<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハイコー行こうよ!

ハイコーフェスまであと一カ月になりました。

あっとゆう間にそんなじきにさしかかってるのかと現実把握できない感じですが

バタバタと8月に入ってからずぅーっとお盆帰省が続いてるようなゴマシオでしたが

夏休みも終わって、今日から息子様も出校しまして

久々に穏やかな朝を迎えております。

なぜ、息子に様がついたのか?それは、夏休み前半満喫すぎて全く宿題放置した状態で?なんの根拠もなく完成させてやるよ!

と啖呵きった息子、マジでやりきったら様付で呼びますょ!!ってなやりとりがありまして

後半山の様な宿題と向き合って、こりゃ無理やな!ってなとこでまさかの見事にやり切ったー!

キャー!素敵。
まあ?内容はさておき、、、。
ノートを自力でら埋め尽くした結果を認めます!

脱線しました。
そんなこんなで、朝ってこんなんだったか、と久々の空気感が流れていて

テレビからワニマ生出演って特集が流れて

あー、結構好きかも!って思って
ブルーハーツ、オレンジレンジ、ハイスタ、グリーンみたいな流れを感じで

あーこの感じで、次あたり「僕のレテパシーズ」です!なんて出てきてもおかしくないよね?コレ!

ってちょっと心躍る感じがした。

なんだろ、あの新人バンドがいじられてる感じ。

ユーチューブでブルーハーツMステ初出場!とか見るとだいたいいじられてて

こんな扱いなんだー、テレビって。って、ちょっと違和感あったりしたけど

だいたいその感じで売れてくから、なんかその感じがすごく頭の中にイメージできて

1人でヤバー!テレビで見る日も近いかもーなんてドキドキした。

思い返せば大森靖子さんが初めてゴマシオにギター一本背負って1人で来てくれたあの日が

あれからどんどん階段を上がっていってて、メジャーで活躍してるのにまたハイコーに来てくれる現実

コレって相当凄い事ですよね??
って不思議な気分になった。

ハイコーにも歴史が出来てきたんだね。

今年のラインナップも見逃せない!のオンパレードで、マジでカレー作ってる場合じゃないよ!

レテパシーズのはなえもん画伯書き下ろしイラストTシャツも発売開始されて

また少し何かが動き出したようなハイコーフェスですね。

まだイマイチ聞いたことあるけど、よく分かんないからいーやー別にー。

って人も、暇つぶし程度にでもホームページをくまなく覗いたら

もしかしたらなんかセンサー引っかかる部分があるかもしれないし

今抱えているモヤモヤの糸口は以外と全く関係のないところにあったりする事もあるし

何が起こるか分からないからね。
是非来てね。


iPhoneから送信

[PR]
by gomashioatama | 2016-08-24 16:37 | Comments(0)

【再掲示】大森靖子2016年全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」 AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演について

『大森は自分を大事にしてくれた人は一生忘れない人なんでしょうね』

『売れてない時に声をかけてくれたりした人には感謝している人です』

スターになっても尚、全国ツアーの度にわざわざこんな田舎町に

しつこいほどに歌を届けに来てくれる大森靖子さんの想いを

山本マネージャーはそんな風にボクに教えてくれました


ボクの知っている大森靖子さんは

決まってライブ中にこんな風に言ってくれます

『毎年、しつこくこの場所に歌いに来ます!』

去年の春に大森靖子さんが洗脳ツアーでゴマシオで歌ってくれた時も

いつもと同じ様にそんな言葉を言い残してくれたのですが

でもその翌日にこーちゃん(妻)とこんな会話をした事を覚えていて

『もう大森靖子さんに会えない気がするね』って

『ここで歌うのは最後な気がする』って

『え、何でそう思ったの?』って

『ライブ終わった時の顔を見たら、なんとなくね』って

そう言われると何だか本当にそんな気がしてきて

想い出せば想い出す度にそんな顔をしていた様な気がしてきて

その後の2年続けて出演してもらっていた9月のハイコーフェスは

皆さんもご存知のとおり出産前の本当に大切な時期だったため

春のこの時点で出演を見送らせて頂きたいとのお話を頂いていて

なので、本当の事を言えばもう二度と

本当は『この場所』ではもう会えないのかもと

本当の事を言えばそんな風に思わずにはいられませんでしたが

でもそれでも諦めきれないみたいな信じたいみたいなのが

いつもいつもいつもいつも心の隅っこにこびり付いていて

そんな諦めの悪いボクらの気持ち悪いくらいの想いを

ボクが想っている以上に大森靖子さんは『信頼』してくれていたのかも知れません

本当のところは大森靖子さんにしか分かりませんが

でも本当のところは『信頼』まではしてくれてなくても

でも自分勝手に信じている想いに頼ってきてくれたんだから

どんなに世界が変わっても相変わらずのこれこそが

『大森靖子』さんの『愛の形』なんだと信じてしまいます

例え『この場所』が『ゴマシオキッチン』では無くなってしまっても

歩いて5分の『この場所』でもう1度大森靖子さんに会えるんだから

『この場所』がほんの少し変わってしまっても

『この場所』がボクの目に映る限りは

変わらずに『この場所』が『ボクの本現場』です


メジャー2ndアルバム「TOKYO BLACK HOLE」を引っさげまして

いの一番、記念すべきツアースタートの初公演に選んで頂きました

2016年10月1日(土)

『TOKYO BLACK HOLE TOUR AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演<弾語り>』と題打ちまして

再び『この場所』に歌いに来てくれますから

ぜひぜひ皆さんあらゆる手段を使ってチケットを掴み取ってくださいね


『ゴマシオでやるか、近くで良さそうな場所でやるか、どうしたら良いですか?』

山本マネージャーからメールを頂いて

本当は今年もゴマシオで出来たら1番嬉しいけど

やっぱりたくさんの人に愛されている方が似合っているので大森靖子さんは

たくさんの愛に、たくさんのそれぞれの愛に包まれて

それがいくつにも重なり合って『気持ち悪い』くらいの方が似合っているので大森靖子さんには

いくつかの候補会場の中から今回の秋田ツアーの会場に選ばれた『湧太郎 國之譽ホール』と言うのは 

他の全国の会場に比べればちゃんと音響設備が揃っている訳でもありませんし

恐ろしい程雰囲気が良いかと言えば、歴史がある蔵ってくらいで

会場自体にものすごいパワーがあるって訳ではありませんが

そもそもライブ会場に使われる事なんかほとんどないですし

遠方からいらっしゃるお客さんにしてみたら

この辺鄙な秋田の中でも交通の便が良い場所でもありませんが

少しでも大森靖子さんとゴマシオキッチンの少しの歴史を知っている人になら

ゴマシオからすぐ近くの『この場所』で開催される事が

ほんの少しの大森靖子さんの『何か』な訳で

『何でいつもツアー先に秋田を選んでくれるのか?』皆さんも相当に不思議かと思いますが

ボクはハイコーフェスの時に大森靖子さんから言ってもらった言葉があるので

せっかくだからここに書き残しておきますね

これがボクの大好きな大森靖子さんです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ハイコーフェスを作っている人たちは非日常を作るのが上手い人たちで

クソつまんないと思うんですよ、秋田なんて毎日ね(笑)

でも、これに対するエネルギーがハンパなくて

去年それを初めて見た時に

この楽しい事へのエネルギーを集約したものに感動してパワーをもらったんです

だから、そのパワーを利用して毎日元気なフリをしているんです

みんなが一生懸命作ったモノをわたしの手柄にして

さも、『わたしの音楽で作っていますよ!』的なコレ、サイコーですよ!』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日がクソつまらないこの秋田で

アウェーならアウェーのヘンテコな偏っ愛情で

逆境な状況に立てば立っただけ

その状況をひっくり返して来たのが大森靖子さんだからこそです

クソつまらない秋田でしか見れない特別特別な非日常の世界

クソつまらない秋田でしか見れない特別特別な大森靖子さんの秋田公演になるはずです


主催者って訳でも無いですし、会場がゴマシオキッチンって訳でも無いし

ボクなんかただのお手伝いくらいしか力になれませんが

こーちゃんが今回は『無修正ロマンティック大森靖子顔クッキー』も作ります

ボクが書く『愛してる.紙copドリンク』も提供します

その他にも大技は出来ない代わりに手数で勝負しようと思っています

知らない人にとってはしょーもないくだらないそんなおもてなしかも知れませんが

ファンの皆さんならきっと喜んでくれると思っていますので

本当にやれる限りの事をして集まって下さるお客さんの事も精一杯でおもてなし致しますので

どうぞ、どうぞで2016年10月1日(土)

「TOKYO BLACK HOLE TOUR」 AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演を楽しみしてくださいね


尚、チケットの販売についてはゴマシオキッチンでは一切対応出来ませんので

チケットの一般発売については8/27(土)から全国一斉発売になるそうなので

それに先駆けて一昨日発足したばかりの大森靖子さんのファンクラブ

『大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」』のファンクラブ会員になりますと

入会後すぐにファンクラブ会員先行申込み(抽選)が可能らしいので

ぜひぜひ皆さんも会員になりましょうね

詳しくは以下をご覧下さい

f0080704_22254040.jpg
■■■■TOUR SCHEDULE■■■■
大森靖子2016年全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」

10月1日(土) AKITA● 湧太郎 國之譽ホール <弾語り>
open16:00 start17:00 料金:¥3,800(税込) 別途ドリンク代¥500
ゴマシオキッチン特製「愛してる.紙cop」付オリジナルドリンク紙cop
&「無修正ロマンティック大森靖子顔クッキー」付

【大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」新規入会】
3/22 大森靖子オフィシャルサイト(http://oomoriseiko.info/)にてURL公開。
*公開と共に入会申し込み可能

【大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」最速先行受付実施!】
ファンクラブ会員限定に最速チケット先行受付を実施。
更にこのファンクラブ先行受付でチケット購入された方のみに、
全国のファミリーマート店舗に設置しているマルチコピー機のプリントサービス「ファミマプリント」にて、
【オリジナル限定ブロマイド】をプレゼント!
※「ファミマプリント」とはファミリーマートのマルチコピー機でプリントコンテンツを購入できるサービスです。
☆受付期間:3月22日(火)11:00~4月12日(火)23:59

大森靖子 オフィシャルサイト

※遠方からいらっしゃる皆さんは交通の便が非常に気になると思いますが

最寄駅の『大曲駅』は『秋田新幹線こまち』も発着しますし、『東京からの夜行バス』も発着します

『大曲駅』から『会場』までの移動は

『タクシー(片道2000~3000円程度』または『羽後交通バス(片道600円程度』になります

『タクシー』での移動ですと駅前に何台も止まっていますので問題ないかと思います

『羽後交通バス』での移動ですと

大曲駅前から『羽後交通バス 横手行き』または『羽後交通バス 横手病院行き』に乗車して頂き

(どちらも同じルートのバスですが終着地のみ違うだけなのでどちらの表示のバスに乗っても大丈夫です)

『六郷米町停留所』で降車して頂き、そこから徒歩で5分程度の場所に会場があります

(これが1番分かりやすい地図を書いたので見てください!本当にこの通りです!)
f0080704_22592150.jpg


いづれの方法でいらした場合でも

お帰りの際には最終便までには『大曲駅』まで移動できるように

余裕を持って公演終了時間を提案させて頂いたつもりですので

行き帰りともに下記の時刻表をご参考にして頂きまして会場までいらしてください



秋田公演については

お問い合わせ窓口がゴマシオキッチンになりますので

電話0187-73-5386またはメールgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまでご連絡ください
f0080704_23003091.jpg



[PR]
by gomashioatama | 2016-08-02 10:39 | Gomashio日記 | Comments(0)