5/17(火)の営業について・・・

急なご連絡になってしまいますが

明日5/17(火)は急用が入りましたのでゴマシオは臨時休業とさせて頂きます

ご来店を計画してくれていた皆さんには大変ご迷惑をお掛けしますが

どうぞよろしくお願い致します

[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-16 22:11 | Gomashio日記 | Comments(0)

『ヒロネちゃんの淋しい歌合戦開催』について・・・

慌ただしさだけが続いたGWの毎日がウソの様に

今日はようやく穏やかなただの喫茶店です

開店すぐにいつもの常連さんがごはんを食べに来てくれて

『まだまだGWは続いているのかなー』なんて思ったりもしましたが

その後はお昼まで本当にゆっくりしたもので

こーちゃんが溜まっていた帳簿をまとめたり

ボクはボクでぷらぷらと郵便局に行ったり、こうやって久しぶりにブログを更新してみたりで

また今日から日常が始まるのかなーなんて思ったりしています


『やっぱりお店が忙しくなってブログを書く暇がないんですか?』って聞かれる事が何度もあって

本当は去年の秋から意識してブログを書かないようにしていて

偉そうだけど誰かにとっての『意味』を持つようになったのがなんだかめんどくさくて

『大事な事だけホームページでお知らせしよう!』って

おかげで全然更新していなくても1日にブログを覗いてくれていた人の数が

100人もいたのが今では10人くらいになっちゃってて

届いて欲しい事も全然お知らせとして機能してないのかもだけど

でも『良かったなー』言ったらダメなんだろうけど『良かったなー』とも思っています

なんだか可笑しな話だけどインターネットの中に本当のボクを探してもそこにはいないから

今日もちゃんとたかが喫茶店でボクらは、ただタラタラとコーヒーを淹れて生きています


峯田くんの新曲『生きたい』の『罪のようなものを感じるのです』って歌詞が好きで

そうなんです、ボクだってボクなりにただ一生懸命なつもりで毎日生きてるだけなのに

どうしたものか時々怖いくらいに罪のようなものを感じていて

極端な話、自分が楽しい事をしていても面白い事をしていても

どこかに罪のようなものをいつも感じてしまっていて

例えば今日だってGW期間中もう10日くらい大フィーバーだったんだから

このくらい暇なくらいが丁度いいなんて思いながらも

でもそれはつまり全然頑張ってないみたいで甘えてるみたいで

『君とボクの喫茶店』のくせに『いつもの店のいつものコーヒー』のくせに

たかがコーヒーの力を信じてるはずなのに、そういう風に想ってしまう自分に自己嫌悪になって

『暇なくらいで丁度いい』なんてそんな事を思っている時点で本当に舐めたヤツだなーって

『バチ当たるな!これ絶対!』って『罪と罰』な気分になって

たまらずに『こーちゃん、罪のようなものを感じたことある?』って聞いたら

『あー、まだそこまで行ってない』って言われて

『最近ようやく分かったんだけど、君は深海魚なんだよね!』って言われて

『え、どう言う事?』って

『え、オレが光が届かない場所で、敵から見つからないようにジッとしてるって事?』って

『陰湿でジトーっとしてるって事?』って

『そしたら君は回遊魚って事?』って良く分からないけどそんな話をして

ブログを書かなかったり、書けなかったり、そういう自分にも罪の様なものを感じてばかりで

本当に本当にどうしたものかホトホト困ったものです


そういう訳で大事な告知なのにちゃんと告知になるか分かりませんが

今年最後の淋しい歌合戦のお知らせです

今年はもう2回開催しちゃってるけど今回は特別特別の番外編です

去年のハイコーフェスが終わって1ヶ月ほどした頃に

まだまだ抜け殻のようなボクに届いたメールがあります

『過去にゴマシオキッチンで演奏された大森靖子さんの写真や記事などを見て

大森さんとゴマシオキッチンさんの関係性にすごく感動しました

私は大森靖子さんの鳥取公演で前座をやらせていただいたのですが

その際大森さんの人柄を近くで感じる機会がありました

せっかく自分がツアーを回るなら

そんな大森さんに絶対の信頼を置かれているゴマシオキッチンさんで演奏させてもらいたいと強く思いました』


ボクはこんがらがってる風な性格なので(自分ではねじ曲がってはいないと思っています)

特に淋しい歌合戦に関してはご近所さんに迷惑が掛かるし何度も開催出来る環境でもなくて

ご近所さんたちに頭を下げてでも自分が好きで呼びたい人を呼んで歌ってもらうって言うのに

バカみたいな信念を持ってそこに固着して開催しているつもりなので

今までも何度となく『ライブをさせてもらえませんか』ってお願いに関しては

丁寧に丁寧にお断りをさせて頂いているのですが

『ただライブをさせて欲しい』ってお願いされるのと

『雰囲気が良さそうだからぜひライブをさせて欲しい』ってお願いされるのと

『ゴマシオキッチンの進藤くんは良いヤツだからお願いしてみればって紹介受けました』ってお願いされるのと

たかが記事や写真なのかも知れないけど、ちゃんと『何か』を知ろうとしてくれてその上で

『ゴマシオキッチンさんで演奏させてもらいたいと強く思いました』ってお願いされるのはやっぱり全然違うくて

『ヒロネちゃん』って名前だけは知っていたその女の子のYoutubeを急いで漁っては

1番最初に聴いた曲は『カロリーメイト』ってその曲で

第一声を聴いた瞬間に、第一声って言うかピアノのイントロを聴いた瞬間に

『ヒロネちゃん』の『大森靖子さん愛』みたいなのが爆発していて

本当に何にも知らないで聴いていたら『大森靖子さん』が歌っているものだと勘違いしたと思います

そのくらい本当に本当にそっくりだったんです

でも『超大森靖子さんに似ているから見に来てください』なんてそんな乱暴な紹介をするのが本当にイヤで

それなのに『超大森靖子さんに似ているから見に来てください』ってここに書いちゃうくらいに

本当に好きな人を好きだからこそ、近づきたいみたいな、寄せていきたいみたいな

極端に言ってしまえば『真似』と捉えられるかもだけど

でも『真似』するって事は究極の好きの表れな訳で

『oasis』は『ビートルズ』を好き過ぎてビートルズの真似をしている事を公表しているように

『ヒロト』は『清志郎』が好き過ぎてどんどん歌い方が清志郎になっているように

『ハイコーフェスの進藤くん』は『平井正也さん』が好き過ぎて

ハイコーフェスへの愛まで、考え方までどっちがどっちか分からないようになっているような

打算も悪意も1つもない、ただ好きだからそうなったみたいな

ボクはまだヒロネちゃんに会った事はないけど何かちょっと通じるところも感じてしまって

とは言え、『大森靖子さんっぽい』からだけでdiskuionのインディーズチャートで1位を取ったり

『大森靖子さんっぽい』からだけで業界の皆さんが注目している訳ではないはずで

ボクはまだCDを2枚聴いただけだけど、まだ1度も本物を見た訳でもないけれど

『ヒロネちゃん』の歌は間違いなくボクの思うところの『淋しい』って感覚の歌なので

外れないの安心して皆さん、ぜひぜひ今年最後の淋しい歌合戦

『ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー』

久しぶりの夏の淋しい歌合戦

今日からゴマシオでも予約を開始しますので、ぜひぜひご予約よろしくお願いします


以下、詳細です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヒロネちゃんの淋しい歌合戦】
~ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー~

開催日・・・2016年7月2日(土)
開催時間・・・開場16:45、開演17:00~19:00
会場・・・ゴマシオキッチン
入場料・・・前売り2500円、当日3000円(1ドリンク、お土産付)
定員・・・30名(すでにヒロネちゃん公式サイトの方で10名のご予約を頂いているそうです、お早めに!)
お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          0187-73-5386またはgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-09 20:16 | Gomashio日記 | Comments(0)

4月の花は桜色

Amazon様から、大森靖子さんの本が届いたから、早速カバンにいれて、無駄に持ち歩いては読む隙を探していたのだけど
ラーメン屋さんでしょうゆラーメンを待つ間に読めました。面白いです。天才です。
本当は豚骨醤油ラーメンが食べたかったけど、美味しかった。

お花見もせずに4月も終わって、いつのまにやら5月です。
5月は一番すきな季節。
そんなこんなで、慌ただしい生活をしておりますが、暇はこわいので、暇だと何をやっていても虚しくなったりして怖いのです。
忙しい合間にみる希望の光がすきだから。
忙しいのはありがたいけど、本当贅沢なんだけど、そんな事は百も承知だけど、気が狂いそうな程忙しい。

そう言えば昨日お肌がピチピチだったから話しかけた女の子に、私一昨日も来たんですけど、毎日忙しそうですね。頑張って下さい!って、20歳の女の子にはげまされたんですょ。

言われなくても頑張ってるわ!ってだんだん歪んでくんだけど、そうは思わなかった。
たぶんその子には何の歪みも無くて、無垢なあの感じがなんかいいな〜って思って。なんか懐かしいなーって。真っ白いってコレかー!白というか透明。
やばー、だいぶ自分が濁ってきたなーって、ゾッとした。

で、話は大森靖子さんの本に戻って。
好きな物があるけど、自分よりも好きの濃度が高い人に対して申し訳ない気がしてならない。みたいな事を書いていて、すごい分かるなーと思った。
自分が言葉足らずだから、思ってる事を他の誰かが文章にしてくれるとそれだけで感動してしまう。
去年急激にヒロトが、ブルーハーツが好きになって、あまりにも急激だから自分でも違和感があるくらいで。
だけど、私の好きの遙かに前から好きだと公言してる人を前に今更好きだと言えずに不思議な気持ちになったりもしていて、
だけどその人は、むしろ喜んでいた様にも見えて、喜んでいたけどそれは本心かどうかは分からないから。
だって、自分が好きな物を好きなひとに共有してもらえたら嬉しいんだけど、好きの度合いを越されたら、私のほうが100倍好きなんだからね!とか思っちゃいそうだから、だから本心は分からない事にしておく。

で、1人になる環境がないっていう、言い換えれば贅沢な生活をしてる訳だけどなんか、1人の世界に没頭したくてイヤホンをしたまま残った仕事などを片づけて、1人時間的な物を作り出す技を身につけたんだけど、
音楽無くても生きていける人だと思い込んで生きてきたけど、最近はずーーっと何かを聞いている事に気がついた。
それまたなんか不思議な気分なんだけど、次から次に興味が湧いてきて不思議。中学生くらい興味津々。

それで急に日本で一番売れたバンドってなんだ?伝説的なバンドって誰だろーと思って、xjapanをググってみました。
34年間生きてきて、ちゃんと、ちゃんと聞いたこと無かった。
興味がなかった。全く。正確には一番売れてるバンドは、B’zらしいのですが。
xjapan?と連鎖してる思い出は2つあって、ひとつは中学校の卒業式の日にxjapan好きすぎで有名な先輩に告白されたけど、どうもでき無かったって事。ごめんなさい。

2つめは、高校一年生?よく遊んでた女の子がhideを好きすぎて、死んでしまったニュースが日本中を駆け抜けた時、どーしようもなく抜け殻になって、泣いて悲しんでた記憶。その時、あー私そこまで人のこと好きになった事ないかもって思った。
今思うと相当好きだったことが伺えた。
つまり、相当なエネルギーがあるのだと思う。
表現方法が違うだけで、本気でやってる人のエネルギーは素晴らしいって事なんだね。
全然違うジャンルだけど、いい事気づいちゃったなーって嬉しくなった。
それで掘り下げて探ってみると、あの人たちは相当な天才だという事に今更気づいたのでした。
たかがYouTubeの動画で涙が出そうで危うかった。
去年、ブルーハーツのライブ動画でも同じ現象が体内で起きて不思議だった。

ねえ?ちゃんとX聞いた事あるかと質問してみて返ってきた言葉は、だから俺相当前から紅が最高だって言ってんじゃん!と。
確かに、、、。

私の100万倍以上音楽を検索してる人にかなうとは到底思ってないけど、
でも色々聞いて、だけどヒロトが好きすぎて、なんで今頃こんなに聴き倒してんだろって、時代ずれてるなー(笑)
好きな音楽がちょっと古いなーって、
じゃあ例えばリアルタイムにブルーハーツのライブを見たかったなって思うわけで、だけどこのまま坂上っても1990年に秋田に住んでたら渋谷のライブに行くなんてあり得ないわけで、
じゃあドラえもんの道具かなんかで、今この感情のまま、今からタイムスリップしてライブ会場に潜入するしかなくて、やっぱり不可能で非現実的。
去年ハイコーの準備をしている時に、僕のレテパシーズを聞いててフと思ったのが、
つまりリアルタイムって、いまこうして目の前にいるレテパのメンバーが、ライブハウスで歌ってる時代のブルーハーツと同じで、みんな良く振り返ると、当時は売れてる実感なんてなかったとか言ってるから、そうゆう感じであれよあれよ目の前の事こなしてる間に凄い売れてる!みたいな現象になるのかなって。
古宮君たちが超売れたら、私リアルタイムで見てたんだょ!の一員になれるって事なんだね!ってウキウキしたのを思い出した。

実現したのが、大森靖子さんかもしれない。今や手の届かないステージにいるはずなのに。わざわざこちらの階まで下りて来てくれている。なんて非現実的な話なんだろう。
[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-07 21:53 | Gomashio日記 | Comments(0)

臨時休業のお知らせです・・・

とうとう明日から4月ですね

別に3月から4月に変わるだけだけど

やっぱり3月までは冬って感覚だったから

明日から本当の意味でボクの春が始まります

ボクは今年、今年ってもう3ヶ月経つけど

いろんな人や事と意識して距離を取るようにしていて自分ばかりを考えています

良いか悪いかはきっとボクが決める事だから

ボクが決めた事がボクには絶対だから

ボクの事を決めつけないで欲しいし

ボクが楽しい事をしても勝手に傷ついたり落ち込んだりしないで欲しいと思います

最近スゴく楽しいからボクはワクワクしてばかりです


そんな訳であたらしい春が始りますが

そうそうに臨時休業のお知らせです(ごめんなさい!)

バタバタしててご連絡が遅れて申し訳ありませんが

4月3日(日)は家族揃って親族の結婚式に招待されておりまして

本当に急ではありますが臨時休業とさせて頂きます

遠出自体が久しぶりだし、仙台の小洒落たゲストハウスウエディングが会場らしいので楽しみです

朝早くからマイクロバスで移動するのでゆっくり窓の外の風景をみたいです


来店を計画してくれていたお客さんには大変ご迷惑をお掛けしますが

どうぞよろしくお願い致します




[PR]
# by gomashioatama | 2016-03-31 13:15 | Gomashio日記 | Comments(0)

今から話す事、早めに忘れてね・・・

『ゆりえさんが笑うと嬉しい』

去年ハイコーフェスで初めてゆりえさんの歌を聴いて

それがボクの1番の感想でした

歌がどうとか、歌詞がどうとか、メロディーがどうだとか、ライブパフォーマンスがどうだとか

所謂『音楽』って面でのゆりえさんの魅力みたいなのはいろいろいろいろとあると思いますが

ボクが勝手に想い描いていたゆりえさんはやっぱり

『ゆりえさん』って存在そのものが『音楽』が気がしていて

だからボクはたとえばボクの耳が聞こえなくてもゆりさんの音楽が聴こえる気がするんです

ニコニコ笑っている顔を見ているだけど嬉しいし

ただギターを持って座っているだけで絵になるし

時折、つま先で指揮者みたいにリズムを取っているのもカワイイし

でも元から切れ長の目をさらに鋭くさせては首元を噛みちぎるように泣き叫ぶように歌う姿は

本当はこっちのゆりえさんこそが本当のゆりえさんで

『ゆりえさんと笑うと淋しい』

『ゆりえさんが笑うと嬉しい』と裏腹に

初めて見たゆりえさんがボクの前で笑う度に

ボクはなんでかとても淋しい気分にもなりました

ゆりえさんほど別れ際が潔い人にボクは出会った時が事がありません

『あっけない』と言うか、『とどまらない』って言うか

想い出を『名残惜しむ間』をボクに与える事なく

ハイコーフェスの時と同じ様に

颯爽と送迎の車に乗り込んでは風のように通り過ぎていくのです

それは本当の意味での『淋しさ』を知っているからこその行動なのかも知れません

過ぎてしまう事は、忘れる事は、『淋しい事』だけど

過ぎてしまう事で、忘れる事で、本当のところの『淋しい』と

ようやくそこで向き合えているのかも知れません


淋しい歌合戦はもう何度も来てくれるいる皆さんならご承知のとおりですよね

『どこか物寂しい』そんな歌を歌う人に出演して頂いては

家に帰った後に、その翌日に

本当に1人になった時に『淋しい』って気持ちと向き合うのが

ちょっとした醍醐味だと思って続けている訳で

『今から話す事、絶対内緒だよ 今から話す事、早めに忘れてね』

想い出が大好きなボクとは正反対に

こんな印象的な歌詞の歌から始まった『ゆゆん、ゆりえの淋しい歌合戦』は

それがゆりえさんの『淋しい』との関わり方の1つなのかなーとも思えました


季節を1つ吹き飛ばすみたいにやわらかくも確かに強く吹き荒れた

『ゆりえさん』って、確かにそれは『はるかぜ』みたいな感覚で

『ゆりえさん』の歌は全然淋しくないけれど

キャッチーでハッピーで意味がありそうで、でも意味がなさそうで理解不能で

やさしくて可愛くてちょっと可笑しくて、でもやっぱり淋しそうで

全然淋しい要素がないのに『ゆりえさん』を見ているとなんでか淋しい気持ちになるのは

きっと『ゆりえさん』の事が好きだからなのだろうと思います

『ほんとに愛しはじめたときにだけ淋しさが訪れるのです』とは

大好きな寺山修司さんの中でも大好き中の大好きな名言なのですが

ボクの『淋しい』はつまりはそう言う事なのだと思いました

ボクは別に所謂『淋しい』から『淋しい』訳じゃないんだなーと思いました

ボクはきっと『好き』だから『淋しい』んだなーと思いました

『好き』な人が通り過ぎてしまう時に、『好き』な人が通り過ぎた後に

『好きだ』って言う代わりに『淋しい』と言っていたのかも知れません


過ぎ去った日の想い出とこれから出会うはずの想い出と

どっちが大切でどっちに価値があるのか分かりませんが

ボクの想い出として残るのはいつもいつも『淋しい』だけで

別に意味なんか全然なくて良いんです

『ただ、ちょっとだけ淋しいだけ、ただ少し淋しいだけ』です


ボクと君のこのちいさな宇宙にも

いつもと同じ様にちゃんと『はるかぜ』が吹いたような

あたらしい春が来たようなそんな清々しい気分です


ゆりえさんがライブ中に『進藤さんにピッタリの歌を歌います』って

『だからって進藤さんが可哀想だとか思わないでくださいね』って歌ってくれたカバー曲を

全然有名な曲じゃなかったから探すのに苦労したけど

それは本当に本当にボクの歌だったから

スゴくスゴく淋しい歌だったからそれが本当に嬉しくて

昨日小さな小さな自主レーベルから届いたその1枚のCDを聴きながら

ボクはゆりえさんの事を今日も想い出しています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の続きマイナス5時がやってくる頃は
君の傍に寂しい人が集まってくるよ

全部僕のせいだなと思った みんなそうだねと笑った
けどいつもどおりだと思ったまま また朝が来る

なんて思い出すような事になるから
僕はもうくたばる様に早く寝なきゃダメだって
どいつもこいつも偉そうな顔して
俺に言ってくれてるような気がします

たまには僕にも教えてよ 教えて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆりえさんがボクに何を見たのか

ゆりえさんがボクの何を読んだか

ゆりえさんがボクの何を知っているのか分かりませんが

ゆりえさんがボクに教えてくれた歌は確かにボクなのかも知れません

何にも淋しくない顔して、全然平気な顔をして

何にも知らない振りをして、全部見透してしまうから

だからこそのゆりえさんはやっぱりボクの『カリスマ』でした


『ゆりえさんが笑うと嬉しい』

ボクがゆりえさんに出来る事はそうそうある訳じゃないけど

でもまたもう1度くらいはゆりえさんに笑ってもらいたい

『ゆりえさんが笑うと淋しい』

だから今日もまたもう1度、ゆりえさんに会いたいなーと

たとえボクの耳が聞こえなくなってもボクはゆりえさんの歌を聴いて

それで結局、『淋しい』と想うのでしょう


集まってくれた皆さん、今回も本当に本当にありがとうございました

ゆりえさんが笑ってくれるは皆さんがちゃんと集まってくれたからです

自分1人の『好き』だけだとどうにもならない事が

誰かの『好き』が重なる事で『何か』になるんです


ボクはこの冬、2回も淋しい歌合戦を開催して

それで最高なくらいの淋しさを抱きしめて

それでもやっぱり『ひとりぼっち』に憧れています


いつだって想い出の後は

『ただ、ちょっとだけ淋しいだけ、ただ少し淋しいだけ』だね




こちらは恒例の荒川さんが撮ってくれた『写真で振り返る淋しい歌合戦』です
f0080704_06411938.jpg
f0080704_06413110.jpg
f0080704_06414654.jpg
f0080704_06420595.jpg
f0080704_06422267.jpg
f0080704_06430094.jpg
f0080704_06431803.jpg
f0080704_06433683.jpg
f0080704_06440536.jpg
f0080704_06442692.jpg
f0080704_06444306.jpg
f0080704_06445906.jpg
f0080704_06451567.jpg
f0080704_06454667.jpg
f0080704_06460552.jpg
f0080704_06462807.jpg
f0080704_06465327.jpg
f0080704_06471565.jpg
f0080704_06473135.jpg
f0080704_06474944.jpg
f0080704_06480808.jpg
f0080704_06482578.jpg
f0080704_06484822.jpg
f0080704_06490751.jpg
f0080704_06492606.jpg
f0080704_06494744.jpg
f0080704_06500618.jpg
f0080704_06503382.jpg
f0080704_06504947.jpg
f0080704_06510603.jpg
f0080704_06512332.jpg
f0080704_06513946.jpg
f0080704_06515994.jpg
f0080704_06521392.jpg
f0080704_06523074.jpg
f0080704_06525013.jpg
f0080704_06530433.jpg
f0080704_06531920.jpg
f0080704_06533495.jpg
f0080704_06535134.jpg
f0080704_06542470.jpg
f0080704_06543909.jpg
f0080704_06550411.jpg
f0080704_06552584.jpg
f0080704_06554047.jpg
f0080704_06555934.jpg
f0080704_06562697.jpg
f0080704_06564675.jpg
f0080704_06570394.jpg
f0080704_06594868.jpg
f0080704_07000558.jpg
f0080704_07002420.jpg
f0080704_07004828.jpg
f0080704_07010662.jpg
f0080704_07012371.jpg
f0080704_07014063.jpg
f0080704_07015816.jpg
f0080704_07021455.jpg
f0080704_07023094.jpg
f0080704_07024930.jpg
f0080704_07030586.jpg
f0080704_07034136.jpg
f0080704_07041536.jpg
f0080704_07043207.jpg
f0080704_07045306.jpg
f0080704_07051398.jpg
f0080704_07053294.jpg
f0080704_07055429.jpg
f0080704_07061280.jpg
f0080704_07062972.jpg
f0080704_07065339.jpg
f0080704_07071085.jpg
f0080704_07075165.jpg
f0080704_07081169.jpg
f0080704_07083167.jpg
f0080704_07084998.jpg
f0080704_07090860.jpg
f0080704_07092409.jpg
f0080704_07162833.jpg
f0080704_07164840.jpg
f0080704_07171291.jpg
f0080704_07172991.jpg
f0080704_07174565.jpg
f0080704_07180254.jpg
f0080704_07181748.jpg
f0080704_07200446.jpg
f0080704_07202087.jpg
f0080704_07203803.jpg
f0080704_07210070.jpg
f0080704_07211627.jpg
f0080704_07213263.jpg
f0080704_07214955.jpg
f0080704_07220515.jpg
f0080704_07222431.jpg
f0080704_07223982.jpg
f0080704_07225494.jpg
f0080704_07231343.jpg
f0080704_07232881.jpg
f0080704_07234057.jpg
f0080704_07235308.jpg
f0080704_07240443.jpg
f0080704_07241811.jpg
f0080704_07243030.jpg
f0080704_07244321.jpg
f0080704_07250115.jpg
f0080704_07251581.jpg
f0080704_07252729.jpg
f0080704_07254249.jpg
f0080704_07260021.jpg
f0080704_07261550.jpg
f0080704_07262933.jpg
f0080704_07264962.jpg
f0080704_07270440.jpg





ここから除雪さんの写真


f0080704_07282949.jpg
f0080704_07284807.jpg
f0080704_07290629.jpg
f0080704_07292236.jpg
f0080704_07293744.jpg
f0080704_07295015.jpg
f0080704_07300502.jpg
f0080704_07302290.jpg
f0080704_07304282.jpg
f0080704_07310220.jpg
f0080704_07311823.jpg
f0080704_07313221.jpg
f0080704_07314620.jpg
f0080704_07315961.jpg
f0080704_07321334.jpg
f0080704_07322627.jpg



[PR]
# by gomashioatama | 2016-03-30 13:24 | Gomashio日記 | Comments(0)

『あめっこまつり』ありがとうございました・・・

初日30分、二日目は15分で完売しました

開店前の朝早くから本当にたくさんの方に並んで頂いて

田舎町のちいさな喫茶店には到底似合わない

『あってはならない風景』に

見ているこっちが怖くなるくらいの大盛況を

本当に本当にありがとうございました


いわゆる『わざわざ』と言う思いをして買いに来てくれた人たちは

どんな想いがあるにせよ

飴子さんを姫様をゴマシオキッチンを良いなーと思って集まってくれた人たちなので

『お客さんとファンは違う、ファンは私を裏切らない』って大森靖子さんの言葉だけど

なんて言うかそんな気分でした


『もっとたくさん欲しかった』とか

『せっかく遠くから来たのに買えなかった』とか

『我先にと殺気立ってて怖かった』とか

いろいろいろいろな気持ちがあるかもですが

面倒臭い気持ちを全部飲み込んでも『まつり』はやっぱり楽しいなーって思いました

ボクが飴子さんを好きなのはこの人は面倒臭い事から逃げないからで

『面倒臭い事』が裏側にないと『楽しい事』なんか出来ないから

『ただ楽しい』が1番良いけど、『ただ楽しい』ってそんな事は生きてて何回もある事じゃないから

面倒臭い事からちゃんと逃げずにちゃんとちゃんと楽しく生活したいなーって

この冬もやっぱりそんな風に思いました、そんな『あめっこまつり』でした


除雪さんがたくさん写真を撮ってくれたので

写真で想い出す『あめっこまつり』です

除雪さんと前日夜遅くまで掛かって作ったかまくらの写真は1枚もないけど

それどころか二日間とも雨が降って

あんなに二人して頑張って作ったのが無意味だったかもだけど

『意味のない事でこんなに楽しい気分になれるなんて素敵じゃないか』って

除雪さんと二人でそんな話をしたのも思い出です





f0080704_16514196.jpg
f0080704_16520368.jpg
f0080704_16520885.jpg
f0080704_16521603.jpg
f0080704_16521967.jpg
f0080704_16522490.jpg
f0080704_16522854.jpg
f0080704_16523653.jpg
f0080704_16524369.jpg
f0080704_16525250.jpg
f0080704_16525744.jpg
f0080704_16530851.jpg
f0080704_16531252.jpg
f0080704_16532835.jpg
f0080704_16534066.jpg
f0080704_16533549.jpg
f0080704_16535174.jpg
f0080704_16535969.jpg
f0080704_16544409.jpg
f0080704_16542377.jpg
f0080704_16545022.jpg
f0080704_16543859.jpg
f0080704_16561284.jpg
f0080704_16552045.jpg
f0080704_16550515.jpg
名人は二戦二敗、来年は時計係に降格が決定しまいた
f0080704_16552551.jpg
f0080704_16551357.jpg
f0080704_16554176.jpg
f0080704_16554814.jpg
f0080704_16553339.jpg
f0080704_16555418.jpg
f0080704_16545759.jpg
この日、大好きなマーガレットズロースの平井正也さんから手紙とコーヒー豆が届きました

『1度に吐ききれないほどの空気を吸ってぼくたちは生きている、

たのしい気持ちの自分、ひとりぼっちでひとりぼっちじゃない自分を全部ゆるしてあげてね』

そんな事が書いていたからボクは嬉しかったです

ボクは35歳になりました

[PR]
# by gomashioatama | 2016-02-24 07:49 | Gomashio日記 | Comments(0)

『あめっこまつり』続報です・・・

うかうかしていたらいよいよ明日、明後日は『あめっこまつり』ですね

先週のいつもの土日に飴子さんに『カップとかもう全部作ったの?』って聞いたら

『ハイ!大丈夫です!』ってときめきスマイルで答えてくれたので

(実はちょうどその日が飴子さんの誕生日で、ゴマシオの歴史にも残る想い出の誕生日になったのです!)

50個を超える素晴らしい商品が並ぶ予定ですので

ボクもまだどんな商品が並ぶのか全然分かりませんが

飴子さんのセンスと言うはボクも本当に信頼しているので皆さん安心して見に来てくださいね

良い意味で変なカップや変なお皿が買えるはずです


もちろん飴子さんのお皿やカップが目玉ですが

去年に引き続き『あめっこまつり』の姉妹企画、『ひめっこまつり』も同時開催します

『ひめっこまつり』は飴子さんの友達で東京は目黒でフランスアンティークの雑貨を販売している

ボクが『姫様』と呼ばせて頂いているまるでお姫様のようなプリプリの女の子が

(プリプリと書きましたが飴子さんと幼馴染なので実は結構いい歳です!結構いい歳に見えないところが姫様です!)

こちらもこの二日間限りで雑貨の販売会を行うもので

ヨーロッパの蚤の市で売っているような、分かる人には分かるとにかく『本物』が並びます

カワイイ雑貨なんかいろんなところでいろいろと売っている訳ですが

『古いもの』にしか醸し出せない買い逃したら二度とお目に掛かれない感じとか

『本物』にしか醸し出せないどうしても欲しくなっちゃう高級感とか

アンティーク雑貨なんて聞くと『でもお高いんでしょ?』って声もあるかと思いますが

そこは姫様が貴族の余裕でわたし達のような庶民のために

普段よりも値段設定を低めにしてくれるそうなので

想像力さえあれば海外旅行しなくても見ている間だけは海外旅行している気分にもなれるので

ぜひぜひおねだり出来る方と同伴で見に来てくださいね

もしもおねだりする相手がいなくても

去年は100円~6000円の間で本当にいろんな商品が並んだので全然ひるまないでOKですよ

飴子さん同様に姫様も押し売りは一切しませんので

それどころか姫様ともあろう方が1つ売れる度に本当に嬉しそうに丁寧に接客もしてくれますので

購入してくれた方にはボクから『貴族の高級お菓子』もプレゼントしますのでお楽しみに


それからこちらも去年に引き続きで『髙橋餅店』の『チョコ餅』の販売もあります

この間、餅店店主の『餅田餅子』さんから試作品を頂きましたが

近年食べた餅の中でもトップクラスの美味しい餅でしたので

美味しさの種類で言い表すなら

中学生の時に初めて彼女からもらった手作りバレンタインチョコレートの様な

まるであの頃の恋の味を想い出す魅惑のお餅でボクは非常に好みでした

1度冷凍したものを少し固いまま食べるのが店主オススメの食べ方らしいので

ぜひぜひこちらもお試し下さいね、100個くらい連続で食べれる魔法のお餅です


それからそれから、こちらは今年初めての企画です

『柴田9段との将棋名人対決』ですが

こちらは両日先着1名の勝者の方には飴子さんのカップかお皿を無料でプレゼントしちゃいますので

ぜひぜひ腕に覚えのある方は対局しに来てみてください

対局は両日ともに夕方17時からゴマシオ店内で行う予定ですので

聞くところに寄れば名人は言うほど名人ではないらしいので

素人でも全然勝つチャンスがあるらしいので

(何も考えずにとにかくグイグイ攻めてくるタイプが苦手らしいので王手を連発してどんどん追い込むと良いかも!)

ぜひゴマシオ名人戦の王位の座を剥奪できるように(名人に勝てば次はあなたが名人としてまつりに参加出来ます!)

バンバン挑戦して見てくださいね


今日は雨だけど夕方から除雪さんとカマクラも作って冬まつり気分を高めます

1回試作で作ったら思いのほか美しくて幻想的で本当に良かったので

ちょっとした記念撮影スポットになれば良いなーなんて思っています


『日本のまつり、あめっこまつり』の始まりです

開店からきっと混み合いますが、いつもの感じですとお昼過ぎには目玉商品が売り切れるかもですが

年に1度のおまつりです、ぜひぜひ早起きして遊びにきてください


そんな訳で今夜は準備で大忙しです

やりたいようにやるだけさ、だから上手くいくんだよ
[PR]
# by gomashioatama | 2016-02-19 10:30 | Gomashio日記 | Comments(0)

『ゆゆん、ゆりえの淋しい歌合戦』開催のお知らせ・・・

まだまだ想い出に浸っていたいほどの毎日ですが

想い出してばかりだといい加減変になりそうなので

冬のゴマシオキッチンはどんどん行きますね

『サニーサニーガールの淋しい歌合戦』

『あめっこまつり』に続いて3月開催はこちらのお知らせです


去年のハイコーフェスで旋風の様な風を吹き荒らしてくれたボクたちのカリスマが

ハイコーフェス後に発売したファーストアルバム『カーテンコール』が業界でも話題のあのカリスマが

ボクたちの街に再び良い風を、冬のおしまいを告げに来てくれます

年に2回しか開催しないから淋しい歌合戦は

まだ春も来ないうちから今年はこれでおしまいです

『ゆゆん、ゆりえの淋しい歌合戦』

今日から前売り予約の受付を開始しますので

すでに一部で情報が流出していて本当にたくさんのお問い合わせを頂いてまして

間違いなく売り切れちゃうくらいの大人気のゆりえさんなので

ぜひぜひ皆さんお早めにご予約してくださいね


ボクは去年のハイコーフェスの前日にゆりえさんと初めて会って

立ち姿を見ただけで、顔を見ただけで

『この人は只者じゃない!』と感じました

なんにもしなくても溢れ出るスター性みたいなオーラみたいなのが本当に凄くて

でも相手を萎縮させるようなそんな悪い気とか怖い気とかが出てる訳じゃなくて

ずっとニコニコしていてフニャフニャしていて

『只者じゃない』と思うと同時に

『キレイだな』と『なんか好きだな』と

『これがカリスマって事なんだろうなー』って勝手に納得しました

会う前まではYoutubeとかで見ている内は

『ぶっ飛んでる』ってイメージで『説明不可能』ってイメージで

『ダダイズム』って言葉で『カリスマ』って言葉で紹介させて頂いてましたが

ゆりえさんに実際会うとそんな漠然とした言葉ですら

全部がしっくりくるのか分からないくらいの分からない『何か』を持っている気がして

その素晴らしさみたいなのは到底言葉に出来ませんので到底書き表せませんので

でもゆりえさんの歌っている顔を見ると絶対みんな幸せになれますから

なんでか分からないけど嬉しくなっちゃいますから

『ひとりぼっちでやるワンマン、やり切れるのか正直全然自信がありません

だけど初めて、あれ?これってワンマンなのかなって気付いたとき

すぐすごくワクワクして、挑戦してみたいと思いました』って

なんと今回の淋しい歌合戦がソロでは初のワンマンだと言うゆりえさんが

こんな素晴らしいコメントと共に猛烈に燃えてくれていますので

『ゆゆんのゆりえさん』と『ひとりぼっちのゆりえさん』

両方見て初めて『ゆりえさん』の『何か』が少しくらい分かるかもなので

散々悩んで『ゆゆんをハイコーフェスに呼ぼう!』って決めた

その決め手になったのが『ゆりえさんソロライブ』の動画をYoutubeで見た事だったし

ゆりえさんが喜んでくれると皆さんもきっと嬉しいはずだから

わざわざ記念すべきファーストアルバムのジャケットに

ハイコーフェスで撮影した写真を選んでくれたゆりえさんです

わざわざ記念すべきファーストアルバムの歌詞カードの中に

ハイコーフェスって書いてくれたゆりえさんです

『ゆりえさんはボクを喜ばしてくれる、ボクもゆりえさんを喜ばせたい』って思うんです

何の縁かは分かりませんが、わざわざ秋田で開催される事になったゆりえさんソロでの初のワンマンです

ぜひぜひ皆さんにも協力して頂いてゆりえさんを大歓迎でお迎えしましょうね

ゆりえさんを大喜びさせてやりましょう


今回は告知から開催日までバッチリ1ヶ月以上ありますが

なんと言っても大人気のゆりえさんですからね

定員は先着30名様までとさせて頂きますからぜひぜひお早めにご予約をお願いします


以下、詳細です!

暦の上ではもう春でしょうが、ゆりえさんが運んで来る風がボクにとっては春風で

その日から春って事にしていますので一緒に季節が変わる瞬間を見に来てくださいね


『ゆゆん、ゆりえの淋しい歌合戦』の淋しい歌合戦』

開催日・・・3/26(土)

開催時間・・・開場 16時45分 開演 17時00分

入場料・・・2000円

定員・・・30名

お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          電話  0187-73-5386
          メール gomashio@cosmos.ocn.ne.jp







[PR]
# by gomashioatama | 2016-02-05 11:45 | Gomashio日記 | Comments(0)

誰にも見つけられない星になれたら・・・

楽しい気持ちや嬉しい気持ちは何となく説明がつくのに

悲しい気持ちも苦しい気持ちも何となく説明がつくのに

淋しい気持ちは何のためにあるんでしょうね

『淋しさ』についてはもう長い間随分と考えたつもりだったけど

まるでもう1人の自分が歌っているみたいな

『まぼろし』の様なあの娘の事を想い出しては

やっぱり想い返す度に『淋しい』って言葉以外では言い表せない何かがあって

今日もやっぱり言葉で言い表せない不思議な気持ちになっています

『愛なんてただの言葉だろ』ってあの娘の言葉だけど

淋しいもただの言葉なのかも知れませんね

『淋しい』なんて感覚は本当は神様は人間になんか与えてなくて

ボクらが勝手に『淋しい』なんて呼んでいるのかも知れませんね

『淋しい』って何なんだろう?


一昨年のハイコーフェスが終わった頃からでしょうか

ボクは漠然と『独り』と言うのにスゴく憧れていて

ずっと『独り』になりたいなーと思う様になっていて

だからってこの『独り』と言うのは家族を捨てて1人になるとか

友達に愛想を尽かされて1人になるとか

そう言う類の1人になるって事ではなくって

なんて言えばいいのか分からないけど

『本当の意味で自分と向き合いたい』みたいな

『本当の気持ちだけでやっていたい』みたいな

やっぱり上手く書けないんだけど

誰かの気持ちばかり考えてたら

いつのまにか自分の気持ちが全然分からなくなってしまって

『多分こんな風に思ってるんだろうなー』みたいな

『本音は違うんだろうなー』みたいな

『本当の意味では同じじゃないんだなー』みたいな

『でも自分の気持ちと相手の気持ちに上手く折り合いをつけるのが人間だよ』って

(だって自分の気持ちばかりだと悪魔になってしまいますもんね)

ボクの好きが誰かの嫌いだったり

ボクの嫌いが誰かの好きだったり

そんなのは当たり前の事なんだけど

当たり前だからこそ考えれば考えるほど苦しくなっちゃって

極端に言えば誰かの気持ちに本当の自分が支配されちゃうみたいな感覚になって

変な言い方だけど自分と違う宇宙に住んでいる人の事が怖くなってしまって

とは言え、どんなにボクが『独りだ!』と騒ぎたてても

本当のところボクは全然独りではなくて

それどころか人並み以上にいろんな人から愛をもらっていて

何かするとなれば誰かが必ず味方をしてくれるし

ずっとずっとやさしい人たちにも囲まれてやさしい宇宙で暮らしていて

『独り』に憧れているくせに家族は大事だし友達も大事だし

ここを読んでくれてるいつも応援してくれる人の事だってもちろん大切で

でも、なんて書いたら良いのか分からなくて本当に乱暴な言い方になってしまいますが

どんどんどんどん抱えきれないくらいに持ち物が増えてしまった欲張りな自分に

誰かのやさしさが次から次に重なってきてそれが時々重荷になると言うか

そのお礼に『もっともっとやさしくなりたい』ってそんな風にばかり思う様になっていて

『でも、やさしくなるって想ってなるものなの?』みたいな本当の自分みたいなのがいて

そんな風にしか出来ない自分が何だか気持ち悪いなーって可笑しな気分にもなって

なので、本当は全然『独り』じゃないのかも知れないけど

『独り』になって本当の気持ちを確かめてみたかったんです

一人になってさみしいなって言いたかったんです


去年の3月に初めてサニーサニーガールさんのライブを見て

『この人は独りぼっちだなー』と思いました

正確には初めてサニーサニーガールさんの歌を聴いた時から

そんな風に感じていたのかも知れません

不安定な歌い方で大人か子供か分からない

思春期からいつまでも抜けきらないみたいな

大人になりそびれたみたいな感覚がヒシヒシと伝わってくる不思議な歌声で

『独り』になりたいボクの好きな歌だけを一人ぼっちでへろへろと歌う見た事もないその娘に

何でかは分かりませんがボクは自分の『独り』と言う感覚を重ね合わせるようになりました

初めてサニーサニーガールさんのライブを見た時の事をボクはこんな風に書いています

『大勢の中にいるのにいつもどこか1人ぼっちの君が好きで

大勢の中にいるのにいつもどこか退屈そうな君が好きで

楽しい事の後は早く1人ぼっちになりたい君が好きで

1人ぼっちになってようやく誰かを好きになる君が好きで

君はボクだと思いました、ボクは君だと思いました』

この人が歌う歌がもちろん好きだけど

この人が歌う声がもちろん好きだけど

ボクはこの人の『淋しい』ところが1番好きだと思いました

やっぱり今回も一人ぼっちで大粒の汗を流しながら

気の利いたMCも挟まず、ただひたすらに歌っている姿が

淋しそうで淋しそうでボクは良いなーと想いました

他の人から見たらどう見えるかは分かりませんが

ボクは本当に良いなーと想いました


『サニーサニーガールです、歌を歌いに来ました。』

ボクが今まで3度見たサニーサニーガールさんは

決まってそう話してから1曲目の歌を歌い初めて

誰かに会いに来た訳じゃなくて

懐かしい場所に想い出に会いに来た訳でもなくて

『ただ歌を歌いに来るだけの関係』だけがボクとあの娘を繋いでいる気がします

もしこの会場に1000人のお客さんが入っていても

この人はボクと君の好きな歌を歌ってくれるんだろうなーと

誰かのために歌うのが歌手なのかも知れないけど

他の誰かのために歌わないのも歌手なのかなーと想いました

ボクたちはなんとなく似ているから

せっかく顔を合わせたのに何でかほとんど話もしなくて

正確には結構話してはいるんだけど

なんとなくどうでも良い事ばかり話している気がして

どうでも良い事以外の事は全部歌で聴かせてくれるから

別にいろいろ話さなくてもなんとなく伝わっているような

同じような事を考えているのが分かるみたいなそんな不思議な感覚で

同じ歌ばかり好きだから考えている事が似ている気がします


楽しいも嬉しいも悲しいも苦しいも極端に言えば瞬間みたいな感覚なのに

淋しいはどうしてこんなにも後を引くのでしょう

この世からいなくなる訳でもないのに死んでしまう訳でもないのに

この町からいなくなった後に離れた後にちゃんと『淋しい』って想えたんだから

またきっとあの娘に会える気がします

ボクはきっと一人だから淋しい訳じゃなくて

淋しいから独りになりたいんだと想いました

結局のところはやっぱり

一人になってさみしいなって言いたかっただけです


自分の『まぼろし』を見ている様な感覚の人が

この宇宙にはどれだけいるんだろうって

あの娘の他にあの星やあの星を探せばそんな人がいるのかも知れないけど

ボクはこの星で生きてる訳だし

あの娘がボクのまぼろしならばあの娘はずっと独りなら良いのに

独りでずっと淋しいままでいれば良い

誰にも見つけられない星になれば良い


『サニーサニーガールの淋しい歌合戦』

集まってくれた皆さん本当にありがとう

あの娘が歌った歌の1つ1つが

ボクが毎日想っているバカみたいなやさしい世界だった気がします

ありがとう、さようなら、また会う日まで

ありがとう、さようなら、ボクのまぼろしの君

f0080704_11234113.jpg
f0080704_11241394.jpg
f0080704_11243414.jpg
f0080704_11245582.jpg
f0080704_11251442.jpg
f0080704_11252933.jpg
f0080704_11255030.jpg
f0080704_11261302.jpg
f0080704_11262917.jpg
f0080704_10061423.jpg
f0080704_11270610.jpg
f0080704_11272367.jpg
f0080704_11274305.jpg
f0080704_11280029.jpg
f0080704_11281515.jpg
f0080704_11283700.jpg
f0080704_10042617.jpg
f0080704_10051160.jpg
f0080704_10052916.jpg
f0080704_11291327.jpg
f0080704_11292619.jpg
f0080704_10065378.jpg
f0080704_10073966.jpg
f0080704_10081999.jpg
f0080704_10084743.jpg
f0080704_10090821.jpg
f0080704_10093518.jpg
f0080704_11295119.jpg
f0080704_15563194.jpg
f0080704_15572972.jpg
f0080704_15543523.jpg
f0080704_11300783.jpg
f0080704_11302429.jpg
f0080704_11303835.jpg
f0080704_11305325.jpg
f0080704_15580661.jpg
f0080704_15584238.jpg
f0080704_15590784.jpg
f0080704_15593811.jpg
f0080704_16000564.jpg
f0080704_16003297.jpg
f0080704_11310848.jpg
f0080704_11312452.jpg
f0080704_11314039.jpg
f0080704_16010846.jpg
f0080704_16013736.jpg
f0080704_16021182.jpg
f0080704_16024275.jpg
f0080704_11320476.jpg
f0080704_16034703.jpg
f0080704_16031715.jpg
f0080704_16042980.jpg
f0080704_16050924.jpg
f0080704_11322726.jpg
f0080704_11324856.jpg
f0080704_11330887.jpg
f0080704_11333043.jpg
f0080704_16061448.jpg
f0080704_11334722.jpg

[PR]
# by gomashioatama | 2016-01-25 16:57 | Gomashio日記 | Comments(0)

2016 『あめっこまつり開催』のお知らせ・・・

先日の『サニーサニーガールの淋しい歌合戦』にお集まり下さった皆さん

本当に本当にありがとうございました

オレは去年の年末からここ何年かで1番の空前の『孤独』ブームが来ていて

とにかく誰にも触れられたくない感情みたいなのを大事にしているんですが

まるで自分の『孤独』を見ているみたいに歌うこの人の姿を想い出しては

想い出にしたくないくらいに淋しい気分になってしまって

『淋しいって気持ちは何のためにあるんだろう』って

今週から新しく始まった長いタイトルの月9の名台詞が忘れられずに

まぼろしのような想い出を何度も何度も想い出してしまいます

(このドラマは孤独がテーマみたいなので、それよりまず脚本が坂元裕二さんの時点で

それだけで期待値が高いのできっと面白いのでみんなも見ようね!

中2の夏に若き日の坂元裕二さんが脚本を書いた

『海が見たいと君が言って』って単発のスペシャルドラマを見た事が

こんなにも淋しい気持ちを愛する事になる分岐点みたいな感覚が今でも鮮明に残っています)

淋しい歌合戦についてはいろいろ書きたい事もあるし

誰にも教えたくない想い出もあるしで

とりあえず週末に除雪さんが撮影してくれていた当日の写真が届いてから

またいろいろと想い出を書きたいと思います

長い長いボクの文章を好きだと言ってくれたから

長い長い文章でちゃんと想いを書かないとですよね

自分の大事にしている事をみんなに共有してもらおうなんてくだらないけど

伝えたい人にちゃんと伝わっていたらそれで十分だから

伝えたい人に伝わるようにちゃんと想い出を残さなきゃですね

ボクの想い出はボクの想い出だけど

ボクの想い出が君の想い出になる事だってあって良いですよね

そんな事ばかりを思ってばかりだから

『ポエムですね!』って、『中二病ですね!』って言われてしまうけど

想ってばかりじゃないと自分じゃないみたいだから

たくさんたくさん想い出して、たくさんたくさん想い出を振り返りたいです

『忘れない』って言うのがボクの飛びぬけた特技な気がするので

いつまでも忘れられない想い出を本当にありがとう


そんな訳で、まぼろしのような想い出に包まれていたいはずなのに

今までの拍子抜けだった冬を取り戻すみたいな連日の雪にうんざりですが

明日から土、日、月とまたしても大雪みたいなので冬がえらい事になってきましたが

とは言え、どんなにうんざりしつつも冬には冬のお待ちかねがありますからね

年明けすぐから本当にたくさんのお客さんからお問い合わせも頂いています

ゴマシオの冬まつりと言えば皆さんお待ちかねのアレですからね

今年も無事に開催決定しました、2/20(土)、21(日)の二日間は

今回で4回目になります恒例の『あめっこまつり』を開催致します


何度開催しても何をやっているのかイマイチ内容が分からない方もいるかと思いますが

ゴマシオキッチンで使っている『世界のケーキ皿』や『ぺろぺろカップ』を作ってもらっている

ゴマシオの常連さんでもおなじみですね、イラストレーターの石川飴子さんが

この日のために新作のお皿やらカップやらを沢山用意してくれては

(今年は二日間で50個くらいが並ぶ予定です!)

ゴマシオの店内にて特別販売をしてくれる年に1度の大人気の冬祭りで

皆さんの知るところではあの有名な秋田の情報誌『のんびり』の挿絵を書いたり

テレビCMでちょくちょく目にした『栗コーダカルテット』の秋田公演ポスターのイラストを書いたりで

ここ数年はさらにさらに名実共に大活躍の飴子さんですね

例年、開店後すぐの早い時間からたくさんのお客さんで大騒ぎの『あめっこまつり』です

去年は開店1時間前から駐車場でスタンバイなんてお客さんもいましたし

今年も争奪戦間違いなしの面白いイラストが描かれている商品が並ぶ予定ですので

ぜひぜひ皆さん期待していらしてくださいね


お皿もカップも1000円~2000円くらいの価格帯ですし

自分用にもプレゼント用にも購入しやすい値段設定です

3月にはすぐにホワイトデーもありますからね

飴子さんのイラストはゴマシオに来てくれる女の子達なら

大抵の人はきっと大好きだと思いますからホワイトデーのお返しにも最適です

男性の皆さんも恥ずかしがらずにぜひぜひ見に来てくださいね


その他にも今年もいろいろと面白そうな企画を準備する予定ですので

あの有名な『高橋餅店』さんの『新作餅菓子販売』はあるのか

あの有名な伝説のフォークシンガー、『鈴木タミ吉』さんの『アコーディオン生演奏』は今年もあるのか

最近ゴマシオに出没する将棋棋士、『柴田九段』との『将棋名人対決』はあるのか
(もし柴田名人にかつ事が出来たら先着1名様に飴子さんのカップを1つあげるらしいよ!)

お皿やカップを購入してくれた先着30名の方には

今年も『あめっこまつりオリジナルのキャンディーボックス』をプレゼントしますし

その他にもきっと何かしら楽しい事が増えるような気もしますので

そちらも楽しみにしてもらえたら嬉しいです


『日本のまつり、あめっこまつり』です

まだ決まったばかりで恒例の祭りらしいメインビジュアルの写真撮影もしていませんが

取り急ぎ楽しみにしてくれている皆さんにいち早く開催日をお教えしたく

以下詳細になりますのでどうぞよろしくお願いします


☆『あめっこまつり』☆

開催日時・・・2/20(土)、21(日) 両日とも9:30~商品が無くなり次第終了します

開催場所・・・ゴマシオ店内のレジ前特設コーナーで販売します

※あめっこまつり期間中もゴマシオは通常どおりの営業をしますので

コーヒーも飲めるし、ごはんも食べれます

ただの喫茶店に行きたい方も全然大丈夫ですので

押し売りは全く致しませんので安心して遊びに来てください


可愛らしい商品はもちろん素晴らしいのですが

それ以上にボクは飴子さんって人が本当にとても大好きなので

この大好き感って言うのは年々アップしていて

ただのお客さんとただの喫茶店のマスターだったはずなのに

今では親友くらいに勝手に思っていて

ボクは親友なんかほとんど作らないたちだけど

飴子さんの事は自分でも珍しいくらいに大好きで

何年も付き合っているのに未だに1枚ちゃんと壁があって

もたれあわない関係と言うか、ずっと心地良い距離感みたいなのがあって

何かを求めて来ている風でもなく

ただお茶を飲みに来ましたみたいな顔で週に4回も恋人と来てくれて

ボクと君の喫茶店の歴史をずっと一緒に見てきてくれた人で

だからって常連ぶって『君、頑張りたまえ!』なんてボクに偉そうにする訳でもなく

特別なにか口に出す訳じゃないけど、でも全部をちゃんと見てくれている気がして

良い意味で自分の店みたいな感覚でずっとゴマシオを応援してくれてるのが伝わるから

もらった愛情には愛情で返したいので、なので勝手にボクもいつも応援しています

他のお店でもそれこそ通年で商品を販売したりすれば

こんなにたくさんの人が欲しがってるんだからちゃんと商売として成り立ちそうなものなのに

なんて言うか、『義理』みたいなのを感じてなのか

『あめっこまつり』を大切に思ってくれている飴子さんだったら

この日ばかりはゴマシオの店主を譲っても良い気がしています

なので、『あめっこまつり』の二日間はゴマシオの店主として飴子さんもお店に立ちますので

とは言え、遠慮深いで有名な飴子さんが進んでコーヒーを淹れるとは思えませんので

お会計係を頑張りますので皆さんたくさん話しかけてくださいね


『あめっこまつり』については

またいろいろと決まり次第で情報を公開しますのでお楽しみにしてください


今日はいっぱい書いたからまた充電します
[PR]
# by gomashioatama | 2016-01-21 21:10 | Gomashio日記 | Comments(0)