【再掲示】大森靖子2016年全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」 AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演について

『大森は自分を大事にしてくれた人は一生忘れない人なんでしょうね』

『売れてない時に声をかけてくれたりした人には感謝している人です』

スターになっても尚、全国ツアーの度にわざわざこんな田舎町に

しつこいほどに歌を届けに来てくれる大森靖子さんの想いを

山本マネージャーはそんな風にボクに教えてくれました


ボクの知っている大森靖子さんは

決まってライブ中にこんな風に言ってくれます

『毎年、しつこくこの場所に歌いに来ます!』

去年の春に大森靖子さんが洗脳ツアーでゴマシオで歌ってくれた時も

いつもと同じ様にそんな言葉を言い残してくれたのですが

でもその翌日にこーちゃん(妻)とこんな会話をした事を覚えていて

『もう大森靖子さんに会えない気がするね』って

『ここで歌うのは最後な気がする』って

『え、何でそう思ったの?』って

『ライブ終わった時の顔を見たら、なんとなくね』って

そう言われると何だか本当にそんな気がしてきて

想い出せば想い出す度にそんな顔をしていた様な気がしてきて

その後の2年続けて出演してもらっていた9月のハイコーフェスは

皆さんもご存知のとおり出産前の本当に大切な時期だったため

春のこの時点で出演を見送らせて頂きたいとのお話を頂いていて

なので、本当の事を言えばもう二度と

本当は『この場所』ではもう会えないのかもと

本当の事を言えばそんな風に思わずにはいられませんでしたが

でもそれでも諦めきれないみたいな信じたいみたいなのが

いつもいつもいつもいつも心の隅っこにこびり付いていて

そんな諦めの悪いボクらの気持ち悪いくらいの想いを

ボクが想っている以上に大森靖子さんは『信頼』してくれていたのかも知れません

本当のところは大森靖子さんにしか分かりませんが

でも本当のところは『信頼』まではしてくれてなくても

でも自分勝手に信じている想いに頼ってきてくれたんだから

どんなに世界が変わっても相変わらずのこれこそが

『大森靖子』さんの『愛の形』なんだと信じてしまいます

例え『この場所』が『ゴマシオキッチン』では無くなってしまっても

歩いて5分の『この場所』でもう1度大森靖子さんに会えるんだから

『この場所』がほんの少し変わってしまっても

『この場所』がボクの目に映る限りは

変わらずに『この場所』が『ボクの本現場』です


メジャー2ndアルバム「TOKYO BLACK HOLE」を引っさげまして

いの一番、記念すべきツアースタートの初公演に選んで頂きました

2016年10月1日(土)

『TOKYO BLACK HOLE TOUR AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演<弾語り>』と題打ちまして

再び『この場所』に歌いに来てくれますから

ぜひぜひ皆さんあらゆる手段を使ってチケットを掴み取ってくださいね


『ゴマシオでやるか、近くで良さそうな場所でやるか、どうしたら良いですか?』

山本マネージャーからメールを頂いて

本当は今年もゴマシオで出来たら1番嬉しいけど

やっぱりたくさんの人に愛されている方が似合っているので大森靖子さんは

たくさんの愛に、たくさんのそれぞれの愛に包まれて

それがいくつにも重なり合って『気持ち悪い』くらいの方が似合っているので大森靖子さんには

いくつかの候補会場の中から今回の秋田ツアーの会場に選ばれた『湧太郎 國之譽ホール』と言うのは 

他の全国の会場に比べればちゃんと音響設備が揃っている訳でもありませんし

恐ろしい程雰囲気が良いかと言えば、歴史がある蔵ってくらいで

会場自体にものすごいパワーがあるって訳ではありませんが

そもそもライブ会場に使われる事なんかほとんどないですし

遠方からいらっしゃるお客さんにしてみたら

この辺鄙な秋田の中でも交通の便が良い場所でもありませんが

少しでも大森靖子さんとゴマシオキッチンの少しの歴史を知っている人になら

ゴマシオからすぐ近くの『この場所』で開催される事が

ほんの少しの大森靖子さんの『何か』な訳で

『何でいつもツアー先に秋田を選んでくれるのか?』皆さんも相当に不思議かと思いますが

ボクはハイコーフェスの時に大森靖子さんから言ってもらった言葉があるので

せっかくだからここに書き残しておきますね

これがボクの大好きな大森靖子さんです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『ハイコーフェスを作っている人たちは非日常を作るのが上手い人たちで

クソつまんないと思うんですよ、秋田なんて毎日ね(笑)

でも、これに対するエネルギーがハンパなくて

去年それを初めて見た時に

この楽しい事へのエネルギーを集約したものに感動してパワーをもらったんです

だから、そのパワーを利用して毎日元気なフリをしているんです

みんなが一生懸命作ったモノをわたしの手柄にして

さも、『わたしの音楽で作っていますよ!』的なコレ、サイコーですよ!』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毎日がクソつまらないこの秋田で

アウェーならアウェーのヘンテコな偏っ愛情で

逆境な状況に立てば立っただけ

その状況をひっくり返して来たのが大森靖子さんだからこそです

クソつまらない秋田でしか見れない特別特別な非日常の世界

クソつまらない秋田でしか見れない特別特別な大森靖子さんの秋田公演になるはずです


主催者って訳でも無いですし、会場がゴマシオキッチンって訳でも無いし

ボクなんかただのお手伝いくらいしか力になれませんが

こーちゃんが今回は『無修正ロマンティック大森靖子顔クッキー』も作ります

ボクが書く『愛してる.紙copドリンク』も提供します

その他にも大技は出来ない代わりに手数で勝負しようと思っています

知らない人にとってはしょーもないくだらないそんなおもてなしかも知れませんが

ファンの皆さんならきっと喜んでくれると思っていますので

本当にやれる限りの事をして集まって下さるお客さんの事も精一杯でおもてなし致しますので

どうぞ、どうぞで2016年10月1日(土)

「TOKYO BLACK HOLE TOUR」 AKITA● 湧太郎 國之譽ホール公演を楽しみしてくださいね


尚、チケットの販売についてはゴマシオキッチンでは一切対応出来ませんので

チケットの一般発売については8/27(土)から全国一斉発売になるそうなので

それに先駆けて一昨日発足したばかりの大森靖子さんのファンクラブ

『大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」』のファンクラブ会員になりますと

入会後すぐにファンクラブ会員先行申込み(抽選)が可能らしいので

ぜひぜひ皆さんも会員になりましょうね

詳しくは以下をご覧下さい

f0080704_22254040.jpg
■■■■TOUR SCHEDULE■■■■
大森靖子2016年全国ツアー「TOKYO BLACK HOLE TOUR」

10月1日(土) AKITA● 湧太郎 國之譽ホール <弾語り>
open16:00 start17:00 料金:¥3,800(税込) 別途ドリンク代¥500
ゴマシオキッチン特製「愛してる.紙cop」付オリジナルドリンク紙cop
&「無修正ロマンティック大森靖子顔クッキー」付

【大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」新規入会】
3/22 大森靖子オフィシャルサイト(http://oomoriseiko.info/)にてURL公開。
*公開と共に入会申し込み可能

【大森靖子オフィシャルファンクラブ「実験現場」最速先行受付実施!】
ファンクラブ会員限定に最速チケット先行受付を実施。
更にこのファンクラブ先行受付でチケット購入された方のみに、
全国のファミリーマート店舗に設置しているマルチコピー機のプリントサービス「ファミマプリント」にて、
【オリジナル限定ブロマイド】をプレゼント!
※「ファミマプリント」とはファミリーマートのマルチコピー機でプリントコンテンツを購入できるサービスです。
☆受付期間:3月22日(火)11:00~4月12日(火)23:59

大森靖子 オフィシャルサイト

※遠方からいらっしゃる皆さんは交通の便が非常に気になると思いますが

最寄駅の『大曲駅』は『秋田新幹線こまち』も発着しますし、『東京からの夜行バス』も発着します

『大曲駅』から『会場』までの移動は

『タクシー(片道2000~3000円程度』または『羽後交通バス(片道600円程度』になります

『タクシー』での移動ですと駅前に何台も止まっていますので問題ないかと思います

『羽後交通バス』での移動ですと

大曲駅前から『羽後交通バス 横手行き』または『羽後交通バス 横手病院行き』に乗車して頂き

(どちらも同じルートのバスですが終着地のみ違うだけなのでどちらの表示のバスに乗っても大丈夫です)

『六郷米町停留所』で降車して頂き、そこから徒歩で5分程度の場所に会場があります

(これが1番分かりやすい地図を書いたので見てください!本当にこの通りです!)
f0080704_22592150.jpg


いづれの方法でいらした場合でも

お帰りの際には最終便までには『大曲駅』まで移動できるように

余裕を持って公演終了時間を提案させて頂いたつもりですので

行き帰りともに下記の時刻表をご参考にして頂きまして会場までいらしてください



秋田公演については

お問い合わせ窓口がゴマシオキッチンになりますので

電話0187-73-5386またはメールgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまでご連絡ください
f0080704_23003091.jpg



[PR]
# by gomashioatama | 2016-08-02 10:39 | Gomashio日記 | Comments(0)

写真で振り返る淋しい歌合戦・・・

随分と遅くなりましたが、先日の「ヒロネちゃんの淋しい歌合戦」の模様です

まずはこちらは荒川さん撮影の写真です



f0080704_18231788.jpg
f0080704_18231890.jpg
f0080704_18231917.jpg
f0080704_18232064.jpg
f0080704_18232134.jpg
f0080704_18232265.jpg
f0080704_18232382.jpg
f0080704_18232396.jpg
f0080704_18232408.jpg
f0080704_18232557.jpg

f0080704_18253047.jpg


f0080704_18253185.jpg
f0080704_18253289.jpg




f0080704_18253396.jpg
f0080704_18253461.jpg
f0080704_18253549.jpg
f0080704_18253529.jpg
f0080704_18253643.jpg
f0080704_18253804.jpg
f0080704_18272336.jpg
f0080704_18272493.jpg
f0080704_18272585.jpg
f0080704_18272511.jpg

f0080704_18272633.jpg
f0080704_18272761.jpg

f0080704_18272904.jpg
f0080704_18272927.jpg
f0080704_18281884.jpg
f0080704_18281838.jpg
f0080704_18281915.jpg
f0080704_18282022.jpg
f0080704_18282198.jpg
f0080704_18282212.jpg
f0080704_18282383.jpg

f0080704_18282445.jpg
f0080704_18282569.jpg
f0080704_18282618.jpg
f0080704_18293399.jpg
f0080704_18293438.jpg
f0080704_18293531.jpg





f0080704_18293699.jpg
f0080704_18293773.jpg
f0080704_18293826.jpg
f0080704_18293984.jpg
f0080704_18294022.jpg
f0080704_18294123.jpg





そしてここから除雪さんの写真です
f0080704_18453820.jpg
f0080704_18453832.jpg
f0080704_18453895.jpg
f0080704_18453988.jpg
f0080704_18453940.jpg
f0080704_18453950.jpg
f0080704_18453990.jpg
f0080704_18453948.jpg
f0080704_18453984.jpg
f0080704_18454018.jpg
f0080704_19024602.jpg
f0080704_19024605.jpg
f0080704_19024690.jpg
f0080704_19024649.jpg
f0080704_19024762.jpg
f0080704_19024747.jpg
f0080704_19024765.jpg
f0080704_19024725.jpg
f0080704_19024717.jpg
f0080704_19025428.jpg
f0080704_19025444.jpg
f0080704_19025458.jpg
f0080704_19025425.jpg
f0080704_19025592.jpg
f0080704_19025532.jpg

第1章、最後の淋しい歌合戦に集まって頂いたたくさんの皆さん本当にありがとうございます

これでしばらくゴマシオでのライブも淋しい歌合戦自体をお休みにしますが

またいつかきっと気が向いたら開催するかもなので

ありがとう、また会う日まで

[PR]
# by gomashioatama | 2016-07-13 19:18 | Gomashio日記 | Comments(0)

7/2(土)の営業時間について・・・

ビックリするくらいに今日も過ぎてしまって夏がもうすぐ目の前ですね

いつだってワクワクしてたいつもりですが

「オレなんで毎日こんなに疲れてるんだろう?」って、「これなんか悪い病気かな?」って

「もっとやれたはず」って事が億劫に感じたり

自分でもうんざりするくらいに「年取ったなー」って感じる事が多くて

でもきっと他の誰だって同じで、素知らぬ顔してきっとそんな風にして生活してるんだから

夜中にこっそり「自分」を責めたりしないで、いつまでもうんざりから逃げ切って生きたいです


そんな訳で最高の夏が今年もまた始まりますね

カラカラの夏は今年もワクワクからスタートです

夏の始まり7/2(土)は

ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー秋田公演

『ヒロネちゃんの淋しい歌合戦』を開催しますので

通常の喫茶店営業は9:30〜16:00までとさせて頂きます

入店、ラストオーダーは15:30となりますので当日ご来店予定の皆さんはご注意くださいね


淋しい歌合戦は年2回だけのお楽しみでずっと開催して来ましたが

どんなに淋しいとは言えご近所さんにも迷惑を掛けたりで

その他にも実はいろいろと考えるところがあって

今回の淋しい歌合戦を最後にしばらくの間は開催をお休みしようと思っています

またいつ急に開催する事になってもそれはその時の気分だけどここらで1度ちょっとしばらくお休みです


そんな訳で第1章完結編の淋しい歌合戦

以下、再度詳細を載せておきますので

「休みだけとヒマだなー」って方や

「最近楽しい事してないからつまんない」って方も

実はもう少しだけ完売までチケットが残っていますので

是非是非良かったらボクと一緒に夏の訪れなんかを感じに来てもらえたら嬉しいです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヒロネちゃんの淋しい歌合戦】
~ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー~

開催日・・・2016年7月2日(土)
開催時間・・・開場16:45、開演17:00~19:00
会場・・・ゴマシオキッチン
入場料・・・前売り2500円、当日3000円(1ドリンク、お土産付)
定員・・・30名(すでにヒロネちゃん公式サイトの方で10名のご予約を頂いているそうです、お早めに!)
お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          0187-73-5386またはgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



[PR]
# by gomashioatama | 2016-06-30 13:39 | Gomashio日記 | Comments(0)

7/2(土)の営業時間について・・・

ビックリするくらいに今日も過ぎてしまって夏がもうすぐ目の前ですね

いつだってワクワクしてたいつもりですが

「オレなんで毎日こんなに疲れてるんだろう?」って、「これなんか悪い病気かな?」って

「もっとやれたはず」って事が億劫に感じたり

自分でもうんざりするくらいに「年取ったなー」って感じる事が多くて

でもきっと他の誰だって同じで、素知らぬ顔してきっとそんな風にして生活してるんだから

夜中にこっそり「自分」を責めたりしないで、いつまでもうんざりから逃げ切って生きたいです


そんな訳で最高の夏が今年もまた始まりますね

カラカラの夏は今年もワクワクからスタートです

夏の始まり7/2(土)は

ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー秋田公演

『ヒロネちゃんの淋しい歌合戦』を開催しますので

通常の喫茶店営業は9:30〜16:00までとさせて頂きます

入店、ラストオーダーは15:30となりますので当日ご来店予定の皆さんはご注意くださいね


淋しい歌合戦は年2回だけのお楽しみでずっと開催して来ましたが

どんなに淋しいとは言えご近所さんにも迷惑を掛けたりで

その他にも実はいろいろと考えるところがあって

今回の淋しい歌合戦を最後にしばらくの間は開催をお休みしようと思っています

またいつ急に開催する事になってもそれはその時の気分だけどここらで1度ちょっとしばらくお休みです


そんな訳で第1章完結編の淋しい歌合戦

以下、再度詳細を載せておきますので

「休みだけとヒマだなー」って方や

「最近楽しい事してないからつまんない」って方も

実はもう少しだけ完売までチケットが残っていますので

是非是非良かったらボクと一緒に夏の訪れなんかを感じに来てもらえたら嬉しいです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヒロネちゃんの淋しい歌合戦】
~ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー~

開催日・・・2016年7月2日(土)
開催時間・・・開場16:45、開演17:00~19:00
会場・・・ゴマシオキッチン
入場料・・・前売り2500円、当日3000円(1ドリンク、お土産付)
定員・・・30名(すでにヒロネちゃん公式サイトの方で10名のご予約を頂いているそうです、お早めに!)
お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          0187-73-5386またはgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



[PR]
# by gomashioatama | 2016-06-30 13:39 | Gomashio日記 | Comments(0)

ハイコーフェス7のお知らせです・・・

大事な想いは全部こちらに書いたつもりなので

ハイコーフェスが大好きな人は、まだそうでもないって人も、何それ?って人も

今年も「ボクと君のハイコーフェス」が始まります

「この時期にゴマシオ行くとハイコーフェスに来てください!ってうるさいからヤダ!」って人も

「何がそんなに楽しいの?」って人も

「なんかゴマシオの人たち、日に日に顔やつれていっててバカみたい!!」って人も

どんなに分からなくても分かってもらえなくても

でもやっぱりハイコーフェスに来てもらえたら嬉しいんです

そんな気持ちでやっています

ゴマシオキッチンはハイコーフェスとは直接関係ないかもだけど

でも「僕」も「ボク」も「進藤くん」なので

いろんな気持ちで笑わせたいので

「ボクは君を楽しませたい、君はボクを楽しませてくれる」です

ちゃんとゴマシオも頑張るので、こーちゃんとサンちゃんともバランス良くやりたいのでぜひぜひ応援してください!


詳しくは

ハイコーフェスの公式ホームページ・・・http://haikou-fes.jimdo.com/ を見てくださいね!




f0080704_22462877.jpg
f0080704_22513824.jpg


こーちゃん、サンちゃん、ハイコーフェスを続けさせてくれてありがとう

ここまで協力してくれた皆さん本当にありがとう

やってやろうね、如何様にも楽しもうね


[PR]
# by gomashioatama | 2016-06-20 23:19 | Gomashio日記 | Comments(1)

夕焼けより美しいんだね



久々に外の世界と通信できたような気分でした。

ちょっと時間が空いたので静かな所で考えたい課題などもあり

多分時間にしたら30分もなかった束の間だったけど

外の空気を吸えてなんかこの感じいいなって。

1人で夕焼け見るのも久々だし。


その後用事があり

中学校卒業してから初めてはいる母校の体育館
にいきましたが、懐かしい。

毎日走ってた。汗まみれで走りさった3年間だったけど、あれが青春か??
悪くない。

部活ばっかりだった事も今となってはなんか良かったなーって思う。

今現在、子供が部活で毎日疲れ果ててる姿を見ると、頑張るのは中学校からでいんじゃね?

とか思ったりして、初めて歯を食いしばって自らの意思で頑張ったのって何歳かな?と考えたら

小5の水泳部かな。じゃあ大丈夫!君だって頑張れるょ!とか無償に応援したくなった。

でもやっぱりそこは難しい問題で、いろんなタイミングとか要素が組み合わさってできるから

私だって初めて部活で、これ絶対3年間無理だ。いつ辞めようかと本気で思ったけど、辞める勇気さえなかったから

結局の所やりきって、やりきったからあの時頑張って結果があって、自信になって、あーこれ無理だわ!って壁を超えた先にきあるキラキラしたものを、その時みたから、見た記憶があるから、

だからつい子供にもそれを知ってほしいとは思う。なーんにもしなくても夕方にはつかれるんだもん、人間って不思議。

うちは甘々ですけどね。

あ、甘々を無意識に隠そうとしてたのかな、
なんかスパルタ母だと勘違いされてた!なんて事があって

まあ?第一印象怖いって言われ慣れてるから今更どーってことはないんだけど、見た目じゃわかんないよね。


毎日バタバタと生活してしまって
空が綺麗だとか、花が綺麗だとか見落としちゃうの嫌だなって

去年の秋に見切りコーナーに寂しく置かれた
超好みの色のバラを買ってきて死にそうだから土に植えたんだけど

冬にそのまま死んだかと思ったけど、春になったら芽を出して、隣の花たちの栄養まで吸い取ったのかグングン大きくなって

おかげで色は超好み!よりおおざっぱなピンク色のが咲いたけど超いい香り!

モコモコに咲き乱れた花を摘み取ってそこにうずくまりたーい!!
って思ったんだけど、それって死んでないかい??と思って考え改めました。

死にたい訳じゃなくて花が好きすぎるって話ですょ!

そんなこんなで、たまには息抜きも必要だなーと思いました。

あ!もう知ってるかと思いますが
ハイコーフェス7が開催されます。
詳細は6月20日に発表ですのでお見逃しなく。
え?去年で終わるって聞いたけど?って人もいるかと思いますが
とかなんとか言ってやると思ってましたよっ!
って人もいるのかな。
どっちでもいいけど、その辺についても後々に触れる事になるかもしれませんが
なんか君、パンクロックだねー!って事でいんじゃないかな。


[PR]
# by gomashioatama | 2016-06-14 22:29 | Comments(0)

ハイコーフェスをお待ちの皆さんへ・・・

いつだって誰にも分かって欲しくないと思っていたけど

誰にも分かって欲しくないからこそ

こーちゃんと近江くんと澁谷くんと決めました

それがもう4月に入ってすぐの事でした


5月の5日からかな?

少しづつみんなにハイコーフェスの事を話して

決まってからは近江くんと澁谷くんだけじゃなく

本当は今日まで秘密でこっそり進めようかとも思っていたけど

その方がみんなビックリするだろうなーと思ったけど

やっぱり力になってくれる人たちに言って良かったなーって思ってます

「無償の愛」じゃないけど、多分そんな感じで、それが多分ハイコーフェスの「何か」になってる気がします

ここに名前が出てきたとか出てこないとかじゃなくて、ただお客さんとして来てくれた人にだって

信じてくれていた人と今年もサイコーの夏を味わいたいです

「結局やると思っていた!」って声も、「終わったんじゃなかった?」のって声も

もう全部屁でもないってくらいのある意味「信念」がオレにはあるので

「ボクと君のハイコーフェス」がもう1度始まります

どんな風であれ楽しみにしてくださいね

どんな風であれサイコーです

誰が出るとか本当に関係無いくらいに今年も絶対に世界で1番面白い場所にするつもりです

書き出したらキリがなさそうなのでその辺は6/20のお楽しみに

大丈夫、安心してよね、君はボクを楽しませてくれる、ボクは君を楽しませたい

f0080704_22474403.png






[PR]
# by gomashioatama | 2016-06-12 22:51 | Gomashio日記 | Comments(0)

5/17(火)の営業について・・・

急なご連絡になってしまいますが

明日5/17(火)は急用が入りましたのでゴマシオは臨時休業とさせて頂きます

ご来店を計画してくれていた皆さんには大変ご迷惑をお掛けしますが

どうぞよろしくお願い致します

[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-16 22:11 | Gomashio日記 | Comments(0)

『ヒロネちゃんの淋しい歌合戦開催』について・・・

慌ただしさだけが続いたGWの毎日がウソの様に

今日はようやく穏やかなただの喫茶店です

開店すぐにいつもの常連さんがごはんを食べに来てくれて

『まだまだGWは続いているのかなー』なんて思ったりもしましたが

その後はお昼まで本当にゆっくりしたもので

こーちゃんが溜まっていた帳簿をまとめたり

ボクはボクでぷらぷらと郵便局に行ったり、こうやって久しぶりにブログを更新してみたりで

また今日から日常が始まるのかなーなんて思ったりしています


『やっぱりお店が忙しくなってブログを書く暇がないんですか?』って聞かれる事が何度もあって

本当は去年の秋から意識してブログを書かないようにしていて

偉そうだけど誰かにとっての『意味』を持つようになったのがなんだかめんどくさくて

『大事な事だけホームページでお知らせしよう!』って

おかげで全然更新していなくても1日にブログを覗いてくれていた人の数が

100人もいたのが今では10人くらいになっちゃってて

届いて欲しい事も全然お知らせとして機能してないのかもだけど

でも『良かったなー』言ったらダメなんだろうけど『良かったなー』とも思っています

なんだか可笑しな話だけどインターネットの中に本当のボクを探してもそこにはいないから

今日もちゃんとたかが喫茶店でボクらは、ただタラタラとコーヒーを淹れて生きています


峯田くんの新曲『生きたい』の『罪のようなものを感じるのです』って歌詞が好きで

そうなんです、ボクだってボクなりにただ一生懸命なつもりで毎日生きてるだけなのに

どうしたものか時々怖いくらいに罪のようなものを感じていて

極端な話、自分が楽しい事をしていても面白い事をしていても

どこかに罪のようなものをいつも感じてしまっていて

例えば今日だってGW期間中もう10日くらい大フィーバーだったんだから

このくらい暇なくらいが丁度いいなんて思いながらも

でもそれはつまり全然頑張ってないみたいで甘えてるみたいで

『君とボクの喫茶店』のくせに『いつもの店のいつものコーヒー』のくせに

たかがコーヒーの力を信じてるはずなのに、そういう風に想ってしまう自分に自己嫌悪になって

『暇なくらいで丁度いい』なんてそんな事を思っている時点で本当に舐めたヤツだなーって

『バチ当たるな!これ絶対!』って『罪と罰』な気分になって

たまらずに『こーちゃん、罪のようなものを感じたことある?』って聞いたら

『あー、まだそこまで行ってない』って言われて

『最近ようやく分かったんだけど、君は深海魚なんだよね!』って言われて

『え、どう言う事?』って

『え、オレが光が届かない場所で、敵から見つからないようにジッとしてるって事?』って

『陰湿でジトーっとしてるって事?』って

『そしたら君は回遊魚って事?』って良く分からないけどそんな話をして

ブログを書かなかったり、書けなかったり、そういう自分にも罪の様なものを感じてばかりで

本当に本当にどうしたものかホトホト困ったものです


そういう訳で大事な告知なのにちゃんと告知になるか分かりませんが

今年最後の淋しい歌合戦のお知らせです

今年はもう2回開催しちゃってるけど今回は特別特別の番外編です

去年のハイコーフェスが終わって1ヶ月ほどした頃に

まだまだ抜け殻のようなボクに届いたメールがあります

『過去にゴマシオキッチンで演奏された大森靖子さんの写真や記事などを見て

大森さんとゴマシオキッチンさんの関係性にすごく感動しました

私は大森靖子さんの鳥取公演で前座をやらせていただいたのですが

その際大森さんの人柄を近くで感じる機会がありました

せっかく自分がツアーを回るなら

そんな大森さんに絶対の信頼を置かれているゴマシオキッチンさんで演奏させてもらいたいと強く思いました』


ボクはこんがらがってる風な性格なので(自分ではねじ曲がってはいないと思っています)

特に淋しい歌合戦に関してはご近所さんに迷惑が掛かるし何度も開催出来る環境でもなくて

ご近所さんたちに頭を下げてでも自分が好きで呼びたい人を呼んで歌ってもらうって言うのに

バカみたいな信念を持ってそこに固着して開催しているつもりなので

今までも何度となく『ライブをさせてもらえませんか』ってお願いに関しては

丁寧に丁寧にお断りをさせて頂いているのですが

『ただライブをさせて欲しい』ってお願いされるのと

『雰囲気が良さそうだからぜひライブをさせて欲しい』ってお願いされるのと

『ゴマシオキッチンの進藤くんは良いヤツだからお願いしてみればって紹介受けました』ってお願いされるのと

たかが記事や写真なのかも知れないけど、ちゃんと『何か』を知ろうとしてくれてその上で

『ゴマシオキッチンさんで演奏させてもらいたいと強く思いました』ってお願いされるのはやっぱり全然違うくて

『ヒロネちゃん』って名前だけは知っていたその女の子のYoutubeを急いで漁っては

1番最初に聴いた曲は『カロリーメイト』ってその曲で

第一声を聴いた瞬間に、第一声って言うかピアノのイントロを聴いた瞬間に

『ヒロネちゃん』の『大森靖子さん愛』みたいなのが爆発していて

本当に何にも知らないで聴いていたら『大森靖子さん』が歌っているものだと勘違いしたと思います

そのくらい本当に本当にそっくりだったんです

でも『超大森靖子さんに似ているから見に来てください』なんてそんな乱暴な紹介をするのが本当にイヤで

それなのに『超大森靖子さんに似ているから見に来てください』ってここに書いちゃうくらいに

本当に好きな人を好きだからこそ、近づきたいみたいな、寄せていきたいみたいな

極端に言ってしまえば『真似』と捉えられるかもだけど

でも『真似』するって事は究極の好きの表れな訳で

『oasis』は『ビートルズ』を好き過ぎてビートルズの真似をしている事を公表しているように

『ヒロト』は『清志郎』が好き過ぎてどんどん歌い方が清志郎になっているように

『ハイコーフェスの進藤くん』は『平井正也さん』が好き過ぎて

ハイコーフェスへの愛まで、考え方までどっちがどっちか分からないようになっているような

打算も悪意も1つもない、ただ好きだからそうなったみたいな

ボクはまだヒロネちゃんに会った事はないけど何かちょっと通じるところも感じてしまって

とは言え、『大森靖子さんっぽい』からだけでdiskuionのインディーズチャートで1位を取ったり

『大森靖子さんっぽい』からだけで業界の皆さんが注目している訳ではないはずで

ボクはまだCDを2枚聴いただけだけど、まだ1度も本物を見た訳でもないけれど

『ヒロネちゃん』の歌は間違いなくボクの思うところの『淋しい』って感覚の歌なので

外れないの安心して皆さん、ぜひぜひ今年最後の淋しい歌合戦

『ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー』

久しぶりの夏の淋しい歌合戦

今日からゴマシオでも予約を開始しますので、ぜひぜひご予約よろしくお願いします


以下、詳細です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【ヒロネちゃんの淋しい歌合戦】
~ヒロネちゃん2ndアルバム、目隠し照れ隠し発売記念、神隠し☆ツアー~

開催日・・・2016年7月2日(土)
開催時間・・・開場16:45、開演17:00~19:00
会場・・・ゴマシオキッチン
入場料・・・前売り2500円、当日3000円(1ドリンク、お土産付)
定員・・・30名(すでにヒロネちゃん公式サイトの方で10名のご予約を頂いているそうです、お早めに!)
お問い合わせ先・・・ゴマシオキッチン
          0187-73-5386またはgomashio@cosmos.ocn.ne.jpまで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-09 20:16 | Gomashio日記 | Comments(0)

4月の花は桜色

Amazon様から、大森靖子さんの本が届いたから、早速カバンにいれて、無駄に持ち歩いては読む隙を探していたのだけど
ラーメン屋さんでしょうゆラーメンを待つ間に読めました。面白いです。天才です。
本当は豚骨醤油ラーメンが食べたかったけど、美味しかった。

お花見もせずに4月も終わって、いつのまにやら5月です。
5月は一番すきな季節。
そんなこんなで、慌ただしい生活をしておりますが、暇はこわいので、暇だと何をやっていても虚しくなったりして怖いのです。
忙しい合間にみる希望の光がすきだから。
忙しいのはありがたいけど、本当贅沢なんだけど、そんな事は百も承知だけど、気が狂いそうな程忙しい。

そう言えば昨日お肌がピチピチだったから話しかけた女の子に、私一昨日も来たんですけど、毎日忙しそうですね。頑張って下さい!って、20歳の女の子にはげまされたんですょ。

言われなくても頑張ってるわ!ってだんだん歪んでくんだけど、そうは思わなかった。
たぶんその子には何の歪みも無くて、無垢なあの感じがなんかいいな〜って思って。なんか懐かしいなーって。真っ白いってコレかー!白というか透明。
やばー、だいぶ自分が濁ってきたなーって、ゾッとした。

で、話は大森靖子さんの本に戻って。
好きな物があるけど、自分よりも好きの濃度が高い人に対して申し訳ない気がしてならない。みたいな事を書いていて、すごい分かるなーと思った。
自分が言葉足らずだから、思ってる事を他の誰かが文章にしてくれるとそれだけで感動してしまう。
去年急激にヒロトが、ブルーハーツが好きになって、あまりにも急激だから自分でも違和感があるくらいで。
だけど、私の好きの遙かに前から好きだと公言してる人を前に今更好きだと言えずに不思議な気持ちになったりもしていて、
だけどその人は、むしろ喜んでいた様にも見えて、喜んでいたけどそれは本心かどうかは分からないから。
だって、自分が好きな物を好きなひとに共有してもらえたら嬉しいんだけど、好きの度合いを越されたら、私のほうが100倍好きなんだからね!とか思っちゃいそうだから、だから本心は分からない事にしておく。

で、1人になる環境がないっていう、言い換えれば贅沢な生活をしてる訳だけどなんか、1人の世界に没頭したくてイヤホンをしたまま残った仕事などを片づけて、1人時間的な物を作り出す技を身につけたんだけど、
音楽無くても生きていける人だと思い込んで生きてきたけど、最近はずーーっと何かを聞いている事に気がついた。
それまたなんか不思議な気分なんだけど、次から次に興味が湧いてきて不思議。中学生くらい興味津々。

それで急に日本で一番売れたバンドってなんだ?伝説的なバンドって誰だろーと思って、xjapanをググってみました。
34年間生きてきて、ちゃんと、ちゃんと聞いたこと無かった。
興味がなかった。全く。正確には一番売れてるバンドは、B’zらしいのですが。
xjapan?と連鎖してる思い出は2つあって、ひとつは中学校の卒業式の日にxjapan好きすぎで有名な先輩に告白されたけど、どうもでき無かったって事。ごめんなさい。

2つめは、高校一年生?よく遊んでた女の子がhideを好きすぎて、死んでしまったニュースが日本中を駆け抜けた時、どーしようもなく抜け殻になって、泣いて悲しんでた記憶。その時、あー私そこまで人のこと好きになった事ないかもって思った。
今思うと相当好きだったことが伺えた。
つまり、相当なエネルギーがあるのだと思う。
表現方法が違うだけで、本気でやってる人のエネルギーは素晴らしいって事なんだね。
全然違うジャンルだけど、いい事気づいちゃったなーって嬉しくなった。
それで掘り下げて探ってみると、あの人たちは相当な天才だという事に今更気づいたのでした。
たかがYouTubeの動画で涙が出そうで危うかった。
去年、ブルーハーツのライブ動画でも同じ現象が体内で起きて不思議だった。

ねえ?ちゃんとX聞いた事あるかと質問してみて返ってきた言葉は、だから俺相当前から紅が最高だって言ってんじゃん!と。
確かに、、、。

私の100万倍以上音楽を検索してる人にかなうとは到底思ってないけど、
でも色々聞いて、だけどヒロトが好きすぎて、なんで今頃こんなに聴き倒してんだろって、時代ずれてるなー(笑)
好きな音楽がちょっと古いなーって、
じゃあ例えばリアルタイムにブルーハーツのライブを見たかったなって思うわけで、だけどこのまま坂上っても1990年に秋田に住んでたら渋谷のライブに行くなんてあり得ないわけで、
じゃあドラえもんの道具かなんかで、今この感情のまま、今からタイムスリップしてライブ会場に潜入するしかなくて、やっぱり不可能で非現実的。
去年ハイコーの準備をしている時に、僕のレテパシーズを聞いててフと思ったのが、
つまりリアルタイムって、いまこうして目の前にいるレテパのメンバーが、ライブハウスで歌ってる時代のブルーハーツと同じで、みんな良く振り返ると、当時は売れてる実感なんてなかったとか言ってるから、そうゆう感じであれよあれよ目の前の事こなしてる間に凄い売れてる!みたいな現象になるのかなって。
古宮君たちが超売れたら、私リアルタイムで見てたんだょ!の一員になれるって事なんだね!ってウキウキしたのを思い出した。

実現したのが、大森靖子さんかもしれない。今や手の届かないステージにいるはずなのに。わざわざこちらの階まで下りて来てくれている。なんて非現実的な話なんだろう。
[PR]
# by gomashioatama | 2016-05-07 21:53 | Gomashio日記 | Comments(0)