<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オレ頑張る!超頑張る!!・・・

人任せは1番カッコ悪いし

こーちゃんにこっちの更新を託したつもりがこーちゃんもこーちゃんで頑張ってるので

ハイコーフェスと同じ様にゴマシオを愛してくれて、それで毎日ここも見てくれてるみたいなので

ここもここで自分で頑張らないとですね

この人はブログなんか見てくれてないだろうなーってお客さんでもちゃんと見てくれてるみたいで

ブログに書いた内容と同じ話をしたら、ブログを読んですでに分かってたみたいで

同じ話を同んなじオチで話してるんだから恥かしい限りですね

なんにせよ、やらなきゃいけない8月が来るので覚悟を決めて面白く生活したいなーと思います


そんなこんなで、毎日毎日、夜に布団に入って寝るのだけが楽しみなくらいにいろいろ追われた生活ですが

昨日は近江くんとハイコーシネマの予告編を完成させましたので

今日、明日、明後日くらいには近江くんがアップしてくれるみたいなので乞うご期待です

家に帰って夜中の3時半で、流石にこーちゃん寝てるかなーと思ったら

うたた寝して、途中で起きたそうで、まだ起きていたのでビックリしました

こーちゃんはハイコーフェスの準備期間は絶対にボクを怒らなくて

夜遅くても別に怒らないし、定休日も早くから撮影だなんだで全然休めなくても文句も言わなくて

こーちゃんは実に凄い人だったんだなーと、今更ながらに感謝しています

多分、他の誰と結婚しててもボクはこんな人なのでしょうから

他の人が奥さんだったらと思うと、今頃とっくに愛想を尽かされているんだろうなーと

なので、こーちゃんが奥さんで良かったなーとそんな風に思いました

こーちゃんに言わせれば、この人の事なんか今だに理解なんか出来ないみたいで

やっとこのくらい分かって来たんだから、他の人にこの人の事が分かってたまるかって

そんな感じにこの人は難しいらしいので

でもボクはこの人と死ぬまで一緒なんだから
、いつかいろいろと折り合いを付けなきゃなーって

そんな風に思いました


カラカラの夏、待ちわびた8月が来るので超頑張ります

明日は午前中はみんなでプールに行って、午後はハイコーフェスのリクエストを書いて

夕方から映画を追加でもう一本撮って編集して

それでまた寝るのを楽しみにします


今朝さんちゃんも、こーちゃん床屋さんで散髪して結果ボクと同じ髪型になって面白かったです

本人は結構気に入ったみたいでしたが、同級生の子供たちがちょっと笑っていたので

ボクも笑われてるみたいでした
[PR]
by gomashioatama | 2014-07-30 00:12 | Gomashio日記 | Comments(0)

誰もいない海、ふたりの愛を確かめたくて・・・

昨日からさんちゃんが夏休みに入ったおかげで

毎朝強制的にラジオ体操が出来るのでとても良い感じです

喫茶店で生活しているから、誰かの都合で強制的に毎日何かしなきゃいけない事は少なくて

なんとなくこの、強制的に何かをやらされてる感が本当に新鮮で

おかげで朝から体も動かせて清々しいし、大人になっても夏休みはやっぱり良いなーって

ボクもこーちゃんも夏休みはないけど、どこかに出掛けるから思い出が出来る訳でもないでしょうし

さんちゃんと短い夏休み、今年もたくさん思い出を作りたいなーってそんな風に思っています

夏休みの思い出と言えば、やっぱり海だから

昨日は早速、約2ヶ月振りにハイコーフェスの準備以外の定休日の使い方で

朝なら雨だったけど諦めきれずに道川海水浴場まで行って、やっぱり雨だから赤旗で海には入れなかったけど

浜辺を海鳥を追って走ったり、死んだカニを捕まえたりして

こんな真夏に本当に誰もいない海を見れて、わー、やべー、森高千里じゃん、17歳じゃんって、だから海には入れなかったけど良かった様な気がしました

とは言え、さんちゃんが納得出来る訳もなくでザブーンまでプールに入りに行って

わざわざザブーンまで行っても、雨の中、こちらも誰もいない屋外の方のプールにわざわざ入って

寒い、寒い言って、大丈夫か?直樹!とか心配されて、また1つ思い出が出来たよって言ってもらえたので良かったです

帰り道、嵐みたいな天気の中を山道で、突然に走行中、車のエンジンが止まるあなたの知らない世界みたいな事が起きてビビったけど

怖すぎて食欲でないわーって言いながら、こーちゃんがすたみな太郎であらかた食べ終わった後

さらに追加で揚げパンとコーヒーを食べていたので可笑しかったです

そんな訳で夏休みに入ったので、ボクの方も夏休みの宿題、ハイコーフェスの出演者紹介文を書き始めましたので

そっちを書いてる間はきっとブログの更新はこーちゃん任せになりますので

しばらくの間はそっちを見たり、こっちを見たりで大変でしょうが

一生懸命書いてるのでぜひぜひ読んでくれたら嬉しいです

7月が烈火の速さで終わってしまいそうで怖いです

夏は本当に儚いね、だからこそこんなに惹かれてしまうのかなー
[PR]
by gomashioatama | 2014-07-24 19:28 | Gomashio日記 | Comments(0)

いつかあなたはあの男を愛さなくなるだろう・・・

三連休初日も無事に終了ですね、皆さんも面白い1日でしたか

さて、6月も半ばから全力で取り組んでいたハイコーシネマも

ボクの撮影する分は残りワンカットを残すのみで

宣言通りにちょうど1ヶ月で7本撮り終えてこれでようやく解放された気分で嬉しいです

ワンカット残っていたにも関わらず、こーちゃん床屋さんに散髪してもらって

エラが隠れないくらいにバッサリ切ったのでなんだかややこしい事になってしまいましたが

今週は近江くんとお互いの定休日を潰して撮影と編集が連日続いて

編集も9割くらい完成まで漕ぎつけられたので、まあ良いことにしようかと思っています

予告編やらイケイケTVやら、最後にはDVDも作らなきゃいけないし

ちゃんとワーイって思うまでにはまだまやらなきゃいけない事はたくさんありますが

こうやって世界で1番面白い日に少しづつ近づいていく毎日が忙しくも愛おしいなーと思っています

それにしても毎年くだらない映画ばかり作りますが今年は今までで1番良い感じで

ちゃんと三流の安い映画みたいな話からちゃんとバカバカしい如何にもって話までバランスが良くて

編集しながら二人で大笑いして本当に面白いです

需要がたくさんある訳でもないし、お金なんか全然入って来る訳でもないけど

携帯を弄ってても、テレビを眺めていてもなんとなく過ぎてしまう同じ時間が

ちゃんと思い出の時間になっているのだからそれで充分なんでしょうね

こころの中で思っている分にはセーフですが

なんでも口に出した事はやりきらないといけない性分でボクは

そんな風にくだらない事を面白がってやっていますので

褒められなくても全然良いので、出来たらやっぱりハイコーフェスには来てもらえたら嬉しいなーって

そんな風に毎日100回くらいは思っています


今でちょうど100人を少し超えたくらいの予約数なので

告知から1ヶ月でこれだけ予約を頂けたなら何時もの年に比べたら万々歳なのですが

ちゃんと250人、定員まで売り切れてもまだちょっと赤字な計算だし

とにかく売り切れるまではいつまでたっても安心出来ないので

いよいよ夏本番で短い夏を残すのみとなりましたが

必死でやらなきゃねって、ギアを上げて行こうとそんな風に覚悟を決めています

ギアが上がったおかげか分かりませんが、とにかく取り憑かれた様にシコシコ内職をしていて

今週はひたすらにコーヒー用の紙コップに出演者の皆さんのイラストを書くのを毎晩の日課にしていて

今日で120個全て完成して、手を叩いてこーちゃんと祝福しました

誰との約束でもないけど、自分と約束した事をちゃんと出来て良かったなーって

そんな訳で来週からはいよいよいよいよでハイコーフェス出演者の紹介文に取り掛かろうと思うので

これが言わば大きな1つのボクの役割だと思っているので

想いだけは一流のつもりで書いていますので、楽しみにしてくれてる方は楽しみに読んでくれたら本当に嬉しいです


ハイコーフェスの話ばかり書いてしまいますがゴマシオも毎日絶賛営業中ですので

どうぞどうぞでよろしくお願いします


[PR]
by gomashioatama | 2014-07-19 21:42 | Gomashio日記 | Comments(0)

友だちじゃないから好き・・・

友達じゃないから好きってお客さんが何人かいて

友達じゃないって言うとあんまり良い感じがしませんが

なんとなくお互い踏み込み過ぎない絶妙な関係を壊さない様に大事にしたいなーって思っていて

ボクと友達じゃない人はゴマシオでしかボクに会えないから

ゴマシオで会うボクって言うのをスゴく大事にしたいなーって思っていて

でもゴマシオで会うボクはゴマシオ用のボクだからその辺はやっぱり難しいところで

でもそんな感じで友達じゃないけど好きだなーってお客さんが本当に好きで

好きだから適当な距離を保っていたくて

そんな好きなお客さんの1人の人から

ちょっとこの間来てくれた時にウッカリ喰いたいなーって話した福田パンをもらって

あー、嬉しいなーって、わざわざコレを差し入れに来てくれたのかなーとか思ったら

友達じゃなくて良かったなーって、なんかそんな風に思いました






[PR]
by gomashioatama | 2014-07-13 23:07 | Gomashio日記 | Comments(0)

ハイコーフェスの新CMです・・・

 『ハイコーフェス』までのお楽しみ

みんな大好き、『ハイコーCM』を新たに2本追加したので見てください


扱った題材がギリギリ過ぎて怖いところもありますが

相変わらずの何のCMなのかさっぱり分かりませんが

とにかくとにかく心配されるくらいの『悪ふざけ』を貫いていきたし

ちょっと狂ってるくらいに『愛情』を押し付けたいと思っているので

1部の熱狂的なファンの皆さんたちからは

『CMが面白い!CMが面白い!』と評判なのですが

『ハイコーフェス』本番はCMの100万倍くらい余裕で面白いと思っているので

当日あの場所でしか見られない、『イケイケTV』と言う

インターネットに上げられるCMの100倍くらい面白い限定CMもありますので

なのでこんなCMでも面白いと思ってしまった人は

絶対後悔させないのでボクが、なので本当に『ハイコーフェス』に遊びに来てくれたら嬉しいです


今日現在で前売りチケット90枚ご予約頂いてますので

例年に比べたら異常なまでのスピードでご予約頂いておりますので

もう本当に、世界で1番面白い場所にしますので

どうぞ皆さんよろしくお願い致します


今日は定休日でしたが本当に心身共に疲れ果てていて、でもやらなきゃいけない事だらけで

近江くんと映画を1本だけ編集して、夕方6時から7時まで少し昼寝をして(もう昼寝じゃないですね)

本当に『ハイコーフェス』にこの夏を捧げてるみたいな休日の使い方なので

本当に本当にたくさんの人に見に来てもらいたいなーって思っています



『ハイコーCM 記者会見編』

『止めた方が良い!』と言われるとやらなきゃいけない使命感が出てくると言うか

どうせ『たいへんよくなんてできません』から『ハイコーフェス』は

ボクはコレでも『愛情』だって思ってやっています



『ハイコーCM ハイコー、サイコー編』


こーちゃんの『テツ&トモ』が素晴らしすぎて

最近は、こーちゃんが芸人なんじゃないかと思うくらい面白くて好きです

ナレーションの近江くんのお店で働いている高山さんの声が素敵で

積極的に起用させてもらってます
[PR]
by gomashioatama | 2014-07-09 21:23 | Gomashio日記 | Comments(2)

楽しい事で塗り替えましょう

先週末は、淋しい歌合戦でした。

ただゴマシオにお茶しに行こうとしてくれた人や

予定を余儀なく変更する事になってしまった人には本当に申し訳ないのですが

また懲りずにお茶しに来て下さい。

歌合戦に集まってくれたお客様。ありがとうございました。

楽しこと盛りだくさんの夏に、あの場所に集まってくれて本当に良かったです。

世田谷ピンポンズさんは、絵に書いたような人で

イメージ通り過ぎてビックリしました。

かおちゃんが、こーちゃん!道路にこの絵と同じ顔した人いたょ!!

って興奮しながら入ってきたから面白かったです。

どれも良かったけど、

カランコロン、、、のやつが最強でした。いい歌すぎる。

あと、ナオも言ってたけど
サヨナラが無いからこんなに淋しいのかな、、、

が、多分CDリピート一番多いから、やっぱり生で聴けるのは贅沢だと思いました。

小田晃生さんの歌は、優しい歌でした。

最後に、これを歌ってもらわなければ困るっていうのを

アンコールで歌ってくれて

本当は新しいCDから歌わないといけないから失礼かもしれないけど

最後の一曲がすごくよかった。

何年も歌ってなくて、思い出もあってちょっと緊張するって言いながら

本当に緊張しながら歌ってくれたからかな

なんかすごい良かったです。

目の前で人が歌うっていう楽しさは

最近知ったのですが、CDや動画じゃ伝わらない何かがあるから

もっともっと触れた方がいいものだと改めて思いました。


なので、ぜひぜひ皆さま!ハイコーフェスは贅沢過ぎますので遊びに来て欲しいです。ちゃっかり宣伝。





今日は念願の定休日。わーいわーい。

水曜日のお楽しみだった、22時枠のドラマ

早く次の面白いの始まらないかなーって思っていましたが

今夜からのも楽しそうです。

満島ひかり押しが強いですね!

しかも、なんでしょう。

妻夫木くんは、どーしても他人と思えない所があって

あと、山田孝之くんとか小栗旬とかただ同じ年ってだけなのに

なんかテレビで見ると勝手に同級生かなんかな気分がしてならないのです。勝手です。

人間のドロドロが垣間みえる日常的なドラマなんだろう。楽しみ。

主題歌なのか挿入歌なのかわかりませんが、

若者のうた

っていうのが、私の思い出の中にもあって

小学校の水泳部の最後に必ず歌わされて

凄い厳しいコーチがいたから、多分人生の中で始めて

歯を食いしばって何かをしたのは、水泳部が最初だったなーって。

店を始めて2年目くらいに、慣れと先の不安と疲労みたいなので

疲れ果てた日常があって、その時あさ箒で床を掃きながら

頭の中でぐるぐるその歌が流れてきたので、

あーまだまだ頑張らなきゃいけないな

とか、小学校の思い出が蘇ってきて、そいゆう時代もあったなって
懐かしい気分になりました。

『君のゆく道は果てし無く遠い
なのになぜ歯を食いしばり
君はゆくのかそんなにしてまで』

田舎の方は、季節的な部活は自動的に入らされるわけで

小4でよくわからないまま入部になり、小5で入部届けを出さずに無言の抵抗。

友達と放課後に、誰も入部するなんて言ってないんだから行かなくていい!!

ってブラブラしてたら校内放送で呼び出されて怒られた。

なんて理不尽な世の中だったんでしょう。

世の中はすでに理不尽で埋め尽くされてたんだろうね。

おかげで泳げますので感謝はしてますけどね、本当だょ。

理不尽もものともせずに生きれたら、幸せになれるのかもね。


そういえば、夏はジブリ祭りらしいです。

第一弾、先週末は『もののけ姫』でしたが、

私のジブリランキング一位は、もののけ姫なのですが

宮崎駿の頭の中が気になって調査した結果によると

もののけ姫も、最初は、テーマが、生きろ!だから

森と自然と人間は仲良く共存しなさいよ!って事を言ってるんだと思ってきましたが

どうやら、不条理を受けいれて、世の中不公平な事だらけなんだから、それでも生きろ!

って事を言いたいとかなんとかそうゆうニュアンスらしいです。

が、私が宮崎駿さんの何を知ってるわけでもないので

偉そうな事は言えませんけど(笑)



でも、例えば我慢できない理不尽な出来事を我慢するのは良くないけど

どーでもいい事に腹を立てている事の方が多くて

それも考え方次第だから柔軟でいたいけど

だからどーでもいい自己解決できる苛立ちは、くだらない事で無かった事に変えてしまえばいいと最近思う。

例えば、笑って忘れる。なかば強制的に。つまり、芸人のYouTubeを見て笑う。

強制的に笑い癖をつければ、癖になるかもしれないもんね。

笑いは担当じゃないと思って30年くらい生きてきたけど

最近は大阪人の素晴らしさに感動すらしてるので

新しい感覚があるから楽しいです。

PTAで親子で落語を見ましょう!っていうのがあって

落語は興味ないよーって思ってたのに

これは素晴らしい技だなって、ちょっと感動すらしてしまって

プロだなーと思った。しかも大阪の軽さみたいなのが、苦手だったけど
これは取り入れないともったいないかもね。

桂三若さん。桂三枝の弟子なんですかね?楽しかった。

小学校の授業の一環で、下ネタもバンバンだすし

それが一番子供たちが盛り上がるわけで

でも見てる先生も、笑ってる人と無表情の人がいて

やっぱり笑ってる方がいいなーって思った。









[PR]
by gomashioatama | 2014-07-09 09:02 | Gomashio日記 | Comments(0)

『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』に来てくれた皆さんに・・・

改めまして、 『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』に来てくれた皆さん

今回も本当に本当に、来てくれてありがとうございました

7月にして、今年最後の淋しい歌合戦は

決して夏向きとは言えないフォークソングの歌合戦でしたが

淋しい歌合戦の名に恥じない、実に淋しさの漂う久しぶりの雰囲気で

『フォー!』とも『イエーイ!』とも歓声が上がらない感じ

あの感じこそがやっぱり淋しい歌合戦らしくて

真剣に歌と向き合うなんて言うと大げさかも知れませんが

いつまでも緊張感が伴うあの独特の雰囲気の中

来てくれた皆さんが真剣にお二人の歌に耳を傾けている姿を見るのが

ボクはやっぱり好きだなーと思いました


まず最初に登場しました『世田谷ピンポンズ』さんは

皆さんの前で歌う時は黒い水玉のシャツに着替えてしまっていましたが

ちゃんと約束通りに『ドラえもん』のロックTシャツを着てきてくれて

オカッパ頭に丸メガネ、どこまでもシャイで

決して目を合わせずに『今日はお願いします!』と言うその姿も

ボクが思い描いていた『世田谷ピンポンズ』さんそのもので

ライブ前の会場準備中、『何か飲みますか?』ってボクに

お約束通りの『ソーダ水』を注文してくれて、『喫茶店好き』は流石のもので

きっと『ソーダ水』を注文してくれると思っていたから

前の日にしっかり準備しておいた、炭酸水とブルーハワイシロップで『ソーダ水』

『これもらって良いですか?』って、女の子のお客さん達と同じ様に

ボクが書いているおなじみのコースターを持って帰ってくれて

『本棚の本が、ボクの家の本棚とほとんど一緒です!』って

そもそもボクが『世田谷ピンポンズ』さんのCDを聴くようになったのも

歌詞に『コーヒー』や『喫茶店』がちょいちょいと出てくるのが始まりだったから

好きなモノが似ているからボクの好きな歌を歌えるんだなーとそんな風に嬉しくなりました


今まで10回以上開催されているこの淋しい歌合戦ですが

本番前、『世田谷ピンポンズ』さんほど緊張されていた人は初めてと言うか

なんて言うか、それが本当に良くて

『ライブは告白みたいなものだから、オレは声が上擦ったり、緊張しない奴なんか信用できないね!』って

大好きな『僕のレテパシーズ』の『古宮くん』が教えてくれたその名言を思い出しながら

震えた手で握手した『世田谷ピンポンズ』さんに勝手にとてもワクワクしました


小田晃生さんのレコ発ツアーですので短めの40分のライブでしたが

聞きたかった歌をたくさん歌ってもらえてとても嬉しかったです

中でも個人的にお気に入りで擦り切れるくらいに聴いている

『三軒茶屋リトルスターウォーズ』(カランコロンの歌です)と『グッドバイ』は格別に良くて

とにかくこの2曲の歌詞は天才とか言い様がないくらいに良くて

『君がさよならを放り投げたから、ボクもさよならを言わなくなった』って

『さよならがないからこんなに切ないのかな?』って

『さよならがないから何もかも嫌になるね』って

『真っ直ぐに切り揃えられた、君の前髪は良い感じだな』って

『それ定規で切っているのかい?そうだね、じゃなきゃ、そんなに真っ直ぐに切れないものね』って

どうせ売れるならこの2曲で売れて欲しいってくらいに本当にグッときました

1曲目に歌ってくれた『H荘の青春』も

歌い出しの歌詞が『シコシコ生きている僕です、シコシコ右手を動かしている僕です』なのですが

淋しい歌合戦のあの緊張感、あの雰囲気であえてこの歌を1曲目に歌う辺りも

これこそボクの好きなフォークソングの完成系だなーと

『頑張ってます』とも『愛してます』とも歌わなくとも、耳障りの良い言葉を並べなくても

全然1つもカッコ良くないのに、カッコ悪くてカッコ良いんだから

それがボクのやりたい生き方とちょっと重なるなーって

『自虐』じゃないけど、『フォーク』だけど『パンク』なんだよなーって

大体どこに言ってもカッコ悪いフォークソングですが、それで良いんじゃないかなーって

『ボク、フォークソングが好きです!』って

『世田谷ピンポンズ』さんの歌を聞きながらそんな事ばかり考えていました


続いての登場は『小田晃生』さんで

なんて言ったら最適な表現なのか分かりませんが

やっぱり『流石だなー』って、貫禄じゃないけど上手いなーって

全然穏やかなんだけど、間合いを合わせてスーっと懐に忍び混んでくる感じ

ジャッキー・チェンのカンフー映画なんかで

ものすごい年寄りの穏やかなお爺さんがいて

でも実はそのおじいさんはカンフーの達人で

本当に少ない動作で大男たちをバタバタと投げ倒すみたいなシーンがあるけどなんかそんな感じ

会場にいたお客さんが次々に引き込まれている姿に

歌を歌う人にこんな言い方はあってるのか分かりませんが『技』が凄いなーって

『力』でお客さんのこころを持っていく人もいれば

『技』でお客さんのこころを持っていく人もいるんだなーと

とにかく本当に心地良い程にあっと言う間に時間ばかり過ぎてしまいました

ボクは個人的にロマンティックな小田さんの歌が本当に好きで

2年前のハイコーフェス、走り回ってばっかりで2曲くらいしか聞けなかった小田さんの歌を

『僕はこわくなった』、『コンティニュー』、『こころ』、『里帰り』、『夜道』、『もう少し』

バカみたいに聴いてきた曲を、ちゃんと聞きたいだけちゃんと聞かせてもらえたので

それが本当に本当に良かったです

ロマンティックな曲を少し照れながら歌う『小田晃生』さんの姿に

淋しい歌合戦に来てくれる女の子たちなんかはただでさえそう言うのに弱いから

それはそれは大層にメロメロなのだろうと辺りを何度も見回しながら

そしたら案の定、『小田晃生』さんの大ファンの澁谷くんが今にも泣きそうで

こーちゃんの話によれば、泣きそうと言うか、ほぼ泣いていたそうで

澁谷くんが東京から帰ってきた今からちょうど5年前

ボクと澁谷くんが仲良くなったきっかけの1つが

『小田晃生』さんの『まるかいてちょん』って同じCDを聴いていた事だったから

そんな澁谷くんとこの場所で『小田晃生』さんの歌を聴けたこと

ボクはそれが何より嬉しかった気がします

『小田晃生さんって久しぶりのはずなのに、なんかあんまり久し振りって気がしないんですよ』って

ゴマシオに来てすぐの小田さんにそんな風に話し掛けたら

『それはボクと澁谷さんが似てるからじゃないですか?』って言っていて

良かったね、澁谷くん、これで正真正銘、小田さん公認の偽物になれましたよ

本当に本当に『小田晃生』さんは良い人で良い歌を歌う人で

ボクはやっぱり、『小田晃生』の歌も好きだけど、人が好きだなーと改めて思いました

それで、結局は全部人と人

それじゃなきゃ、長続きする関係なんか築けないなーと改めてそんな風に思いました


別れ際、最後の最後に『小田晃生』さんが言ってくれました

『小田さんはハイコーフェスに出ないんですか?って、さっき何人かのお客さんに聞かれたんで、

呼んでもらえたらボクはすぐに行きますんで、またきっと呼んでくださいね』って

物腰の柔らかい小田さんなので、全部は言わなくともボクも分かっているつもりです


あの『小田晃生』さんがもう1度出演したがる『ハイコーフェス』は9/7です

今年の淋しい歌合戦はこれでおしまい

今後は『ハイコーフェス』で、それでまた1人でも多くの人に『淋しいな』って

1人になった途端に、そんな風に思ってもらえたら嬉しいです
[PR]
by gomashioatama | 2014-07-08 21:46 | Gomashio日記 | Comments(0)

写真で振り返る淋しい歌合戦・・・

 『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』に来てくれた皆さん

今回も本当に本当にありがとうございました

小田晃生さんも帰りにおっしゃっていましたが

お店の常連さんがお客さんのほとんどで

それでちゃんと1つのライブとして集客が成り立つんだから

これは本当に皆さんのおかげで

とにかく皆さんも早く写真が見たいでしょうし

貼り付けに2時間も掛かりましたが、恒例の写真で振り返る淋しい歌合戦です

今回はいつも写真を撮ってくれる荒川さんと

新人カメラマンの除雪さんが二人体制で撮影したので

ちょっと見にくいかも知れませんが2パターンでお楽しみください

f0080704_2118272.jpg
f0080704_2118166.jpg
f0080704_2118356.jpg
f0080704_21185557.jpg
f0080704_21192324.jpg
f0080704_21193170.jpg
f0080704_21195414.jpg
f0080704_2120179.jpg
f0080704_21202953.jpg
f0080704_21202669.jpg
f0080704_2121750.jpg
f0080704_21212683.jpg
f0080704_21213668.jpg
f0080704_2122025.jpg
f0080704_21302652.jpg
f0080704_21303260.jpg
f0080704_2131279.jpg
f0080704_2131161.jpg
f0080704_21314372.jpg
f0080704_21314416.jpg
f0080704_21321592.jpg
f0080704_21321825.jpg
f0080704_21325418.jpg
f0080704_21325476.jpg
f0080704_21332783.jpg
f0080704_21332791.jpg
f0080704_2134148.jpg
f0080704_2134229.jpg
f0080704_21343579.jpg
f0080704_21343691.jpg
f0080704_21351023.jpg
f0080704_21351169.jpg
f0080704_21354288.jpg
f0080704_2135486.jpg
f0080704_21362030.jpg
f0080704_21362188.jpg
f0080704_21365173.jpg
f0080704_21365140.jpg
f0080704_21372332.jpg
f0080704_21372246.jpg
f0080704_21375463.jpg
f0080704_21375455.jpg
f0080704_21382737.jpg
f0080704_21382975.jpg
f0080704_2139584.jpg
f0080704_2139778.jpg
f0080704_21394122.jpg
f0080704_21394276.jpg
f0080704_21402496.jpg
f0080704_21402536.jpg
f0080704_21405880.jpg
f0080704_21405957.jpg
f0080704_21413078.jpg
f0080704_21413181.jpg
f0080704_2142219.jpg
f0080704_2142537.jpg
f0080704_21423638.jpg
f0080704_21423980.jpg
f0080704_21431210.jpg
f0080704_2143142.jpg
f0080704_21434759.jpg
f0080704_2143498.jpg
f0080704_21442243.jpg
f0080704_21442320.jpg

ここまで荒川さんの写真です

ここから除雪さんの写真です
f0080704_21451530.jpg
f0080704_21453029.jpg
f0080704_21454763.jpg
f0080704_2146540.jpg
f0080704_21461990.jpg
f0080704_21463752.jpg
f0080704_21465547.jpg
f0080704_21471515.jpg
f0080704_21472974.jpg
f0080704_21474479.jpg
f0080704_2148267.jpg
f0080704_21481671.jpg
f0080704_21483043.jpg
f0080704_21484345.jpg
f0080704_21485710.jpg
f0080704_21491026.jpg
f0080704_2149228.jpg
f0080704_21493445.jpg
f0080704_21494539.jpg

[PR]
by gomashioatama | 2014-07-07 22:05 | Gomashio日記 | Comments(2)

最後のお願いです・・・

明日の淋しい歌合戦、夕方からキャンセルが四人も相次いで出てしまいまして結構落ち込んでいます

もしまだ行こうか悩んでる人がいたら本当に本当にぜひぜひ遊びに来て欲しいです

この恩は絶対忘れませんのでボクは

ボクに恩を売るつもりでもなんでも良いので

このままではなんとも悲し過ぎるので良かったどうかよろしくお願いします



[PR]
by gomashioatama | 2014-07-04 20:29 | Gomashio日記 | Comments(2)

7/5(土)の営業時間について・・・

 いよいよ明日は『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』ですね

夏本番を前に、フォークソングで一息出来そうで本当に楽しみです

好きな人に歌いに来てもらうんだから

淋しい歌合戦は箱代みたいなのは貰わないことにしていて

なので淋しい歌合戦はやればやるだけ赤字になるのですが

ボクとこーちゃんが楽しいとか面白いとか思う間は

年に2回だけ、淋しい歌合戦も続けていかなきゃいけない事の1つだと思っていて

見に来て頂ける皆さんのために小田晃生さんも世田谷ピンポンズさんも

絶対良いライブをしてくれると思っていますので

ボクらのこの日常の中に、少しでも良い風が吹きますようにと

『フォークソング舐めんなよ!』って、明日は一緒に楽しみましょうね


そんな訳で、誠に勝手ながら明日7/5(土)は

17:00より、『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』が開催されますので

通常の営業時間を9:30~15:30までとさせて頂きます

まだもう残り5人入場も可能ですので

当日駆け込みでも全然OKですのでぜひぜひ遊びに来て頂けたら嬉しいです


しつこく以下詳細になりますが、どうぞよろしくお願い致します


〇2014年7月5日(土) 
『小田晃生と世田谷ピンポンズの淋しい歌合戦』
開催場所 gomashio-kitchen (秋田)
開催時間 open 16:45 start 17:00
入場料 前売り予約 ¥2500 当日 ¥3000
    (出演者にちなんだ1ドリンクとお土産付き)
定員 狭い店内につき、今回も先着30名様限定とさせて頂きます
予約&問い合わせ 5月1日より、ゴマシオキッチンにて受付開始
         TEL 0187-73-5386
         メール gomashio@cosmos.ocn.ne.jp


今年最後の淋しい歌合戦です

どうぞどうぞ、ぜひぜひ遊びに来てもらえたら嬉しいです

古いアルバムから、よりすぐりでボクが小田さんにたっぷりリクエストさせてもらったので

この名曲、『夜道』も歌ってもらえるはずです


『三軒茶屋リトルスターウォーズ』は本当に超名曲だと思っていますので

女の子たちは絶対にこの曲を聴きに来た方が良いと思います
[PR]
by gomashioatama | 2014-07-04 13:59 | Gomashio日記 | Comments(0)