでいたのかなーと

『溜め息混じりの僕を許してね』って歌詞が痛いくらい胸に突き刺さっちゃって

『神様ほんの少しだけ絵に描いたような幸せを

分けてもらうその日までどうか涙を溜めておいて』って歌詞は

涙が出ないで有名なボクの事を言っているみたいで

なので、やっぱり涙は出なかったんだけどでもちょっとグッときました


急にこんな事を書くと意味有り気で『何だろう?』って思うかも知れないけど

つまりボクは『奇跡』を信じているんです、バカかも知れないけど

それできっとこーちゃんも『奇跡』を信じてて

夫婦ふたりで宗教みたいだけどでもでも信じています

ボクもこーちゃんもさんちゃんも『奇跡』の家族で

ボクと友達でいてくれるみんなも『奇跡』の友達で

ゴマシオキッチンとゴマシオキッチンを愛してくれている皆さんだって『奇跡』の関係で

当たり前みたいにしている事の方が本当は『奇跡』の連発や『奇跡』の積み重ねで出来ていて

さっきから何度も『奇跡』、『奇跡』連発して気持ち悪いかも知れないけど

ボクはそれを決して忘れないでいたいなーと

昨日、車の中でずっとずっとボクはそんな事を何度も強く思いました


ボクらはいろんなモノをホッポリ投げて

いろんな持ち物を捨てて、それで今の生活をしていて

それは他の人から見たら間違いだらけなのかも知れないけど

でもまあ信じて選択したんだから『大丈夫』って方向に進んで行きたくて

とは言えまあ、現実はいろんな事があって笑ってばかりもいられないけど

それでも誰だってみんな同じで無理してでも笑って生活しなくちゃいけないんだと思います


何を言いたいか全然分かりませんが

みんなが思っている以上にボクもいろいろで

ボクが思っている以上にみんなもいろいろで

当たり前の事だけど、ボクん中ではボクが主人公だし

あなたの中ではあなたが主人公なんだと思いました



明日20日は水曜日だけど祝日なので営業します

誰も来てくれないと悲しすぎるのでぜひ遊びに来てくれると喜びます
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-19 12:06 | Gomashio日記 | Comments(2)

春分の日 3/20(水)の営業について・・・

 週末土曜日、今日は開店前からいつも来てくれる親子が来てくれて

『さっき朝ごはんを食べたばかりだけど』って悩んだ末に喫茶店らしくモーニング

さっそく新登場のホームランバーガーを口一杯に頬張ったり

いつもどおりに朝イチから柴田くんと飴子さんが来てくれて

いつもどおりにのんびりとコーヒーと紅茶で乾杯していたり

まだ肌寒いとは言え朝の時間帯にお客さんが多くなるといよいよ春だなーって

ようやく週末の朝らしい感じになんだかこっちがホッとしています


さて、来週の話ですが

毎週水曜日は定休日とさせて頂いておりますが

春分の日、3/20(水)はせっかくの祝日ですので

去年までなら普通に休んでいただろうし

長い目で見れば祝日を1日だけ営業してもそんなに変わらないのでしょうが

ちょっとかも知れないけど、でも良い方向に進んでいかなきゃならないし

お客さんがたくさん来てくれそうな日は少しでも稼がなきゃダメなんだろうなって

3/20(水)は通常どおり営業致しますのでぜひご来店頂けたら嬉しいです


代わりと言っては都合が良すぎですが

さんちゃんとの春休みの思い出を作りたいので

代休を3/28(木)に頂きますのでどうかよろしくお願いします

ですので、3/27(水)、28(木)はゴマシオは連休になります

特に計画がある訳でもなく

どこに行くかも全然決まってないけれど久し振りにどこか遠くに行きたくて

さんちゃんはディズニーランドを熱望していましたが

それはさすがにお金がないので無理だろうけど

でもなにか春らしい事をしてちょっとでも思い出作りをしたいなーって

皆さんには大変ご迷惑をお掛けしますが、どうぞよろしくお願いします
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-16 11:03 | Gomashio日記 | Comments(0)

君とコーヒー・・・

 こう言うのを目の当たりにできるからボクは喫茶店が好きなんだと思いました 

ホワイトデーだから何かドラマが起きないかなーって

何日か前に若い男の子から

『14日、彼女の誕生日なのでそれっぽいコースターを描いてもらえませんか?』って電話が来て

『ケーキを注文するのでそれっぽい感じにデコレーションしてもらえませんか?』って電話が来て

そんな感じで彼氏が彼女のためにと、事前にこっそりそんなお願いをされる事はたまにあって

コースターくらいで喜んでもらえるならボクも嬉しいし喜んで引き受けているんだけど

その後も何回か『当日は3時頃に行きますのでどうぞよろしくお願いします!』とか

『やっぱり4時頃になりそうです、スミマセン!』とか

『絶対彼女にバレたくないので自然にお願いします!』とか何度かいろいろお願いをされて

昨日も朝から『これから大平山を出発します!ゴマシオ到着は4時です!』なんて律義に連絡が来て

『こりゃあよっぽど入念だなー』なんて

『こんなに入念に計算して、まさかここでプロポーズとしちゃうのかなー』なんて

きっと面白い事が起こるに違いないとちょっとだけ期待して待っていたんだけど

あれだけ4時と強調していたのになんでか3時に来ちゃっては

ゴマシオに来るのは3回目と言っていたベテランのはずの彼氏が

昨日に限ってはガッチガチに緊張していて、入ってきた途端にストーブにつまずいては

『オットット!』って照れ隠しからかそのままトイレに入っていって

何でか分からないけどストーブにつまずいたのを無かった事にしようとしていて

『絶対彼女にバレたくない!』なんて言ってた割に見るからに動揺している感じで

でもその感じって言うのがいかにも背伸びした男の子って感じがして

ボクはそう言うのがすごく好きだなーと、良いなーと思いました


その後も『モロッコごはん、ミーちゃん風、サンドイッチ、あとボクにアイスコーヒー!』なんて

『食後にもう1度飲み物とデザートを注文しますから!』なんて

なんかいつも以上に饒舌に『それ言わない方が自然じゃないかなー』って事までしゃべっては

こっちに気を使ってかあきらかにいつも以上にたくさんの注文をしてくれてね

一通り食事が済んだのを確認して彼氏がタバコを吸いに外に出たので

『ちょっと伏線張っとこうか!』なんてこっちも気を利かせたつもりで

お皿を下げに行ったついでに1人になった彼女に『どこから来たの?』なんて

いかにも何にも知らないように声を掛けたりしては

『カワイイの書いてください!』なんてお願いされて

食後のカプチーノとケーキを2種類の注文を受けては

さりげなくさりげなく、誕生日っぽいそれっぽい感じのコースターとケーキ、カプチーノを出して

少し早足で厨房に戻ってはこっそり二人の会話に聞き耳を立てていたんだけど

いくら聞き耳を立ててもなんだか一向に盛り上がっている様には思えなくて

『アレ?どうしたんだろう?』なんてこっそり客席を覗いてみたら

盛り上がっているはずの二人がそれぞれにちびまるこちゃんの漫画を読んでいて

とくに会話が弾んでる様子もなく、ただ黙々とそれぞれにケーキを食べていて

『えー、ウソ―、何コレ―、私のために準備してくれたの、嬉しいよ、本当に嬉しい!』なんて

『何言ってるんだよ、それよりホラ、ケーキ食べよう、誕生日おめでとう!』なんて

そんな絵に描いた様な熱いイチャイチャを見たかったボクは唖然としてしまって

それどころか『誕生日おめでとう!結婚しよう!』が飛び出るんじゃないかと

無い話じゃないからなーと、密かにちょっと期待していただけに

『え、じゃあ何であんなに入念な連絡をしてきたんだろう?』って

『あ、そうかBGMが足りないのか!そうだそうだ、これならきっと盛り上がる!』なんて

とっておきのラブソング、尾崎豊の『I LOVE YOU』を流してみたんだけど

北の国からのレイちゃんなら『えー、尾崎!私も好き!』なんて言ってくれたんでしょうが

他に誰もいない喫茶店、二人のための『I LOVE YOU』

ボクがその男の子だったら大きめの雑誌に隠れて彼女のオッパイくらいこっそり触っただろうに

ただ空しく他に誰もいない店内に響き渡る『I LOVE YOU』

まるでボクが悪いみたいなこの感じは何なんだろうって

帰り際、会計を済ましてから少し話したら

ふたりとも照れながら恥ずかしそうに笑っては『また来ます』なんて言ってくれて

名残惜しそうに彼女が彼氏におねだりしては

レジ前の焼き菓子を1つ買ってくれて

多分きっとそうなんだよね

何だって大袈裟に声を大きくすればたくさんの人の耳に届くだろうけれど

でもそれが本当って限らない事が生活の中にはゴロゴロあって

目の前で起きてる事がボクの本当の事でだからボクにはちゃんと伝わって来て

何事もなかったみたいにただの喫茶店だったんだよね

なんか上手く言えないけどこの感じがボクの好きな喫茶店みたいで

なんか上手く言えないけどこう言うのが1番ドラマチックだなーと思いました


今週はずっとお客さんが多くて『やったね!』って喜んでいたけど

ジンクス通り、今日はボク1人で営業だったためお客さんが少なくて残念でした
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-15 17:09 | Gomashio日記 | Comments(3)

『大森靖子の淋しい歌合戦』・・・

 久し振りに除雪車が出動するような今日は朝から吹雪いたりで寒い1日だったんだけど

ようやく春が来たみたいに珍しく平日にも関わらず朝からお客さんが次から次に来てくれて

なんだか土日みたいな感じに朝から晩まで賑やかな1日で

正直言うと全然そんなつもりじゃなかったから

「今日はホームランバーガーの絵でも描きだめしようかなー」とか

「今日はホワイトデー用の焼き菓子を作りまくろう」とか

そんなつもりの1日だったので急に春が来たみたいに忙しい1日に

なんだかちょっとビックリしてしまいました


ものすごくヒマな時は本当にヒマで嫌んなっちゃうんだけど

たまにこんな感じにお客さんが重なるから勿体ないなーって

週に1度、決まって平日のランチタイムが終了するくらいに来てくれては

休日をゆっくり過ごしに来てくれる常連さんも満席で帰っちゃったんだけど

その後どこに行ったのかなーなんて考えたらなんだか申し訳ない気持ちで一杯で

でもなんでか分からないけどそう言うお客さんに限って決まって良い人だから

ゴマシオにお客さんがたくさん来てくれるのを自分の店みたいに喜んでくれて

何にも言わずに小さく笑って入口のドアを閉める姿にボクはグッときました


こんな事を書いた翌日は気合いが空回りして

いつもより多めにごはんを炊いて準備するんですが

大抵そんな日に限ってごはんがたくさん余ってチャーハンを食べる羽目になるので

明日もいつもとおんなじように誰かの事を待つことにします

なんでも思い通りにならないからきっと良いんだろうしね


そんな訳で『待つ』と言えば楽しみで仕方ない事があります

これで今年の歌合戦も打ち止めかと思うと早すぎる気もしますが 

今年最初の淋しい歌合戦がこの間終わったばかりなのに

もう何か月も前から熱烈オファーしていた女の子がついについにで淋しい歌合戦に登場します

本当はもうちょっと間を空けて開催すれば良いんでしょうが

『高円寺で最も紅白に近い歌手』なんて言われちゃうくらい

今見ておかないと本当に年末には紅白に出ちゃうんじゃないかってくらい

もう本当に今のチャンスを逃したら次は来てくれないんじゃないかってぐらいに

そのライブがあまりにも評判で音楽関係者の中でも話題沸騰中となっている『大森靖子』さんが

ファーストアルバム『魔法が使えないなら死にたい』リリースツアーで淋しい歌合戦に初登場です


大森さんと交流の深い、先日歌合戦に来てくれた『僕のレテパシーズ』古宮くんも言っていました

『大森靖子は天才です、大森靖子の歌はモノが違います!』

あんなに凄いライブをする古宮くんが言うんだからボクなんかもう言う事がないし

『天才』とか『モノが違う』ってその言葉が全部のような気がして

ボクが『大森靖子』さんの事をなんて書いても安っぽくてきっと伝えきれなくて

とにかく『大森靖子』さんもライブで見てこそのアーティストだと信じていますので

どうぞどうぞ今回も淋しい歌合戦を楽しみにお待ちください

ゴールデンウィークの入り

まだ少し先の話と思っていても待ってるとあっと言う間です

『大森靖子の淋しい歌合戦』

開催日・・・4/28(日)

開催時間・・・17:00 ~ 19:00

入場料・・・2000円(ドリンクとお土産付きです)

お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          電話 0187-73-5386または
          メール gomashio@cosmos.ocn.ne.jpまで

本日よりご予約可能です

今回も入場は30人限定とさせて頂きますので

興味のある方はどうぞお早めにご予約よろしくお願いします


大森靖子ホームページ





今回は珍しく『仕事を休まない』で有名な近江さんが前売り予約1番乗りです

近江さんのアンテナにもビンビンきているようでボクも本当に嬉しいです
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-11 23:24 | Gomashio日記 | Comments(0)

淋しい歌合戦に来てくれた皆さんに・・・

 春の訪れと告げるべく開催した淋しい歌合戦でしたが

当日はあいにくの天気で会場準備もいつも以上に時間が掛かり

来てくれたお客さんにもいつも手伝ってくれる友達にもかなり迷惑を掛けちゃって

本当に申し訳ない気持ちで一杯でしたが

ボクだけかも知れないけど出演してくれたふたりの歌を聞いて

いろんな事が吹き飛ぶくらい猛烈に感動して

ボクのワガママ1つで開催している淋しい歌合戦

新幹線こまち号が脱線するような猛吹雪の中

この狭い店内に肩を寄せるように集まってくれた皆さん

本当に本当にありがとうございました

今回出演してくれた青さんも古宮くんも満員大入りのお客さんに大喜びで

お二人に変わってボクからお礼の言葉とさせて頂きます

皆さん本当にいつもここに集まって来てくれてどうもありがとうございます

あれから2日経過しましたがもう今日なんか春が来たみたいに気持ちの良い1日だし

ちょっと遅れたけどやっぱりはるかぜが吹いたのかなーと

青空の下、ボクは僕のレテパシーズのCDを聞きながら

どこまでもどこまでも走れそうな気がしています


さて、満員御礼の会場

準備からバタバタして浮き足立ったままのオープニングはいつもどおりの「淋しいの唄」で

いつもなら澁谷くんとハゼくんのギターで歌うんだけどこの日は二人とも不在で

ただの1人、1回目の淋しい歌合戦からずっと続けて来てくれているタミさんが急遽のギター

古宮くんが1番後ろでじっとボクの顔を見つめているのには正直震えましたが

餅作りにギターにとマルチな活躍を見せるタミさんのおかげで上手く歌えて良かったです

イヤ、本当は全然上手くは歌えなかったけどヘラヘラ歌ってないつもりなのでボクは

ビビったけどでもずっと古宮くんの目を見て最後まで歌えたので良かったです

後で古宮くんたちからも「良い歌でした」と褒められたし

ボクも久しぶりにボクの歌を作りたいなーとそう思いました

こんな刺激を受けるのも淋しい歌合戦ならではなので

もっと暖かくなったら月岡リリーとあとハゼくんも誘って行こう

どこか知らない町でライブをしようと思いました

ボクの煩悩をどこかの知らない人たちに叫び散らして聞いてもらいたいのです


さて前置きが長くなりましたが本編のスタートは青さんからで

会場の半分以上が青さんをお目当てに集まってくれたお客さんで

こんな事を書くとアレだけど、やっぱり青さんが出演する歌合戦が1番チケットの予約が多いし

この日も例外なくホーム感たっぷりのあたたかい雰囲気でこの雰囲気は青さんだからこそ

テレビでも毎日のように青さんの歌声を聞くようになったし

この1年で秋田での飛躍的な知名度は皆さんもご存じでしょうが

「美しいあきた」から「あんべいいな」の流れで

小さい子とお母さんがニコニコして手拍子しているのが印象的でした

ボクの58歳になる母親も7歳になる息子も青谷明日香を知っているんだから参っちゃうね

ボクが初めて青さんのライブを見たのは4年前で

同じ歳のとなりの高校に通っていたはずの女の子が

ボクの全然知らない世界をどんどんどんどん突き詰めては

眩しいくらいに光り輝いていてボクには青さんがキラキラして見えて

どんどんどんどん成長して帰ってくる姿に何でかちょっとだけ悔しくすらなりました


続いての登場は「僕のレテパシーズ」から古宮くんの登場で

ほとんど関東以外ではライブをする事がないらしく

東北はもちろん、秋田でのライブも初めてなんだけど

「今、東京のインディーズシーンで最も熱いバンド」なんて前評判どおり

とにかくボクは心が鷲掴みにされるくらい酷く興奮して

今でもその興奮が抜けきれない感じで1日中ずっと古宮くんの真似ばかりしています

もじゃもじゃの髪型、ギョロリとした目玉、風貌1つとってもオーラビンビンで

これからどんなライブが始めるのかとピーンと張り詰めたあの空気感

会場の雰囲気を一瞬で変えてしまうのは初めて平井正也さんがここでライブした時とおんなじで

1曲目の「札幌ナンバーの最後」って曲がボクはこの日聞いた曲の中で最高の1曲でした

古宮くんの事を平井正也さんが紹介コメントで書いていた

「無敵な感じ」って言うのが分かった気がしました

それと同じく「そして無敵ってのは、同時に世界のすべてを敵にまわすことでもあるんだ」って言う

その続きの文章がそのまんま当てはまるのも分かった気がしました

古宮くんのTシャツに書いてあった「みかた以外、全部敵」って言葉も妙に心に残っています


あまりの迫力に「鬼気迫る!」とか「狂気の!」なんて

後からいろんな人に感想を聞いたけど「とにかく怖かった!」って声が圧倒的に多くて

それでも確かに会場にあたたかな一体感みたいなのは無かったのかもしれないけど

ボクとこーちゃん以外にも本当に酷く感動したお客さんがいたみたいで

ライブ終了後に15枚しかないCDを競うように購入しては

でもライブ中の古宮くんの表情にビビってか

なかなかサインをもらいに行けないでウロウロしている姿を見て

それだけ本当になんだか嬉しかったです

ロックなんだからブルースなんだかアイリッシュパンクなんだか

簡単に近づけないこの感じがボクにはなんだか妙に丁度良く見えました


これはボクだけなのかも知れないけどライブを見てCDとおんなじなんてのはつまらなくて

あんなに真っ直ぐな歌を目の当たりにして本当にずっとドキドキしっぱなしでした

パーカーの袖がちぎれるんじゃないかってくらいきつく握りしめながらボクは

最後の最後までずっとずっと古宮くんから目が離せませんでした


古宮くんの歌っている時の表情を澁谷くんに見せられなかったのが残念だったし

ギターの弦をバッチンって弾くヤツを近江くんやハゼくんに見せられなかったのが残念だったし

古宮くんの真似をして長いハーモニカーを三浦くんに買い与えようと思いました


さよならからまだ3日しか経っていないけど

近江くんが「僕のレテパシーズ」の曲を何曲もギターで弾けるようになっていて

電話越しで嬉しそうに教えてくれてそれがなんとも嬉しかったです

この好き過ぎてすぐに真似しちゃう感じがボクにとっての淋しい歌合戦で

そうやってボク以外にボクが好きな歌を誰かにも好きになってもらえたら

ボクはそれが何よりも嬉しいです

(でも近江くんはお店が忙しくてライブには間に合いませんでしたけどね)


今回は澁谷くん不在のため

写真はハイコーフェスのカメラマンでお馴染みの荒川さんによる撮影です
f0080704_1714919.jpg
f0080704_1721751.jpg
f0080704_1744721.jpg
f0080704_1751863.jpg
f0080704_176054.jpg
f0080704_1762668.jpg

f0080704_1771299.jpg
f0080704_1774310.jpg
f0080704_1782719.jpg
f0080704_1791060.jpg
f0080704_1793268.jpg
f0080704_1795699.jpg

f0080704_17101845.jpg

f0080704_17105855.jpg
f0080704_17113789.jpg

f0080704_17121086.jpg
f0080704_17123718.jpg

f0080704_17131320.jpg

f0080704_17134210.jpg
f0080704_17141557.jpg
f0080704_17144625.jpg

[PR]
by gomashioatama | 2013-03-05 17:19 | Gomashio日記 | Comments(6)

明日は雪が降るみたいだけどボクは楽しみだよ・・・

 三日間お天気が続いたおかげで、それだけで物凄くご機嫌です

日差しを求めてか1日中パタパタして外に出たい衝動に駆られて

あんまり気持ち良いから昨日の夕方は

友達と遊ぶ約束をしてこなくてヒマそうにしているさんちゃんを連れて

ゴマシオを抜けて駐車場でキャッチボールをしたんだけど

知らない間にそれなりにキャッチボールが成立するようになっていて

めちゃめちゃなフォームだけど時々良い球も返って来て

それが本当に心地良い時間で久しぶりに心から笑ったなーって思いました

ボクが小学校頃もこんな感じで

学校から帰って来ては父さんとキャッチボールしたのを思い出して

ちょうど父さんが午前中に入院の時の快気祝いを持って来てくれた後だったので

何か良く分かんないけど「これで良いんだなー」ってそんな事を思いました


ようやく長い冬が終わるんだから

春になったら冬の分も取り返してたくさんたくさん笑いたいです

笑い皺が1度出来ると何日かクッキリ跡が残っておじいさんみたいなんだけど

でも笑い皺だらけの顔になりたくてボクは

笑う事だけど無理してでも続けていこうと思いました


明日はまた大雪が降るみたいだけどボクはそれ以上に楽しみで一杯です

明日3/2(土)は淋しい歌合戦がありますので

ゴマシオの通常営業は16時までとさせて頂きます

お客さんには大変ご迷惑をお掛けしますがどうぞよろしくお願いします
[PR]
by gomashioatama | 2013-03-01 11:48 | Gomashio日記 | Comments(0)